« Jun 2018 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« | »

子宮内膜掻爬手術 (流産手術)

2011.06.25 Sat 20:12

 昨晩、猛烈な腹痛と出血の後、痛みはすっかりおとなしくなりました。
 塊もでてしまったので、ひょっとしたら完全流産したのかな…どうかなと思っていました。
 ちなみに出たものはトイレの水の奥底に沈んでしまったため、持っていけませんでした。

 9時から診察時間厳守ってことで、バスでも良かったんだけど、また歩きまわってお腹痛くなっても大変なので念のためタクシーで病院に。
 タクシー呼ぶのはiPhoneアプリのタクシー配車を利用。
 先に目的地の住所と名称を入力して呼ぶので、ゴタゴタしないしほんとによかったです。

 8時半くらいについてしまったので待たせてもらいながら、診察券と同意書を提出。4万円支払いました。
 そのあと看護師さんと打ち合わせ。
 血圧を測った後、バスタオルと生理用ショーツとナプキンを預けました。

 明日から経過観察のために基礎体温を測らないといけないそうなので、相方に基礎体温計のお買い物を頼む電話をする。

 9時になって、医師が来てエコー検査。
 ほとんど出てるものの組織が残っているということで、掻爬(そうは)手術のために子宮口を開く準備。

 広げられる痛みと、何かチクチク入ってくるような感触があるものの、一瞬で終了。
 その後はなんの違和感もありませんでした。

 処置室の隣に畳の部屋があって、そこにベッドマットの上に布団が敷いてありました。
 パジャマにお着替えしてしばらく横になって待つように言われる。

 30分くらい経ったところで処置のほうの台に移動。
 いつもの診察台は足を乗っけて座りますが、処置は分娩台みたいで、膝で固定されるタイプ。
 付属のベルトで固定された後にさらしみたな紐で足を台と結び付けられる(どんなSMやねんと思ったのはここだけの話です。

 そのあと、抗生物質の点滴。
 腕から取れなくて、手首に刺される。

 そして医師登場。麻酔注射。
 …なのですが、やはり血管が細いので(左手は成功した試しがない)、点滴の管を通して麻酔注射。

 10秒ぐらいして医師に「視界が変わってきましたか」と言われたときは変化なし。でもすぐに視界がぐらぐらしてきて、それを伝えると麻酔OKということで処置を開始。

 指に心拍を測るやつを取り付けられ、耳元でピーピーうるさい。。
 麻酔は、喘息があるので、普通の意識が無くなるものではないため、ぼんやりしてるだけで処置の様子がわかります。

 子宮を開く器具を入れられて、スプーンみたいなやつと挟むやつが入って処置。
 マジどうかなるかと思いました…ってくらい痛かったです。
 カレー鍋をかき混ぜてる動きがお腹の中である感じ。

 でも、痛み自体は昨晩の腹痛よりやや酷い程度。
 殆ど出てたこともあって処置自体は1~2分の短い物でした。

 終わった後、看護師さんが顔の前に来てくれて
「おわったよー。じっとしてて偉かったねー」
「今回は残念だったけど、次は私に元気な赤ちゃん抱かせてね、待ってるから!」
 って言われてかなり感動した。

 処置の間は、両肩をその看護師さんが抑えていてくれて、もう一人の看護師さんが腰をおさえてました(終わってから気がついた)。

 出血をキレイにしてくれて、鎮痛剤の座薬を押し込まれ、下着を履かされてとなりの布団に移動。
 しばらく寝ててねって言われて、寝てました。

 完全に意識が覚醒したのは11時ころ。
 その間は幻覚みたいな夢みたいなのが見えていて、なぜかうちの猫様たちが私の腹の上で寝てて喧嘩したりしていました。
 心配で様子を見に来てくれてたきがする…。

 暇なのでぼんやりしながらTwitterでお話とかしてた。
 1時頃に午前の診察が終わったみたいで、診察室に移動してちゃんと取れたか確認。
 問題なくいったらしく、帰り支度をしに布団に戻ったとたん…。

 猛烈な吐き気が。

 看護師さんに「気持ち悪い」と告げてトイレにつれていってもらう。
 水というか、キリンレモンの甘くないヤツみたいなのを吐く。
 麻酔のせいだと思うよってことで、荷物をまとめて待合室に移動。

 相方に連絡して迎え待ち。
 相方が到着したのでタクシーを読んでもらって移動。

 が…タクシーが動き出して間もなく、また我慢出来ないレベルの猛烈な吐き気が。。。
 手に持ってたハンドタオルで押さえていたんだけど、無理そうでした。
 相方が偶然ビニールの袋を持ってたのでそれに出す。マジ神かと思った。

 ハンドタオルがビシャビシャになったので、バスタオルを使う。
 タクシー汚さなくてほんとに良かった……。

 家についた途端また嘔吐感。
 トイレで大量嘔吐。

 万が一のためにベッドの横にバケツを用意して、更にトイレのドアと便座を上げた状態で、横になってたら寝てました。

 家についたのは14時過ぎ。その後起きたのは17時半過ぎでした。
 もう嘔吐感もなにもなく、腹痛もないし、出血もあまりなし。

 やっぱり昨晩の出血でほぼ出たらしいです。
 今は点滴の刺さってたとこがビリビリしてるくらいで、恐ろしく元気。

 処方された薬は3種類。

  • パルタンM錠(子宮収縮剤)
  • セフゾンカプセル100mg(感染予防)
  • インテバン座薬25mg(鎮痛剤)

