« Feb 2017 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

網膜下

2017.01.04 Wed 22:52

起きたら右の白目が真っ赤でした。
網膜下という、目の膜の下の毛細血管が切れて出血するらしく、何年かに1度くらい自分はなります。
人生で4回目くらい。うち3回は同じような場所で、右の外側が真っ赤になります。

それはもう、水に赤絵の具垂らしたみたいに真っ赤になるので、見た目怖いですが、別に痛くもないし、自然に血液が吸収されるのを待つしか無いので放ったらかしにします。
以前はコンタクトレンズを無理やり剥がして出血したりしたので、それ以来気をつけてたんですけど、乾燥してるなと思いながら寝て起きたらこうなってたのでもうどうしようもないよねー。
新年早々、しかも今日から仕事だってのにこの有様です。

コンタクト入れられないので(あと、裸眼だとほんとに目立つので)眼鏡にマスクです。
曇るし不便なんだけど仕方がない。

あと、自宅用の眼鏡が年末から行方不明になっててほんとに不便。
どこにいっちゃったんだろうー。

あけましておめでとうございます。

2017.01.01 Sun 03:12

2017年がやってきたぞー!!
今年もなにとぞよろしくお願いします。

年が明けてすぐ、近所の神社にお参りに行ってきました。
おみくじは大吉。今年は幸先が良い感じなんじゃないでしょうか!!

健康に気をつけて、日々頑張っていけたら良いなと思いますよ。

年が明けてすぐにDGS聴いてたので若干テンションが高めです。
春に去年6月にあった DGS EXPOのBD発売。
あと、セカンドアルバム発売だそうで、本当に嬉しい限りですよ!

読書も、昨年はどうにか年間104冊読めました。
今年も同じような量は読めるように。あと、難しめな本にも少しずつ挑戦していきたいなと思ってます。

12月読書まとめ

2016.12.31 Sat 23:55

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2844ページ
ナイス数:142ナイス

木もれ日を縫う木もれ日を縫う感想
山姥をキーワードに繰り広げられるちょっとファンタジックな話でした。警察が介入してきて、失踪した母と会ってるのに、そのへんの届けなんかはどうなってるの? とか、突っ込むのは野望なんだろうな。最後はほんわかしてて優しい話でした。
読了日:12月30日 著者:谷瑞恵
下鴨アンティーク 雪花の約束 (集英社オレンジ文庫)下鴨アンティーク 雪花の約束 (集英社オレンジ文庫)感想
慧の進もうとしている方向は本当に正しいのか、春野の危うさなどもさらに浮き彫りになった感じがする。良鷹の若い頃のエピソードは、ビターな内容ながらホンワカした。
読了日:12月22日 著者:白川紺子
水鏡推理4 アノマリー (講談社文庫)水鏡推理4 アノマリー (講談社文庫)感想
中盤、瑞希はやけに子供っぽいし、父親はなんたかやたらと説教じみてるなと思いつつ読んでたんだけれど、こういう結末に落ち着けるためか、と腑に落ちた。前回より面白かった。浅村は絵に書いたような理想の上司像だなと思う。まるで、少女漫画から出てきたみたいだ。ただ、この作品は瑞希にとって救いがない人間ばかり出てくるのでこういう人もいた方が読んでる方も安心できていいなと思った。
読了日:12月17日 著者:松岡圭祐
さよなら妖精【単行本新装版】さよなら妖精【単行本新装版】感想
花冠の日を読みたくて読んだ。この後のことを考えると痛々しい。──王とサーカスを読んだ時にも、これ(文庫版)を再読することは無かったのだけれど、改めて読んでみるとあまりにも辛いし、推理能力は残酷だと思う。あと、勝手な話ではあるけれど、これが古典部シリーズで出ていなくて良かったと、なんとなく思ってしまった(もともと古典部シリーズとして書かれたものを別作品としたものだそうなので)。
読了日:12月16日 著者:米澤穂信
GOSICK GREENGOSICK GREEN感想
脱獄した伝説の銀行強盗KIDを追って、セントラルパークを探険。色々な事件がひとつにまとまって、相変わらず人がガヤガヤ騒がしくて、すごく面白かった。お札の語りもユニーク。そしてついにあの人登場!GOSICKといえばこの人がいないとね!って感じ。また来年続きが出るのかな? ますます楽しみになってきましたー。
読了日:12月14日 著者:桜庭一樹
いまさら翼といわれてもいまさら翼といわれても感想
うち3作は野性時代に掲載された時に読んだことがありました。摩耶花の漫研退部に至る話と、表題作が興味深かった。特に表題作はここで終わりなの? という感じで、ものすごくこの先が気になります。私、気になります!!
読了日:12月13日 著者:米澤穂信
傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)感想
いつも以上にひとりで暴走するカミーユと、それをあざ笑うかのような展開。犯人の男の語りを読んでて、それが誰なのかが全くわからないことに途中まで気が付かず、あれ? 犯人誰だ? と思って登場人物を見返してみたら、思い当たる人物が1人しかいなくて、暗い気持ちで読んでたんだけど、3日目に入ったらそれどころじゃない事が起きてました。前作、前々作みたいなインパクトはなくて、ただただ絶望的な話でした。続きはないかもしれないけれど、読みたいな。せめて途中にあるらしい中編の邦訳を望みます。
読了日:12月10日 著者:ピエール・ルメートル
パノラマ島美談 (講談社タイガ)パノラマ島美談 (講談社タイガ)感想
今回はかなり面白かった。かなり人間離れした話だったけど、こわ子さんの今後も気になる。最後の短編にもびっくり。
読了日:12月7日 著者:西尾維新,キナコ
女子的生活女子的生活感想
読み始めてすぐ、あれ? 知ってる、と気づいた。前に読んだアンソロジーの1編に続きがあったとは知らなかった。変なやつとか嫌なやつがいっぱい出てくるけど、気持ちよく解決、後腐れなくて面白かった。ミニーさんのあたりは、まるでBL小説読んでるみたいだなと思ってたら作中でも突っ込まれてた。女装系が攻めなのはありがちですよね(?)
読了日:12月3日 著者:坂木司

