« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

9月読書まとめ

2015.09.30 Wed 23:55

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2809ページ
ナイス数:145ナイス

鎌倉香房メモリーズ 2 (集英社オレンジ文庫)鎌倉香房メモリーズ 2 (集英社オレンジ文庫)感想
香乃から見た大人たちの揺れ動き。タマ子さんの話が切ないけれどとても好き。おばあちゃんの貞臣さんに対するツンデレっぷりに少し笑った。あと、和馬が出てきて、雪弥周りがすこしコメディになって、心が和んだ。
読了日:9月24日 著者:阿部暁子
夜の床屋 (創元推理文庫)夜の床屋 (創元推理文庫)感想
ちょっとしたミステリーの短編集だと思って楽しく読んでいたら、びっくりした。で、どうなったの?気になるー!、
読了日:9月22日 著者:沢村浩輔
掟上今日子の挑戦状掟上今日子の挑戦状感想
犯人視点というのは、読んでるこっちが緊張します。今回は警察を絡めた3編。面白かったですが、思い返すと1作目が一番好きかな。今日子さんが、今後どうなっていくのか、まえに出てきた語り部が再び登場する事があるのか? …というか、記憶がリセットされているので、読んでるこっちもどの話が古いのか全く見当がつかないですね。
読了日:9月19日 著者:西尾維新,VOFAN
スフィアの死天使: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)スフィアの死天使: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)感想
シリーズ初の長編。最近は連作短編ばかり読んできたので長いなと思ったりもしたけれど全編楽しく読めた。今回の犯人は病気ではなかった。だからタイトルが事件なのかな。新興宗教とかいろいろ絡んで読み応え抜群。シリーズがどんどん続く事を願う。主人公2人のキャラクターが明るく楽しいので、病院モノなのに陰鬱にならないところがとても好き。
読了日:9月13日 著者:知念実希人
お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (3) (メディアワークス文庫)お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (3) (メディアワークス文庫)感想
京都の金平糖、自然な味で初めて口にした時、本当にびっくりしたのを思い出しました。話も進んで、葵のことも少しずつ見えてきました。続きも楽しみ。
読了日:9月11日 著者:似鳥航一
ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵 (角川ホラー文庫)感想
モナリザ、街灯、死んじゃう系の本、学生運動。幽霊よりも学生運動の思考の方がよっぽど怖い。作中にも出てきた、高野悦子の本を読んだことがあるんだけど、流されて葛藤して、思い通りに出来ない自分が嫌になって、最終的に死ぬしか無いと思うところに至ってしまう気持ちは、共感出来ちゃうんだよなー。それはさておき、毎回進んだような進まないような恋愛模様に流石にイラっとする。それはそれとして、面白かったです。
読了日:9月10日 著者:櫛木理宇
異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景 (集英社オレンジ文庫)異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景 (集英社オレンジ文庫)感想
もどかしいなぁ、でも堪らないなぁ。少しずつすすんでいる恋愛模様にドキドキしつつ、ストーリーも面白かった。それにしても、毎度京一の空気の読めなさったら!、でもあの人がいないと恋愛が進まない気がして、あぁぁ、やっぱりもどかしい!
読了日:9月9日 著者:谷瑞恵
チェインドッグ (ハヤカワ・ミステリワールド)チェインドッグ (ハヤカワ・ミステリワールド)感想
怖かった……。最初の鬱屈した一人語りは退屈だったけどあとはずっと続きが気になって読み進めた。途中、雅也のモノローグも恐ろしかったけど、最後の締めもすごく嫌だ……。もうさっさと執行されてくれよと思ってしまう、そんな怖さ。
読了日:9月5日 著者:櫛木理宇
がらくた屋と月の夜話がらくた屋と月の夜話感想
夢のようで、現実逃避させてくれる優しいお話だった。たまにはこういうのもいい。
読了日:9月2日 著者:谷瑞恵

