« Aug 2018 September 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

1月読書まとめ

2018.01.31 Wed 23:55

1月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:4001
ナイス数:180

サロメサロメ感想
美しくて、そして破滅的でもある。現代の部分が少ししかなかったのはなんとなく物足りない気分にもなる。二人の関係性をもっと掘り下げてくるのかなと思ってたので……。それはそれとして、仲の良かった姉弟が彼との出会いから壊れていく様がとても良い。ワイルドを徹底的に悪者にするメイベルもいっそ潔くて気持ちいいなぁ。
読了日:01月31日 著者:原田 マハ
ビギナーズ・ドラッグビギナーズ・ドラッグ感想
青春だなー。挫折を味わって、諦めていた人でも何かのきっかけでまた夢中になれるものに出会えるって素晴らしいことだと思う。実際の現場はもっとこんなにキレイなだけではないと思うし、こんなあっさりとは行かないと思うけれど、すごく良い物語を読めてよかったなと思う。
読了日:01月29日 著者:喜多 喜久
見習い鑑定士の奮闘-京都寺町三条のホームズ(8) (双葉文庫)見習い鑑定士の奮闘-京都寺町三条のホームズ(8) (双葉文庫)感想
清貴の修行編。でも、そつがなさすぎて安定しすぎ!事件はあまり起こらずすっかり恋愛メインって感じでしょうか? それが悪いとも思わないけれど、なんというか、ちょっと物足りない感じもした。
読了日:01月26日 著者:望月 麻衣
バチカン奇跡調査官  ソロモンの末裔 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 ソロモンの末裔 (角川ホラー文庫)感想
エチオピアを舞台に平賀とロベルト大冒険でした。事件に巻き込まれたり、砂漠に置き去りにされたりと、読んでいるうちにあれ?最初の目的は何だったんだっけ?となってしまった。でも、盛りだくさんで読み応えもあって面白かった。
読了日:01月24日 著者:藤木 稟
バチカン奇跡調査官  悪魔達の宴 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 悪魔達の宴 (角川ホラー文庫)感想
マギー神父再び。一瞬誰か解らなかったけど、あれもそういう話でしたね。今回はエクソシスト、そしてドイツ! 何巻か前とは打って変わって割とさらっと楽しめて助かります。あと、この辺の舞台背景の話がすごく好きです。解決のくだりはファンタジーなんだなと、いうことで理解。あまり難しく考えてもいいことないので。
読了日:01月19日 著者:藤木 稟
崩れる脳を抱きしめて崩れる脳を抱きしめて感想
苦手な系統の本。だけどこの方の書くものなら、と読んだらやはり面白かった。普段なら苦痛な逢瀬のパートも楽しく読めました。最後の方に出てきたゴールデンレトリバーに、もしや!!と心踊りました。結局、そんな明るい未来ではないのかもしれないけれど、どう生きるのが幸せか、人それぞれだし難しい。彼らは幸せなのだから、それでいいんだろうと思う。
読了日:01月16日 著者:知念 実希人
戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 (河出文庫)戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 (河出文庫)感想
視点変化があっちこっちして思ったより楽しめなかったなぁ。期待しすぎだったのかもしれない。オチはとても良かった。
読了日:01月15日 著者:似鳥 鶏
バチカン奇跡調査官  独房の探偵 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 独房の探偵 (角川ホラー文庫)感想
アニメ最終話だったシンフォニアを含む短編4本。いつもの長編と違って薀蓄少なめで、本当に海外の小説を読んでるような気分になるものもあった。特に魔女のスープはちょっとした息抜きと言った感じで面白くて好き。オチが急に日本的で和んだ。
読了日:01月09日 著者:藤木 稟
花野に眠る (秋葉図書館の四季) (創元推理文庫)花野に眠る (秋葉図書館の四季) (創元推理文庫)感想
いやー、いい話でした。よくわからない物、よく分からない人が出てきては、謎を残したまま次の話へ。最後は全て解決して素敵な余韻もあって。読みながら、この本は何年くらい前を想定しているのかな?と、思っていたけれど、あとがきを読んで納得。図書館のシステムも少し古い感じがするのはそのためか。
読了日:01月06日 著者:森谷 明子
れんげ野原のまんなかで (創元推理文庫)れんげ野原のまんなかで (創元推理文庫)感想
図書館バイトしていますが、時折不思議な出来事が起こります。現実では解決せずに終わることばかりですが、きちんと解決したらこういう物語が現実にも起こっているのかもしれないと思わせてくれる作品でした。
読了日:01月06日 著者:森谷 明子
これは経費で落ちません!  3 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)これは経費で落ちません! 3 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)感想
経理には、社員のちょっとズルいところが集結するのかも。それを面白おかしくすると、こういうことになるのかも。今回も楽しかったです。嫌な人も入るけど、そうした中で意気投合できる人と出会っていくのも羨ましいなと思う。
読了日:01月04日 著者:青木 祐子
バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 (角川ホラー文庫)感想
日本が舞台。平賀がロベルトに通訳してたり普段と反対なことが起こったり、宗教が日本の文化と混ざり合って複雑になっている感じとかも興味深かった。
読了日:01月02日 著者:藤木 稟