読書メーター

ペルソナ関係

2016.12.31 Sat 06:32

先日やってたP5のお宝探し@秋葉原ですが、家で最終問題を解いて後日報酬を受け取りに行ってきました。
なんか失敗するとジュスティーヌ&カロリーヌのイラストカードがもらえるらしいのですが、私はクリアしたので違うカードをもらいました。
時間をかけてゆっくりやったので、罠にもはまらずに最後まで行けました。貰った紙類をじっくり読むのって大事だよねー。あと、P5やってたのでゲームしてる気分で謎解きできたのも良かった。

でね、このままもうちょいペルソナとやらをやりたいなぁと思いまして。
P3PとかP4をやるのもいいかなと思ったのですが、PSPとかPS2をやるのは今更ちょっとめんどくさいなぁとおもい、ペルソナQを買いました。
やってみると、うーん、先に本編やっといたほうが良かったのでは? とも思いつつ世界樹好きなのでそれはそれとして楽しんでます。

P5Qとか出してくれてもいいのよ…?

秋葉原のパレス潜入だよ!

2016.12.26 Mon 04:19

秋葉原に遊びに行ってきましたよ。
駅についたら有松記念のチョロ松がお出迎え。
中山にはいけなかったし、馬券も買わなかったけどチョロ松に会えて嬉しかった。

現場の様子は、Twitterのレポ読んだりしました。

予告状!!

秋葉原に行った目的はこれでした。『ペルソナ5×リアル宝探し』です。
着いたのが15時過ぎ?で、17時までしかやっていないので今日はとりあえず途中まで。
寝て起きたらまた行きますよー。

予告状本物ですよ。
P5ものすごく面白かったので、嬉しいなー。
いままでやったゲームの中で一番ストーリー良かった!!って言えるくらい面白かったんだよー。
そのあと、値下がりしたクリスマスケーキを求めてあちこち徘徊。

右の写真は錦糸町のアルカキットの前のツリーです。
江戸切子のツリーだそうで、遠くから見てあたたかそうなイルミネーションだなぁと思って近づいたら切子くっついてて驚きました。

近くから見るとこんな感じ(クリックで大きい写真出ます)。

結局ここでもクリスマスケーキは手に入らず、最寄りの駅についてから安くなってたケーキを購入してもらう。
ひとり1ホールノルマですよ。

半分ほど食べたところで吐き気がしてギブアップしました。
また明日食べますよー。

めりーくりすます。

2016.12.25 Sun 02:44

クリスマスですね。
猫さんたちにクリスマスプレゼント!! 狙ったわけではなく注文して届くまでに1ヶ月かかって偶然今日届いただけですが。

新しい首輪です。
前のを2年くらい使っていたらボロボロになったので新しくしましたよ。
裏側に猫の名前と私の電話番号が入っているのです。

前のは和布のやつだったんだけど、今回はいちご柄。
急に園児のスモック感が出てきました。春には10歳になるのにねぇ。
可愛いのでいいのではないでしょうか!!