読書メーター

8月読書まとめ

2015.08.31 Mon 23:55

2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2987ページ
ナイス数:86ナイス

お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (2) (メディアワークス文庫)お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (2) (メディアワークス文庫)感想
少し話が進展した2巻。和菓子の薀蓄と下町情緒と、江戸っ子基質の主人公とで、やっぱりなかなかに面白い。葵の素性も少し見えてきて、続きも楽しみ。
読了日:8月31日 著者:似鳥航一
お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (メディアワークス文庫)お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (メディアワークス文庫)感想
浅草を舞台にした、下町情緒と人情味のあるネアカないいお話でした。和菓子も美味しそう。
読了日:8月30日 著者:似鳥航一
ブラッドラインブラッドライン感想
すごい怖くて嫌だなと思いながら、読む手が止められなくて最後まで読んだ。全部の不穏が最後一つになって襲い掛かってくる感じでした。はー…病気って奥が深い。
読了日:8月22日 著者:知念実希人
優しい死神の飼い方優しい死神の飼い方感想
猫のほうを先に読んでしまっていたんだけど、いい話でした。ひとつひとつのエピソードが最終的に大きなひとつの話になって、気持ちよく終われました。
読了日:8月20日 著者:知念実希人
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(4) (ファミ通文庫)吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(4) (ファミ通文庫)感想
途中まで、読んでてもあんまり面白く感じなかったけど、やっぱり舞台のシーンが素敵だった。キャストと役の気持ちがシンクロしてとても素敵だった。カレナとその取り巻きの印象も全然違うものになって、よい回だった。次も楽しみ。
読了日:8月16日 著者:野村美月
仮面病棟 (実業之日本社文庫)仮面病棟 (実業之日本社文庫)感想
絶対怪しいのに、色香に惑わされて気付かない主人公にやきもきさせられるやら、苦笑するしかないやら……。話自体は終始緊張感があって、楽しく読めた。読み終わったあとに表紙を改めて見て、タイトル含めてよく出来てるなと思った。謎解きのような気持ちで読めました。
読了日:8月8日 著者:知念実希人
黒猫の小夜曲(セレナーデ)黒猫の小夜曲(セレナーデ)感想
『優しい死神の飼い方』を読んでなくて、ああぁっっと思ったけど、すごく楽しめました。 短篇集のようで、全部がひとつに繋がっていて。 HIVの件はすぐにわかってしまったけど、そういうものとして書いているんだろうな…とか。それにしても薬物アレルギーとは可愛そうだな。後追いでレオの方を読もうと思った。
読了日:8月6日 著者:知念実希人
魔女は月曜日に嘘をつく2 (朝日エアロ文庫)魔女は月曜日に嘘をつく2 (朝日エアロ文庫)感想
遠藤さんがやってるお店がすごくいいなと思った。近くにあったら通いたいわ…。杠葉さんとの関係は言葉足らずでもどかしいんですが、話も少しずつ進んで次も楽しみになってきました。
読了日:8月4日 著者:太田紫織
君と過ごした嘘つきの秋 (新潮文庫nex)君と過ごした嘘つきの秋 (新潮文庫nex)感想
前巻よりも好きでした。映画を題材にしているので、羅針盤のほうのシリーズを思い起こされた。悪意に満ちているのかと思って読んでいたんだけど、結局みんな自分の事しか見えていなくて、そういう嘘が積み重なって大きな事件になったのだなと。最初モヤがかかっているみたいな感じの登場人物が宙太の謎解きのあたりで色が付いてくる感じがして、こういうの、好きだなーとかんじた。学校の見取り図が入ってたらもっと良かったなと思う。
読了日:8月3日 著者:水生大海