読書メーター

DGS映画。

2018.01.22 Mon 23:55

雪がチラチラと振り始めたお昼時、数日前に天気予報とかなにも確認しないまま取った映画を見に行ってきましたよ。
本当は公開すぐに行きたかったけれど、インフルエンザで行けなかったので、本当にやっと行ってきました。

チケットを取った時は4席くらいしか埋まってなかったのですごくガラガラかなぁと思って行ったんだけど、想像よりずっと席がいっぱいでしたよ。

入場特典は1000ZEYO。
入場時に映画館の人が、カゴに入った1000ZEYO札を配る姿がなかなかにシュールでした。
受け取ったあとは迷わず財布にIN。

映画、後半ですが、面白かった~~!!
前半も良かったけど、後半はよりラジオでオンエアされてないところが盛り沢山でした。

やっぱりDGSサイコー!!

映画館を出た15時半過ぎ、新宿ではチラホラと雪がつもり始め、16時台のラッシュに巻き込まれつつ帰ってきたら、家の前もかなりの積雪でビックリ。

家に帰り着いてネット見たら、さっきまでいた新宿駅が入場規制やらでごちゃごちゃしててほんとうに驚きました。
間一髪でラッキーって感じかなぁ。

NANA MIZUKI LIVE GATE 2018 7日目

2018.01.21 Sun 23:55

奈々さんの武道館7Daysもいよいよ千秋楽。
取れただけでラッキーな千秋楽。今回は2階スタンドでの参戦でした。

先にアリーナで見ているので物足りない感じもありつつも、今回も楽しかった。

シークレットゲストのこれまでの曲の文字がアナグラムになるところ、映像を見てて脱出ゲームスイッチがON!!
なんで気づかなかった~~!! と、ちょっと悔しくなりました。
おかげで深愛の時にテンション上がったー。

よく考えたら、深愛の発売日はこの日でしたね。

久しぶりの夏ツアーも発表になって楽しみだなー。9月だから仕事休み取らなきゃなぁ。

Read more>>

NANA MIZUKI LIVE GATE 2018 4日目

2018.01.17 Wed 21:34

奈々さんの武道館7Days。折り返しの4日目に初参戦でした。
座席はアリーナBの最前。ブロックも中央寄りで通路沿いだったので、とってもよく見えました。
こんなにモニター見る必要のない奈々さんライブは初めてじゃないかなってくらい。

本当に周囲に惑わされずに没頭できるライブでした。すごい素敵だった。

ゲストはクリス・ハートさん。エデン。
原キーで圧倒されました。

Read more>>

インフルエンザ

2018.01.08 Mon 00:18

金曜日に目が覚めた時に頭痛がするなと思っててなんか変だなと思ったんですよね。
アレルギーの薬が切れてたので病院に行って、その時に頭痛の話をしてロキソニンを出してもらいました。