 鎮痛剤は2錠だけお守り変わりにとのこと。溶けちゃうらしいので冷蔵庫保存。
 上記2種類は毎食後5日分処方されました。

 次の診察は27日月曜日。

   +++

 ここからはメンタル方面。

 流産すると、妊婦の精神的苦痛が大きいと言われますね。
 でも、私はそうでもありません。

 こういう言い方をすると、冷たいように思われるかもしれませんが…。

 昨日、母子手帳とか色々な書類をまとめてひとつの封筒に片付けていました。

110625-1.jpg
 字が滲んでるのはさくらさんが舐めたから……。

 封筒の表にこんなことを書き、中に手紙を入れました。
 昨日、不安もあって安定剤と睡眠薬を飲んでいて、朦朧としている中で書いてたんだけど、さっき読み返してみたらちょっと自分でも軽く泣けるくらい感謝に溢れててびっくりしました。
 ここに転載。

 テキストに起こすのは恥ずかしいので、画像で(笑)

110625-2.jpg

 なんでこんなものをネットに上げるかっていうと、どうしても伝えたい事があるからです。
 妊婦とか赤ちゃんっていうものはある意味神聖化されている部分があると思うのです。

 でも、本人はやっぱり普通の人間だし、神聖化されてるが故に、不謹慎だと非難されそうで言えないこともたくさんあると思います。
 たとえば、妊娠が判明してすぐの時に、嬉しいっていう気持ちより不安と違和感がいっぱいて、産みたくないって思ったり、周りが迷惑なら早いうちに諦めたほうがいいのかなと悩んだりしました。
 自分の中で認めるまでに、よくよく考えて4日間かかりました。 

 20日に出血で病院に行って心拍がなくて、私はもともと子どもが欲しいと思っていたわけではないけど、やっぱり悲しくなったりして、でも毎日出血の量は増えていくわけで、だんだん覚悟して金曜日まで過ごしました。
 金曜日の診察で、進行流産だってわかってからは、なんだか吹っ切れてまして、私はずっとドライです。
 処置が済んだら、悲しくなったりするのかなと思っていたけど、それよりも『何週間かでも腹の中に生きてた命があって、私はひとりじゃなかった』っていう事実に対する喜びと感謝のほうが大きくて、正直、悲しいとかよくわからないのです。

 逆に、メンタルは薬が少なくても死にたくなったりしないし、私の悪い部分を持ってってくれたのかなと思います。
 良い子なんだからもうっ…ってニヤニヤしますよ。

 何が言いたかったって、こういう人もいるってことを知ってほしいんです。
 悲しくないから私は母親失格だったのかな、とか。
 私がこんなだから赤ちゃん死んじゃったのかな、とか。
 そうやって悩んでる人が、実はいっぱいいっぱい居るんじゃないかと思うんです。

 でも、そんなことでは全然なくて、悩む必要なんか無いんじゃないかな…と、私は思いました。
 生まれた時からみんな寿命が決まっているんだったとして、それがとてもとても短かっただけなんだと思います。

 だから、私はまだ、これからを生きるんだよ。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

立派なもんやの。
話してる最中半泣きだったわ、
生命という言葉は此処まで尊く、美しいものだと。
願いは叶うはずだから、
ゆっくり見守っているよ。

なんかねぇ、私の中に無かった感情がぽわっと芽生えた感じがするよ。
何かを私に伝えに来たのかもしれんねぇ。
あと、Twitterで話つきあってくれてありがとうー。
誰も居なかったら退屈でどうにかなってた(笑)

そんな風に前向きに思えるのは、中の子がとっても良い子だったんだろうな…って思った。
だから穏やかな気持ちで居られるのかなっ…って。
上手く言えないけれど、ひなこちゃんが今泣いていなくてほっとしています。

事細かに色々な事を書いてくれてありがとう。
今まで知らなかった事を知る事が出来たよ。
きっと赤ちゃんは
ひなっちの言うとおり、何か大切な事を伝えにきてくれたんだろうね。
命って凄い。
凄く頑張って疲れたと思うから、ゆっくり休んでね。

真月ちゃん>
もう良い子なんだからっってひとりでテレテレしてましたヾ(*´∀`*)ノ
私は元気ですよ!!涙が出そうになったとしても悲しいとか後悔ではない、なんか変な感じです。
カヨちゃん>
せっかく新しい経験をしたので、ここに書き残しておくことで、もしもこの先検索とかでたどり着いた人とかの助けになれればって思ったんだー。私もこの数週間でいろんな書き込みやブログやらを読んで勉強になったから、自分も私なりに書いてみました。
案外、表立っていないことで、言えなくて抱え込んでしまうようなことがたくさんあるなと思ったので。
私自身は異様に元気なんだけど、やっぱり内蔵は傷ついてるはずなので、あと1週間くらいはゴロゴロしているつもりー

赤ちゃんは授かり物だって良く言われますが
いろいろな面で影響されていくものだと思います。
今回は生まれてくる事は出来中長けれど
ひなこさんの身体の中で、きっと幸せな記憶に包まれていたと思います^^
こんな風に記憶に残してくれてるなんて
私が赤ちゃんだったら凄く嬉しいいだろうな…
と思ってコメントさせてもらいました

>柚月 さん
どんなことが起ころうとタイミングで。生まれてこなかったとしても、確かに使命は果たして行ってくれた感じがします。
そのうちまた授かることがあれば今度は無事に出産したいです。
35歳まであと数年。
高齢出産間近で怖いです。

Total:479859 t:19 y:51