読書メーター

7月読書まとめ

2015.07.31 Fri 23:55

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2328ページ
ナイス数:71ナイス

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)感想
タイトルで、最初はタイムリープみたいに行ったり来たりなのかな、と読み始めたらそもそも異世界人だった……。話はうまいこと出来てるなぁと思って読みました。こういう悲恋モノは好きな人が多いだろうなぁと穿った見方をしてしまった。文章が淡々としてて、簡単に読めた感じ。個人的には、恋愛小説だったらもっと好きな作品が沢山あるかな……。というか、幸せな気持ちで終わってはいるものの、2人の未来(恋愛的な)に救いが無いのが苦手なのかも。そして、そのことが中盤にわかってしまうことが更に。
読了日:7月31日 著者:七月隆文
折原臨也と、夕焼けを (電撃文庫)折原臨也と、夕焼けを (電撃文庫)感想
すこし大人っぽい話だなと思いながら読んでたんですが、あとがきに当初メディアワークス文庫から刊行予定だったと書かれててなんだか納得しました。街をひとつ破壊した臨也(って書くとリナ=インバースみたい)。これからどう展開するのか楽しみです。そのうちSHと繋がったりするといいなと思ったりして。
読了日:7月29日 著者:成田良悟
ヒヨコノアルキカタ (ダ・ヴィンチBOOKS)ヒヨコノアルキカタ (ダ・ヴィンチBOOKS)感想
ラジオで聞いたことのあるエピソードが、文章になるとこうも色合いを変えるという事が、なんだか不思議に思えた。親族が気が付けば年をとっているみたいなエピソードは、自分があさのさんと年齢が近いせいもあって、自分の事と重なって辛い気持ちになったり、変にノスタルジックな気持ちになったり。あずまきよひこさんの挿絵も可愛くて切なくて素敵だった。
読了日:7月27日 著者:あさのますみ
貸し本喫茶イストワール 書けない作家と臆病な司書 (集英社オレンジ文庫)貸し本喫茶イストワール 書けない作家と臆病な司書 (集英社オレンジ文庫)感想
面白い設定だけと、人と人の距離が近づくまでの過程がすっ飛んでて、突然名前呼び捨てにしていたり、急に友達を通り越して親友みたくなっていて、ちょっとついていけないなと思った。主人公のデビューのアレコレとか、担当編集のこととかは、続けば出てくるって事なのかな? なんにせよ、綺麗な話だけど、なんたかモヤモヤする。
読了日:7月26日 著者:川添枯美
その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)感想
視点変化に慣れた頃にちょっとおもしろくなったけど、絶賛されているほど好みじゃないなぁ。悪夢を見て目が覚めた時に似てるなと思う。
読了日:7月16日 著者:河野裕
下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (集英社オレンジ文庫)下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (集英社オレンジ文庫)感想
タイトルにも入っている『回転木馬とレモンパイ』では初めて、着物が中心ではない話になりました。アンティークの着物と、昭和初期の恋愛の話が盛りだくさんで、とてもほんわりした気持ちになりました。登場人物も少し増えてきましたが、鹿乃たちの人間関係にも厚みが増してきて、これからも楽しみです。
読了日:7月7日 著者:白川紺子
倫敦千夜一夜物語 あなたの一冊、お貸しします。 (集英社オレンジ文庫)倫敦千夜一夜物語 あなたの一冊、お貸しします。 (集英社オレンジ文庫)感想
19世紀末のロンドンの感じはあまりしなかったけれど(基本ずっと室内だからかも)、話は面白かった。兄が有能すぎて笑っちゃうレベル。安楽椅子探偵なのかな?と思ったけどそうじゃなかった。今後も続いて行きそうなので、楽しみです。
読了日:7月4日 著者:久賀理世
ある朝目覚めたらぼくは ~機械人形の秘密~ (集英社オレンジ文庫)ある朝目覚めたらぼくは ~機械人形の秘密~ (集英社オレンジ文庫)感想
可愛らしい話なのかなと勝手に想像して読み始めたら、大人がみんな金ぎたなくて驚いた。感情移入はこれっぽっちも出来なかったけど、つまらなかったわけでもなく。という感じだった。何かが違えばすごく面白かったんだろうな、と思うともったいないなぁという感じ。
読了日:7月2日 著者:要はる