飲んであまり効かなかったのでイブプロフェンも飲んで仕事へ。
その時は元気だったんですよね。

お風呂に入って寝ようと思った時にものすごい悪寒が…。
冷えたかなと思って湯たんぽで首元を温めたりしてちょっとずつ全身暖かくして寝ました。

早朝に目が覚めて、ものすごく顔が熱くて身体が寒くてなんか変だ!! と思って、手近にあったのが婦人体温計だったので口で測ったら38℃オーバー。
口の中は暖かいにしてもワキで測ったら大したことないのかもなと思って、その婦人体温計をワキに挟んでみたんだけど何度測っても決まった数字が出ない。
普通の体温計が見つからなくて探し回って発掘。
そしたら、38℃超えてたー。

インフルの検査するにしても早すぎると出ない場合があるというし、ちょっと待とうと思ってたんだけど、時間が立つたびにどんどん鼓動は早くなるし息苦しいし、グルグルしてくるし。
11時位まで我慢して限界だと思って病院へ。

待合室にいる間にめっちゃ咳が出てきて、うつすのは嫌だなと思って、壁際に座ってマスクガッチリのまま待ってました。

前日行った病院だったので、「熱出ちゃいました」って言ったらすぐにインフル検査しましょうって言われて、あっさり
「B型ですね」
って言われました。

いつもはA型が流行ってからB型が来るんだけど今年はB型が早いんだって話をされたり。

これから処方箋貰って薬局に行くのが辛かったので院内処方できませんか? って訊いたんです(患者さんによって院内処方の人もいるのです)。
そしたらちょっと考えて、イナビルを出してくれる事になりました。
喘息の人は吸入が上手なんだと言われて。

イナビルは2本を計8回吸うんですが、家で薬飲んだりしなくて良いのです。
上手だねぇって医者におだてられて吸入してお会計して、コンビニでポカリとおにぎり買って帰宅。
とにかく丸まって朦朧としているうちに寝ました。

何時間か経って目が覚めたらすごい楽になってる。
熱はかったら37.2℃。
もっかいウトウトして夜に測ったら35.4℃。下がりすぎじゃね?

10年前にインフルになった時にタミフル飲んだんだけど、その時は熱も上がったり下がったりでなかなか良くならない感じだったけど、今回はあまりにすぐ熱が下がったし、逆に心配になるくらい。
熱が下がって心臓が苦しいのは良くなったんだけど、咳と鼻はむしろ悪化してて、右耳も痛いんだけど(中耳炎気味)、これも早く良くなるといいなー。

奈々さんのライブがあって、16日と21日に行くんだけれど、それにかかるようにインフルなったら嫌だなと思ってたんですよね。
それまでには治るし、むしろ無敵じゃね?

お正月休み

2018.01.03 Wed 23:23

年末年始のお休みもあっという間に最終日。明日からはまた普通の毎日です。

とは言え、先月は1日2回出勤とかあって、ヘトヘトになったりしてたのですが、今月はそれが1回だけなのでかなり楽に過ごせます。やったー!!

自律神経バカになってきて、変にイライラしたり、急に落ち込んだりするようになってきたので、多分やばいんだろうなと思ってたのです。

夕方の仕事だけだと、今度は夜更かしになってしまうので、それは気をつけないといけないんだけど、でも楽になるのはすごい嬉しい。

さて、2018年も同じ調子でいければいいな。

あけましておめでとうございます。

2018.01.02 Tue 20:09

本年もどうぞよろしくお願いします。

やっとお雑煮作ったよ。
昨年中に買い物に行かなかったので、元日は最近はお店も閉まっているので、ようやくそれっぽいものを食べました。

年が明けてすぐに近所の神社にお参りに行って、そのときにいただいてきた箸で食べました。
最近、なんとなくこういう季節の行事を大切にしていかないといけないのかなぁと思うようになってきた。
そうしないと、気持ちの節目がないままどんどん年月だけ過ぎてしまうんですね。

