« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« | »

11月読書まとめ

2016.11.30 Wed 23:55

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2026ページ
ナイス数:84ナイス

ホーンテッド・キャンパス きみと惑いと菜の花と (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス きみと惑いと菜の花と (角川ホラー文庫)感想
森司とこよみの仲は無事進展。目かくし鬼は嫌だなぁ……。このシリーズはメインキャラはみんな明るくて楽しいので良いです。この作者さんの別の作品を読むと、悪意に満ちててびっくりするので(それはそれで惹きつけられるんだけど
読了日:11月28日 著者:櫛木理宇
珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
久々の新作。不倫をテーマにした連作短編が続くので、苦手な人もいるかも。私は結構好きでした。アオヤマ氏の子供の頃のエピソードが出てくるのも良かった。眞子は、アオヤマからしたら、子供の頃の印象も手伝って、しっかりしたお姉さんなんだと思うけれど、美星からしたらただのメンヘラなのかもしれないなぁと思った。そういう、見る目が変われば印象も変わる的なことを思わせる部分もまた良い。あと、美味しい鴛鴦茶を飲んでみたいなー。
読了日:11月24日 著者:岡崎琢磨
スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)感想
吃音の少女が主人公ということで、それが文字になっているため、読んでいるとこちらも引っかかって読みにくい、という部分で一気読みはできなかったけれど、洋菓子絡みの謎を理系的に解決する、というところが面白かった。マカロンに関しては完全に騙された。この方の作品はいくつか読んだけど、どれも苦悩がありつつもイノセンスな雰囲気が漂っていて好きだなーと思う。
読了日:11月20日 著者:友井羊
押絵と旅する美少年 (講談社タイガ)押絵と旅する美少年 (講談社タイガ)感想
特別な動きもなくて、謎解きも滅茶苦茶だなぁと思う。結局このシリーズ、何を目指しているのかもよく分からず、今回は特に会話劇だけで「うーん?」っていう感じ。ナガヒロのキャラは、メディア化に挑戦状を叩きつけているのだろうな、と思って読んでます。
読了日:11月14日 著者:西尾維新,キナコ
かまどの嫁 3かまどの嫁 3感想
完結。可愛らしいシリーズでした。ものすごくカステラ食べたい。ザラメ入ってるやつ。それにしても、鹿の子は強い女だなあ。
読了日:11月11日 著者:紫はなな
あなたのための誘拐あなたのための誘拐感想
誰がための刃を少し思い出すような、いつもの医療ミステリーじゃない作品でした。読みやすいし、こちらも追い込まれるように忙しなく読了。タイトル、なるほどねぇ……というか、このタイトルだとしたら犯人はあの人しかないなと思いながら読んでいましたが、最後のほう、楓の件があってから嫌な気持ちになりながら読んでました。全然スッキリしない! すごく面白かったけどね。
読了日:11月3日 著者:知念実希人

読書メーター

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Total:446166 t:38 y:96