読書メーター

6月読書まとめ

2015.06.30 Tue 23:55

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3422ページ
ナイス数:125ナイス

幽落町おばけ駄菓子屋 夏の夜空の夢花火 (角川ホラー文庫)幽落町おばけ駄菓子屋 夏の夜空の夢花火 (角川ホラー文庫)感想
一昨年の葛飾花火が、開始直前のゲリラ豪雨で中止になって、昼間から場所取りしてたのに花火は見れず、寂しい気持ちで帰路についたことを思い出した1冊でした。猫目さんの話は理不尽だなと思った。寂しくなってうちの猫を構ってみたけど、そっけない反応しか返って来なかった……
読了日:6月28日 著者:蒼月海里
言ノ葉便り (言ノ葉ノ花)言ノ葉便り (言ノ葉ノ花)感想
ほとんど同人誌で読んできたんだけど、続けて読むとまた良かった。休日は改めて読んでみたら『友達と』のところ、CDとは少し解釈が違う感じでどっちも良かった。余村視点(小説)だと長谷部は気が付かなかったと思ってるんだけど、長谷部(CD)からすると本当は少し気がついてて妬いてるのかなと思ったりして、想像の翼が広がる。それから誓いが本当に良かった。あとで余村の撮った写真をふたりで見るエピソードとか読みたいなぁと思ったり…。
読了日:6月26日 著者:砂原糖子
ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)感想
引っ越しバイトの話が、いつもと違う切り口で楽しかった。あと、藍と黒沼二人の出会いの話も良かった。
読了日:6月25日 著者:櫛木理宇
かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち (集英社オレンジ文庫)かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち (集英社オレンジ文庫)感想
ほわーっと優しい話でした。出て来る人がみんないい人すぎるのか、起伏がなくて、わたしの好みとは違うかも。
読了日:6月23日 著者:村山早紀
うちの執事が言うことには (角川文庫)うちの執事が言うことには (角川文庫)感想
キャラとかは面白かったけど、自分には合わないなと思った。文字が上滑りしてあまり気分が乗らない感じだった。
読了日:6月15日 著者:高里椎奈
下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)感想
着物と、景色と、お年寄りの昔話と……。色鮮やかで可愛らしいお話だった。続きが出るみたいなので楽しみです。
読了日:6月15日 著者:白川紺子
オーダーは探偵に 季節限定、秘密ほのめくビターな謎解き (メディアワークス文庫)オーダーは探偵に 季節限定、秘密ほのめくビターな謎解き (メディアワークス文庫)感想
ハニートーストがすごく良かった。……相変わらず、あとがきなどから漏れてくる作家さんの印象はとても良くないのですが(笑)、話は面白かったです。悠貴の暴言も減り、主人公も卑屈ではなくなってからはとても読みやすいです。これからは、聖と悠貴の関係も気になります。
読了日:6月14日 著者:近江泉美
ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事感想
大好きなレベッカがあって嬉しかった。美味しい食べ物がいっぱいなのかなと思ったら、そうじゃないものまであって面白いなぁと思う。
読了日:6月12日 著者:ディナ・フリード
ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者 (角川ホラー文庫)感想
三角関係、でも大した騒動にはならずに良い子でした。プロレスの話題とか古すぎてさっぱりわからず。あの話題で盛り上がれる大学生たちって一体何者なの!?長男云々の話は部長絡みのせいもあるんだろうけど、そろそろしつこいかも。『啼く女』は読んでて辛かった。
読了日:6月12日 著者:櫛木理宇
ランチのアッコちゃんランチのアッコちゃん感想
簡単に読めて、元気になれる話でした。アッコちゃんの話をもうちょっと深く読みたいな。
読了日:6月9日 著者:柚木麻子
本屋さんのダイアナ本屋さんのダイアナ感想
最初、親の経済的な確執でドロドロしたらどうしようかと思ったけど、そういう話ではなくて本当に安心した(笑)。二人の少女はバイオリズムが真逆みたいにいつまで経っても噛み合わない。起こることもきれい事じゃない。だけど、前へ進む力強さがあって、とても良かった。ページは多くないけど、小学生から大人になるまで長い長い時間を私も共にしたなという感じがする。
読了日:6月7日 著者:柚木麻子
天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)感想
今回も面白かった。それにしても、帯の煽りが一番のネタバレだなーと、最後の章を読みながら思っていたらその通りだった。
読了日:6月3日 著者:知念実希人
明治横浜れとろ奇譚 堕落者たちと、ハリー彗星の夜 (集英社オレンジ文庫)明治横浜れとろ奇譚 堕落者たちと、ハリー彗星の夜 (集英社オレンジ文庫)感想
わちゃわちゃした感じはいいけど、全体的に会話が成り立ってないのがなんとも。もう少し感情移入できる何かがほしかったな。
読了日:6月1日 著者:相川真

