« Mar 2017 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« | »

7月読書まとめ

2016.07.31 Sun 23:55

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2438ページ
ナイス数:126ナイス

水鏡推理3 パレイドリア・フェイス (講談社文庫)水鏡推理3 パレイドリア・フェイス (講談社文庫)感想
今回は話が長かったなー。動き出せばあっという間に読めるんだけど、まず、栃木に存在しない地名というところで引っかかりまして、読むのに時間がかかりました。事実にない地名を出すなら、ぼかしてくれたほうが良かったなぁ。あと上層部の人間達は落雷にでも遭えばいいのにと思うくらいイライラさせられました。
読了日:7月30日 著者:松岡圭祐
道然寺さんの双子探偵 (朝日文庫)道然寺さんの双子探偵 (朝日文庫)感想
双子がそれぞれの視点から謎を解くというのが、面白いなと思った。最後の話は急に夢の話になって驚いたけど、全体的に平和なよい話でした。寺を舞台にしているのも面白い。
読了日:7月24日 著者:岡崎琢磨
水鏡推理2 インパクトファクター (講談社文庫)水鏡推理2 インパクトファクター (講談社文庫)感想
やっぱり手品の種明かしだなというのは前巻と変わらない感想。今回はマスコミの報道に対しての気持ちとかがやや強めだったと思う。人の性格は多面性があるのに一つだけと決めつけてそれと違っていたら勝手に失望する。ひとつの過ち(しかも情報がゆがんで伝えられる場合もある)で人間性まで否定されるいわれはないというあたりの意見に共感。最後の拍手はちょっとキレイ事だなと思ったけど、こんな世の中だったら良いなと思った。
読了日:7月20日 著者:松岡圭祐
水鏡推理 (講談社文庫)水鏡推理 (講談社文庫)感想
これまでのシリーズに比べるとより、手品のタネ明かし的な感じでした。1冊に対して事件てんこ盛りで、ちょっとお腹いっぱいです。
読了日:7月14日 著者:松岡圭祐
幹事のアッコちゃん幹事のアッコちゃん感想
アッコさんのギャップにも驚かされたけど、それよりも三智子のキャリアアップにびっくり。いつも、美味しそうな料理と、アッコさんに集まる人たちが素敵だなと思う。
読了日:7月12日 著者:柚木麻子
オーダーは探偵に 謎解きだらけのテーマパーク (メディアワークス文庫)オーダーは探偵に 謎解きだらけのテーマパーク (メディアワークス文庫)感想
今回は外に出てテーマパークを舞台にした話。謎解きのあたりは、位置関係がわかりにくかったけど、だいたい面白かった。でも、過去のゲストキャラのこととかさっぱり覚えていないので、ああ、そんな人がいた気がするなぁ…という感じで終始読み進める感じになった。キャラが出てきた時にもう少し過去の事件の説明が入っていた方が親切かなと思う。
読了日:7月8日 著者:近江泉美
深海カフェ 海底二万哩 (2) (角川文庫)深海カフェ 海底二万哩 (2) (角川文庫)感想
深海の正体についてはもっと引っ張るかと思ったけどあっさり明かされたなーという感じ。勝手に、海に沈んだ古い船とかかと思ってたら違ってた。敵も出てきて今後どうなるのかな。
読了日:7月5日 著者:蒼月海里
ミステリアスなお茶会-京都寺町三条のホームズ(4) (双葉文庫)ミステリアスなお茶会-京都寺町三条のホームズ(4) (双葉文庫)感想
ミステリーと鑑定と恋愛と美味しいとこ取りって感じで、てんこ盛りな感じでした。恋愛も動きそうですかね。っていうか、葵さんよ……ホームズさんの最後の台詞に気付いてー!!!
読了日:7月5日 著者:望月麻衣

読書メーター

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Total:436900 t:59 y:97