« Aug 2018 September 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« | »

公演終了しましたー!!!

2013.10.28 Mon 04:06

131027-1
二日間の舞台公演が無事に終了しました。
無事にとは言ったものの色々ありましたが、終わったから全部チャラといきたいです。

お越しいただいた方々には最大限のお礼を申し上げたいです。
本当にありがとうございました!

今回は歴史と現代がミックスされたストーリーでしたが、ご理解いただけたでしょうか?
やや複雑だったので、今回は当日お配りしたものにあらすじなどを色々細かくつけたのでした。
最初、正直『複雑じゃないか?』と思って始まったんですが、台本を読むほど色々深みが出てくるストーリーではありました。
結果、変態が際立っておりましたが、まぁそれはそれでー?(笑)

わたしは前回に引き続き簡単に言うと悪役。
でも、わたしの中では前回はどっしり構えた感じ。
そして今回は、やや軽妙な小馬鹿にした感じを目指しました。まぁ、人が揉めてるのを見てるのが面白くてしょーがないってかんじです。

今回の役は、前回のあれがあったからこ作れたなぁー!としみじみです。
演出でいきなり『かまわないのー☆』って高い声で言って?って言われたときはどうしてくれようかと思いましたが。
役柄の方向性は自分で決めてしまった手前、引き下がれませんでしたとさ。

相変わらず、ものに頼った芝居になってしまったりなのですが、今回の本体はすばり『ストール』です。
ステキにピンクのストールを羽織るとテンションが上がるという不思議体験。

そして春頃より少しずつ役柄を固めてきました。
とにかくわたしは演じる人間をしっかり組み立ててからでないとさっぱり台詞が入らないということを経験した今回でありました。
結果的に生い立ちや家族構成、今の居住環境まで想像して作ったり。
でも、生まれ変わり元である足利義秋のことは今回完全に無視してみました。テヘ☆

今までの出演の中でいちばん出番が多く、台詞も多かったです。
なんだかんだで逃げ道が無くなってしまい、途中絶対覚えられないー!!と泣きそうになりましたが頭に入ってよかったなぁ……。

写真はわたしが使った小道具(銃と携帯とカードキー)と台本です。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

fm,写真の黒いのはグリップから察するにベレッタの…銃口が特徴的なM9系ではないからM8000系クーガーかな?
(確信がなかったから画像検索で調べて確かめたのはナイショ)
あと使ってたのは㌢㍍マスター、S&W、コルトパイソンあたり?(うろ覚え)
そんなことはどうでもいい。

舞台公演お疲れ様でした~。
以前見させてもらったのは(去年のはご縁がなかったから)おととしの「Doll」だたかな?(今調べたら3年前だた)
あれはまったくの新作的はオリジナルな設定ぽかったから状況理解するのが僕には少し難しかった。
でも今回のは前世(?)がそれなりの知名度のある歴史上の人物で、いまは商店街の~ってのだったから
こっちのほうが僕には結構イメージしやすかったかな。(チラシは正直見てなかた^^;)

ひなこさんの役どころ、なかなか現れずドキドキw敵役である、裏切り者達の後ろで糸引く黒幕でしたか。
普段はお優しい(歯が浮くぅ)ひなこさんとはガラッと変わったイイ嫌な奴上手く演じられてたと思いま。
ただ、単なる悪役でなくほにゃらら建設側にも正義があり、彼女が信じる理想みたいなもの、もある
みたいな場面もあったらなお楽しさ倍増だったかな?(となると演じる人には負担でしょうが…
まぁそれを匂わせつつ表には出さなかったのが脚本・演出の人の絶妙な匙加減?

僕はあんまり歴史とか詳しくないから、信長とかその家臣についての人柄を知らないので、
あくまで現代をああいう環境で生きる若者の話と見てたけど、その辺り詳しい人ならもっと面白かったんかなぁ。
藤正は結構そういうの詳しかったと思うから訊いてみるといいかも。

ともあれ、無事終了おつかれさま。
(遅刻しそうで息切れしてたけど)とっても楽しませてもらいますた、こちらこそありがとう!
また次回以降ご縁があれば呼んで下さいな。さらなる名演を目指し頑張って下ちー。

お疲れ様でした!
有浅さんの役柄もすごく良かったと思います。
キャラになりきっていたというか。

パンフ見ていたら、印刷物関係もこなしていたんですね。
本当に(*´∀`)ノ オツカレサマー

>忌避さん
お越しいただきまして本当にありがとうございました。
銃に関してはわたしは全然わからないので、今度会ったらきいておきます。
わたしはオープニングに出てから登場まで40分くらいありました。
秋子や高倉建設の理想というのは詳しくは聞いていませんが、いつだったか何かのインタビューを見ていて悪役の役者さんが『悪役側にはそっちの正義があって、それを信じているので悪役として演じてはいない』と仰っていました。
それに影響を受けて、わたしも人物像を構築してはいましたが、最終的には人が困っている顔を見ているのが楽しい…という感情がわたしの中で勝ちました。
話を掘り下げたり…というのは役者がもっと多かったら出来たかもしれませんね。

また次に出演する機会があればまたお越しいただけたら嬉しいです。

>ラディアさん
そうなんです、印刷物。
過去の公演も最終的に印刷所に出せる形式にしたりという調整は行っていたんですが、今回はチラシなどに関してはわたしがほとんどイチから起こさせてもらいました。
お越しいただいてほんとうにありがとうございました!

演劇にお誘いいただきありがとうございました。
演技者の皆様との距離が近く、臨場感がありました。

※井上様のお名前の元ネタが浮かびませんでしたが、相関図にないのでオリジナル役だと気付きました。

>藤正さん
お越しいただきましてありがとうございました。
井上和人だけ、歴史と関係ありません。だから結果ああなったということです。

Total:484933 t:92 y:48