読書メーター

読書芸人に影響されて

2015.06.19 Fri 03:01

アメトークの読書芸人を偶然見ました。
本も好きだし、私は本好きの人の話もものすごく好きなので、楽しく見てしまいました。

影響されて、わたしも10冊選ぼう! と思って、深夜に本棚をゴソゴソを漁って抜き出してみたら11冊になっちゃいました。
せっかくなので紹介してみよう! と思います。

150618-1

Read more>>

下鴨アンティーク

2015.06.14 Sun 23:00

集英社オレンジ文庫をよく読んでます。
ラノベと一般小説の間くらいのジャンルが最近増えて、書店でもこの手のレーベルのコーナーができていたり。

日常系のミステリを題材にした物が多く、この本もそういう売られ方をしていたように記憶をしていますが、読んでみるとどちらかというと『あやかしもの』に近い感じ。
着物が泣く、柄が変わるとか、不思議なことが起こります。

亡くなった祖母が蔵に収納していた着物から不思議な出来事が起こり、その不思議を解明する、心あたたまるお話。
主人公の鹿乃、同居人の慧、鹿乃の兄でぐうたらな良鷹が謎を解き明かしていきます。

年配者の若いころの恋愛模様にほっこりします。

図書館で借りて読んでいるんだけど、好みの作風だったので、今月続編が出るときにこの本も一緒に購入して手元に置いておこうかなと思ってます。
数年前はギスギスした暗い本が好みだったけど、最近はこういう暖かい本がすごく好きです。

柚木麻子さんの本

2015.06.09 Tue 03:14

初めて柚木麻子さんの本を読んでます。
本屋さんのダイアナ』を最初に読みました。
少女2人が大人になっていく過程の14年位を描いた作品で、ページ数はそんなに長くないんだけれど、ずいぶん長い時間が経ったように感じました。

