« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« | »

推定少女 / 桜庭一樹 …角川文庫版。

2008.11.01 Sat 20:14

推定少女 (角川文庫 さ 48-2)
推定少女 (角川文庫 さ 48-2)
  • 発売元: 角川グループパブリッシング
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2008/10/25
  • 売上ランキング: 8845

──試しに「あいしてる」とつぶやいてみた。やっぱり大失敗だった。想像していたとおり。それはいままで口にしたどんな言葉よりも嘘みたいだった。(中略)
それは大人の言葉だから。

ファミ通文庫から2004年9月に刊行された小説の再刊です。
少年少女向けの文庫だから…とか、確かそんな理由でエンディングを書き直されているため、今回は未発表のエンディング2種類も収録されていて、ゲームの分岐みたいになっています。

主人公は15歳の少女で、いきなり過失致死でパトカーに追われていて、そこに宇宙人が出てきたり、電脳戦士が出てきたりして。
いきなり田舎から秋葉原に逃げる…ような話。

エンディングが増えてなかったら多分買わなかったんだろうと思うけれど、今日出かけた帰りにふらっと本屋に寄って買ってきて、あとがきを読んで、解説を読んで、本編をぱらっと軽く読んで、エンディングを読みました。

私は、1のエンディングがいちばん安心するなぁ…というか、なんだかしっくり来るような気がした。
ラストが書き直されていることは、情熱大陸を見ていて知ったんだけど、ラノベ版のほうを読んだ時になんとなく気持ち悪いなぁ…という感じに思ったのはこういうことだったのか。と、偉そうなことを感じてみたり。

でも、他のエンディングも現実的に考えたらアリだと思う…。

とりあえず、この不思議な世界に立ち会ってみるといいよ…。
主人公の少女目線で、違和感のあるこのSFな話を、違和感無く追えることが気持ちがいいですよ。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Total:458153 t:93 y:45