« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« | »

二十歳の原点 / 高野悦子

2009.06.04 Thu 03:01

二十歳の原点 [新装版]

発売元: カンゼン
価格: ¥ 1,449
発売日: 2009/04/15

独りである自分を支えるものは自分である。
人間は他者を通じてしか自分を知ることが出来ない。悲劇ではないか。

 三部作。全部読み終えることが出来ました。

 最初の頃は、ごく普通の女学生。
 それが、高校に行って、運動に夢中になる中で、心臓の病気のために挫折を味わうこととなる。
 その後、日本史に興味を持ち、京都、立命の地へ。

 3冊目は、最後の半年間の日記。
 彼女は、宿を替え生活費は自分で捻出しようとアルバイトを始める。
 職場のごく間近でそれを見る。
 そして、彼女はバリゲードに入り、「機動隊、帰れ!」と叫び始める…。

 次第に、デモに参加する回数も減り、内にこもってくる。
 完全に独りだと思う。

 そこで、手記は終わっている。
 3日後に、彼女は貨物列車に飛び込み、亡くなったのだった。

 1969年6月25日。

 「70年安保粉砕」を叫んだ、独りの女性の人生が、終わりを告げたのだ。

 倉橋由美子の「聖少女」(新潮文庫)に出てくる青年たちは確か、アンポの時戦い敗れたのだったなぁと思い、ぱらぱらとそんな記述を探してみる。
 そう、確かアンポに反対していた人間は、その後渡米することを許されなかった。そんな内容だ。

 小説や、手記を通して、当時の日本の様子をなんとなく思い描けるようになってきた。
 皆川博子の「倒立する塔の殺人」(ミステリーYA!)には戦後、二ヶ月余りで「すばらしき民主主義」というように日本は変わっていったと書いてある。

 しかし、そのように周りに順応できなかった人たちがいた。
 だから、マルクス主義を掲げ、学生たちは戦った。

 あの時、戦い抜いた若者たちは、今の世の中をどう思っているだろう?沖縄は日本に復帰をしました。
 でも、米軍基地は今でも日本の各所にあります。

 私は社会主義(マルクス主義)には反対だが、彼らが戦った気持ちも少しは理解できるような気がする。
 民主主義の世の中は、働かなければ食べていけない。人生のほぼすべてを生きるために費やしているのだ。
 なんのために生きるのか?生きるために身を粉にして働き、やっとの生活をし、大半の人はそうやって一生を終えてゆく。

 やりたくない仕事でも、何か欲しいものを買うために。楽しいことをするために人は働いている。
 私は、その心の切り替えは、まだ、出来ない。

 こうして、ニートが生まれるのだ。
 民主主義では、ニートはただ、朽ちていくだけだ。失格者の烙印を押されて。

 だから、世界は難しい。
 悦子さんはアンポの前年に命を絶っている。
 それが、正しいことだったのか、間違ったことだったのかは、私には判断できるはずがない。

 また、子を持つ親がこの手記を読むと、見方が180度変わり、別のものとして読めるだろう。
 もしも、私が子を授かり、親になったら、そのときに再読してみようと思う。

 その時の私は、どんな感想を抱くだろうか。

【関連】
  二十歳の原点ノート / 高野悦子
  二十歳の原点序章 / 高野悦子

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

レポ、凄くいいね。
色々考えさせられた。沖縄が出てきた時に
反応せずにはいられなかった(Coccoが沖縄の米軍基地の事いつも話すからね)

ありがとう。
勢い任せで書いて誤字が酷かったのでそこだけ修正してみた…;

Total:438884 t:25 y:46