今は『ランチのアッコちゃん』を読んでます。
こっちはサクサクと読めて、キャラクターも強くてよいです。こっちのほうが好きかもしれない。
続きも借りようかな。

5月読書まとめ

2015.05.31 Sun 23:55

2015年5月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1800ページ
ナイス数:57ナイス

ホーンテッド・キャンパス    死者の花嫁 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁 (角川ホラー文庫)感想
家にまつわる話が多かった。うちの父の実家は古い家だったけど、作中に出てきたほど長男絶対主義ではなかった気がする。でも、次男の父は小学校に上がった時にランドセルを買ってもらえなかったりしたらしいので、多少はあったんだろうなあ。とか、そんなことを考えつつ、読んでた。ところで、作中に出てくるちょっとしたネタみたいなのが古い気がする。あと、いちいちAVの話とか入れる必要があるのかと謎に思う。作者の趣味?
読了日:5月29日 著者:櫛木理宇
お城のもとの七凪町 骨董屋事件帖 (朝日エアロ文庫)お城のもとの七凪町 骨董屋事件帖 (朝日エアロ文庫)感想
読んでみて、面白かったけれどまだまだ序章なのだろうなと感じた。事件が起きて解決までの間で、起承転結の転がない感じなのが、全編通して気持ちが悪い。あと、レトロな雰囲気の割に現代的なものが降り混ざって違和感を感じて、途中まで慣れなかった。いっそ、昭和を舞台にしてくれたほうが馴染めたなと思うけど、事件解決にスマホとかを使いたかったのかな……
読了日:5月23日 著者:櫛木理宇
ココロ・ドリップ (2) ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)ココロ・ドリップ (2) ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)感想
記憶障害の話は使い古されてるなぁと思ったし、作家さんへの感想やらのシーンは長いなぁと感じたけど、最終的にはほんわり暖かい気持ちになれるよい作品だなぁと思いました。『謎がブレンド~』の台詞はないほうがいいなぁ。拓さんが珈琲を入れるシーンが良かった。あと、遼吾のキャラが好き。
読了日:5月19日 著者:中村一
幽落町おばけ駄菓子屋 思い出めぐりの幻灯機 (角川ホラー文庫)幽落町おばけ駄菓子屋 思い出めぐりの幻灯機 (角川ホラー文庫)感想
心温まる話が多くてほっこりした。明確な敵の存在も表に出てきたことだし、今後どう絡んでくるかも楽しみです。
読了日:5月13日 著者:蒼月海里
掟上今日子の推薦文掟上今日子の推薦文感想
語り部が変わって、今回は元警備員の親切さん。前巻では各章完結という感じだったのが、今回はまるごと1冊でひとつの話という感じ。才能云々のモノローグは、以前出た対談の中で語られていたこととリンクするなと感じました。次巻も早めに出るみたいなので楽しみに待ちたいと思います。
読了日:5月12日 著者:西尾維新,VOFAN
幽落町おばけ駄菓子屋 (角川ホラー文庫)幽落町おばけ駄菓子屋 (角川ホラー文庫)感想
成仏できない魂を救うために走り回る、優しいお話でした。それぞれのキャラの立ち方も好みでした。
読了日:5月4日 著者:蒼月海里

読書メーター

4月読書まとめ

2015.04.30 Thu 23:55

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2925ページ
ナイス数:104ナイス

甘美なる作戦 (新潮クレスト・ブックス)甘美なる作戦 (新潮クレスト・ブックス)感想
久しぶりのマキューアン、それどころか数年ぶりの翻訳作品でした。読む前に想像していた話とは全然違って、セリーナの生い立ちなんかが恐ろしく長く、300Pに突入するくらいまで苦痛を伴った。が、頑張って読んで良かったー!!と最終的に思える作品でした。変態的な描写も健在で大満足(笑) それにしても、翻訳の方が変わってから、私にはとても読みにくく辛さが増している。『贖罪』とか『土曜日』の頃の翻訳をされている方のほうが読みやすくて好きでした。
読了日:4月29日 著者:イアンマキューアン
謎好き乙女と奪われた青春 (新潮文庫nex)謎好き乙女と奪われた青春 (新潮文庫nex)感想
性格の歪んだ主要キャラの寒い会話。そして日常の謎。イライラするんだけど、思いの外楽しめました。
読了日:4月17日 著者:瀬川コウ
この部屋で君と (新潮文庫)この部屋で君と (新潮文庫)感想
誰かと同居するアンソロジー。今まで読んだことのない作家さんの文字に触れられるのが、なによりいいです。特に好きだなと思ったのは『月の砂漠を』でした。唯一、時代を感じさせる物語でとても印象的でした。次は『女子的生活』と『隣の空も青い』かな。
読了日:4月16日 著者:朝井リョウ,越谷オサム,吉川トリコ,坂木司,似鳥鶏,徳永圭,飛鳥井千砂,三上延
ホーンテッド・キャンパス    桜の宵の満開の下 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下 (角川ホラー文庫)感想
恋のライバル登場。だけど憎めない奴(笑) 最初2篇は事件の臭いがプンプンだったけど、前編通してそんな展開じゃなくて良かった。次巻も楽しみ。
読了日:4月15日 著者:櫛木理宇
鎌倉香房メモリーズ (集英社オレンジ文庫)鎌倉香房メモリーズ (集英社オレンジ文庫)感想
可愛らしいものがたくさん詰まっていて、優しい気持ちになった。個人的にはチヨちゃんが好き。ミステリというよりはその先にある人間ドラマがとても素敵だった。続きが出たらまた読みたい。
読了日:4月10日 著者:阿部暁子
ホーンテッド・キャンパス    幽霊たちとチョコレート (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート (角川ホラー文庫)感想
1巻よりずっと面白かった。かなり集中して読んでたところで、絶望先生の話がぶっ込まれてて、あまりに突然だったのでパニックになった(笑)嬉しかったんですけどね。
読了日:4月9日 著者:櫛木理宇
ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)感想
怖くなくて、ホラーというよりは、幽霊を題材にした青春モノといった印象。シリーズだし、デビュー作だということのようなので、この先の展開が楽しみです。
読了日:4月7日 著者:櫛木理宇
雨ときどき、編集者 (メディアワークス文庫)雨ときどき、編集者 (メディアワークス文庫)感想
前半は、すごい題材だなとは思うけど、面白いとは思えなくて退屈でした。樫木の生前の話あたりから面白くなって一気読み。読後はすっきりしているけど、作中、怒りの感情ばかりが強く、それはとてもしんどいなと思った。で、樫木はなぜ死んだんだろう? 病気?
読了日:4月5日 著者:近江泉美
この闇と光 (角川文庫)この闇と光 (角川文庫)感想
どの時代なのか、どの国なのか、主人公は何者なのか、全てが嘘のような違和感を感じつつ読んでいました。読む度にすこしずつ見えてくる本当の出来事。でも、虚構と現実、どちらが幸せだったのだろうか。
読了日:4月1日 著者:服部まゆみ