12月読書まとめ

2017.12.31 Sun 23:55

2017年の読書メーター
読んだ本の数:115
読んだページ数:35205
ナイス数:1388
2017年も目標達成ということでよかった。

12月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3682
ナイス数:126

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部 (オレンジ文庫)下鴨アンティーク 白鳥と紫式部 (オレンジ文庫)感想
可愛らしいシリーズが完結。冒頭、着物も残り2枚、から始まって驚いた。もっと大量にあるのかと思ってたので。これからは鹿乃が跡継ぎとして着物も増えたりするのかもしれませんね。小さい娘さんが増えたことも驚き。
読了日:12月26日 著者:白川 紺子
これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)感想
『男の湿っぽい友情が気味悪くて寒気がする』今作を読んで一番心に刺さった一言だなと感じました。親友に甘いみたいなのあるよなーと思う。それにしても嫌な感じが続きました。コーヒーのくだりもすごい気持ち悪い、そこまでする?って感じ。でもそういう人いそう。熊井と勇太郎のも本当に嫌だ。自分のせいにしつつも許しちゃう勇太郎にも腹が立つ。太陽は癒し。休日の森若さんのネイルを実は『変なネイル』って思ってるところもそれを可愛いと思ってるところも良い。
読了日:12月24日 著者:青木 祐子
バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)感想
今回は読みやすくてあっさり読めたし、北欧神話のモチーフもあって楽しかった。ビルも不憫だしシン博士の過去はあまりにも切ない。ところで、今回から登場のミシェルが普通の人過ぎて何か裏があるんじゃないかと疑ってしまいます。ジュリアの件もローレンの事も気になる。
読了日:12月24日 著者:藤木 稟
バチカン奇跡調査官    終末の聖母 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 終末の聖母 (角川ホラー文庫)感想
刺繍のくだりは面白かったんだけど、後半の数学とか天文学の話が続くのがしんどかったー。最後の展開はそんなバカな(笑)って感じ。もうそれは奇跡なのではと思ったけどものは考えようだな。話が大きくて理解が追いつかない。
読了日:12月21日 著者:藤木 稟
さよなら僕らのスツールハウスさよなら僕らのスツールハウス感想
いい舞台なのに、残念。青春方面でも、自伝的小説にでももっといい感じに転がせそうなのにどっちつかずな感じがしてしまう。月下美人の件気になって検索したけれど、ずっと咲いてるのは良いかもしれないけど、人間のエゴに思えて検索した画面をそっと閉じた。美人を老いる前に殺して保存しておく…みたいなのを想像してしまって怖かったのです。
読了日:12月16日 著者:岡崎 琢磨
風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室 (集英社オレンジ文庫)風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室 (集英社オレンジ文庫)感想
森若さんからのこちら。かなり女子女子した話だったけど、こちらの方が明るくてその辺は良かった。秘書がこの後ああなってしまうんだなぁと思いながら読んでしまった。元サヤには戻らないほうがいい気がするなというのが私の意見ですかね。お風呂に入りたがらない明確な理由があるのかと思いきやそれは特にないのね、と少し拍子抜けした。
読了日:12月14日 著者:青木 祐子
化学探偵Mr.キュリー6 (中公文庫)化学探偵Mr.キュリー6 (中公文庫)感想
シリーズ初の長編、ということで今までのように賑やかな感じではなく、この、著者の別の作品に感じるような透き通った静かな気配のする話でした。トーリタキセルA、海外からの天才留学生と、二見という元学生、最後の方はオカルトサークルや、これまで登場した人たちが次々に姿を表して、なんだか物凄く感動した。
読了日:12月10日 著者:喜多 喜久
これは経費で落ちません!  ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)感想
読みやすくて面白かった。これぞ日常という感じでとても良かった。ゆいみのことがやたら詳細に書かれていると思ったら、風呂ソムリエか。近々読まなければ。
読了日:12月07日 著者:青木 祐子
サラバ! 下 (小学館文庫)サラバ! 下 (小学館文庫)感想
大学で、小説を書く奴が出てきた時に、ひょっとしてそういう終わりになるのかもしれないなと予感がした。そういうつもりて読んでいたから逆に、最後こちらに語りかけられた時に嫌だなと感じてしまった。わかって読んでいるから今、私を現実に引き戻さないでくれとそう思った。中年期に入り、髪の問題はとても悲しかった。加齢での衰えは全く他人事ではないからだった。それで色々壊れて、原点に立ち返って終わりに向かうところはなんと力強いんだと、とても感動した。ただ、従兄のゲイエピソードだけはわからないままで、もやもやする。
読了日:12月03日 著者:西 加奈子
サラバ! 中 (小学館文庫)サラバ! 中 (小学館文庫)感想
思春期を迎え、そして大人になってゆく過程。高校生のときに起こった震災、そしてサリン事件。そうか、自分と同年代なんだ。と思ったら急に共感できるようになった。当時は自分も就職先の月給を時給換算してみた時に、アルバイトの方が全然いいお金もらってたと気がついて絶望してた。そんな時代だった。家族がバラバラになってこれから歩はどうなっていくんだろう?そして、あの時、圷家を粉々にするきっかけになった手紙は一体どんなものだったんだろう? 下巻を読みます。
読了日:12月03日 著者:西 加奈子
美少年椅子 (講談社タイガ)美少年椅子 (講談社タイガ)感想
生徒会長になったマユミ。あーそういえば前回は選挙の話だったんだっけ。沃野の正体を追ったり、副会長から美少年探偵団の居場所を隠すための算段をしたり。次に続くみたい。
読了日:12月02日 著者:西尾 維新,キナコ
サラバ! 上 (小学館文庫)サラバ! 上 (小学館文庫)感想
ひとりの人生を追っているような上巻。出てきた人物が今後どうなっていくのか、はたまたこれっきりなのかわからないまま続きへ。情景が浮かんでくる描写で読みやすいけれど、これだけ話題になるのにはそれなりのわけがあって、それは後々わかることなんだろうな?(半信半疑)
読了日:12月01日 著者:西 加奈子