忘年会

2016.12.19 Mon 17:52

忘年会に秋葉原に行ってきましたよ。
初対面の人が結構たくさんいたりで、人見知り発動したりしてましたが楽しい時間を過ごせました。
しかし、会話って難しいなと思うことしきりですね。

懐かしい話も出来ました。
かなり久しぶりにお会いした人に、前と服装が違うと言われ、あー、そういえばロリータだったよね!と思い出してみたり。
そう考えると10年ぶりくらいなんですかね、時の流れって恐ろしいなぁ。

君は明日と消えていった

2016.12.12 Mon 16:52

161211-1早見沙織と山下大輝が出演してて、アニメーション制作をGONZOがやってるらしいリアル脱出ゲーム、『君は明日と消えていった』に行ってきました。昨日ですが。

メインビジュアルは、最近流行りのライト文芸風。階段島シリーズ好きな人が作ったのかな? って感じるレベル(笑)
ストーリーもライト文芸風だったかなと感じました。青春小説風。

謎解きは、かなり面白かったんですが、結構たいへんで、しかも色々噛み合わずに惨敗。
悔しいなー。
でも、脱出失敗の絵柄がヤンデレ風で可愛かったから、脱出ゲーム用のクリップボードに貼りましたよ。

次回は1月22日、「不思議な晩餐会へようこそ」に参加予定であります。

今日は、気管支の薬が無くなったので、耳鼻科に行ってきました。
加湿しっかりがキーワード。やっぱりマスクは欠かせないとわかりました。
あと、喋るときには水分補給。

月曜日の稼働

2016.12.05 Mon 20:50

ひさびさの月曜日仕事。
今日は普通の仕事がお休みなので短期のフルタイム仕事でしたよ。

一日中PCと向かい合っていると、混乱してきますね。
3時位に一度非常階段に出てストレッチとか深呼吸。
じゃないと、まともに文字も打てなくなってくることにびっくりします。

5時に終わって、最寄り駅に戻ってきてから美容院へ。
毎月恒例のヘアカラーやってもらいました。

もう目が痛いのだ……。
あと、椅子と机の高さのバランスが悪い環境で働いてるのですごく肩が痛くなります。椅子の高さ調節できないし、不便です。
水曜日までの辛抱。

11月読書まとめ

2016.11.30 Wed 23:55

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2026ページ
ナイス数:84ナイス

ホーンテッド・キャンパス きみと惑いと菜の花と (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス きみと惑いと菜の花と (角川ホラー文庫)感想
森司とこよみの仲は無事進展。目かくし鬼は嫌だなぁ……。このシリーズはメインキャラはみんな明るくて楽しいので良いです。この作者さんの別の作品を読むと、悪意に満ちててびっくりするので(それはそれで惹きつけられるんだけど
読了日:11月28日 著者:櫛木理宇
珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
久々の新作。不倫をテーマにした連作短編が続くので、苦手な人もいるかも。私は結構好きでした。アオヤマ氏の子供の頃のエピソードが出てくるのも良かった。眞子は、アオヤマからしたら、子供の頃の印象も手伝って、しっかりしたお姉さんなんだと思うけれど、美星からしたらただのメンヘラなのかもしれないなぁと思った。そういう、見る目が変われば印象も変わる的なことを思わせる部分もまた良い。あと、美味しい鴛鴦茶を飲んでみたいなー。
読了日:11月24日 著者:岡崎琢磨
スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)感想
吃音の少女が主人公ということで、それが文字になっているため、読んでいるとこちらも引っかかって読みにくい、という部分で一気読みはできなかったけれど、洋菓子絡みの謎を理系的に解決する、というところが面白かった。マカロンに関しては完全に騙された。この方の作品はいくつか読んだけど、どれも苦悩がありつつもイノセンスな雰囲気が漂っていて好きだなーと思う。
読了日:11月20日 著者:友井羊
押絵と旅する美少年 (講談社タイガ)押絵と旅する美少年 (講談社タイガ)感想
特別な動きもなくて、謎解きも滅茶苦茶だなぁと思う。結局このシリーズ、何を目指しているのかもよく分からず、今回は特に会話劇だけで「うーん?」っていう感じ。ナガヒロのキャラは、メディア化に挑戦状を叩きつけているのだろうな、と思って読んでます。
読了日:11月14日 著者:西尾維新,キナコ
かまどの嫁 3かまどの嫁 3感想
完結。可愛らしいシリーズでした。ものすごくカステラ食べたい。ザラメ入ってるやつ。それにしても、鹿の子は強い女だなあ。
読了日:11月11日 著者:紫はなな
あなたのための誘拐あなたのための誘拐感想
誰がための刃を少し思い出すような、いつもの医療ミステリーじゃない作品でした。読みやすいし、こちらも追い込まれるように忙しなく読了。タイトル、なるほどねぇ……というか、このタイトルだとしたら犯人はあの人しかないなと思いながら読んでいましたが、最後のほう、楓の件があってから嫌な気持ちになりながら読んでました。全然スッキリしない! すごく面白かったけどね。
読了日:11月3日 著者:知念実希人

読書メーター

Total:433237 t:41 y:55