読書メーター

甘美なる作戦 / イアン・マキューアン

2015.04.30 Thu 01:39

図書館で借りて、2週間の計画で読み始めました。
パラパラとめくってみたら22章くらいまであることは確認できたので、1日2章は読もうと思って読み始め。

まずあらすじ。

英国国教会主教の娘として生まれたセリーナは、ケンブリッジ大学の数学科に進むが、成績はいまひとつ。大好きな小説を読みふける学生時代を過ごし、やがて恋仲になった教授に導かれるように、諜報機関に入所する。当初は地味な事務仕事を担当していた彼女に、ある日意外な指令が下る。スウィート・トゥース作戦―文化工作のために作家を支援するというのが彼女の任務だった。素姓を偽って作家に接近した彼女は、いつしか彼と愛し合うようになる。だが、ついに彼女の正体が露見する日が訪れた―。諜報機関をめぐる実在の出来事や、著者自身の過去の作品をも織り込みながら展開する、ユニークで野心的な恋愛小説。

セリーナのモノローグがずっとずっと続きます。
改行も殆ど無くて、字も単行本の割に小さくてぎゅっとしています。

150429-1

Twitterに上げたのと同じ画像ですが、こんな感じです。

去年の今頃、1日100Pを目標に本を読んでいましたが、この本は30P読むのにも結構時間がかかる。
会話がないので本当に辛いのです。

いよいよMI5に入局して作戦がはじまると、作中作みたいなものも出てきたりして少しずつ楽しめる部分は増えてきました。
とはいえ、政治の講演会みたいなシーンが苦手で、ひたすら我慢して読むという感じ。

これが、『ページをめくる手が止まらない』に変化したのは300Pを超えた頃でした。
一気にこの小説の意味などが語られ始めます。
わたしは一体誰の小説を読んでいたのか。

悪い終わりではなさそうで安心しています。
最後のネタあかしを読みながら、この2週間、我慢して読み続けてきてよかったなぁとすごく感じました。

これだからマキューアンはやめられない。
イギリスでは昨年発表されている『The Children Act』の邦訳が出版されるのを静かに待ちます。

Total:441950 t:42 y:140