読書メーター

東京ミステリーサーカス

2017.12.31 Sun 02:06

リアル脱出ゲームの新しいビル、歌舞伎町の東京ミステリーサーカスに行ってきました。

惑星オリオンからの脱出とリアル潜入ゲームをしてきましたよ。
どっちもダメでしたが楽しかった。
今は4Fまでしか施設がありませんでしたが上の階にもできるのかなー?
もっとやれる脱出が増えたらもっと楽しいなと思います。

沈みゆく豪華客船からの脱出は、来年早々に参加予定です。
歌舞伎町探偵セブンもやりたいなー。歌舞伎町歩き回ったら腰が爆発しそうだけどそれでもやりたい。

そんなわけで、2017年の脱出ゲーム納めでした。

Manhattan Portageのリュック

2017.12.29 Fri 16:52

動物に祝ってもらう誕生日(五・七・五)。

もう何歳かなんてどうでもいいじゃないですか。
加齢による身体の痛みに悲鳴を上げる日々ですよ。
食べるものを気にするようになって、野菜を多く食べるようになったため、内臓的な意味での体調は以前より良いのですが。

とにかく脊柱管狭窄が酷い。
歩けないとか、今は痛くなくても疲労が溜まってくると急に歩けなくなるので、そのようになることが恐くてどうしても外出したくなくなったり、移動も自転車になります。
痛くても動かなければ筋肉はどんどん衰えてそのうち本当に歩けなくなるのです。こわっ!!!

というわけで、自分に誕生日プレゼントを買いました。

高いリュックを。

今まで使っていたリュックも使いやすくて好きだったんですが、ヘタってきたのと、余計に腰痛が悪化するので最近は小さいバッグにしてました。
新しいリュックも背負うところの長さは短めにしました。長いと腰に負担増。あと、背中の荷物に引っ張られて腰が余計に反るみたいな気がします。

これで、お出かけするんだ!!

Total:485002 t:75 y:86