« Feb 2017 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

忘れられた実験室からの脱出〜リピーター公演〜

2016.10.02 Sun 23:50

初めてのリピーター公演。
2年前に参加しました忘れられた実験室からの脱出に行ってきました。

SCRAPの脱出ゲームは1回だけ参加がルール。
なので、同じ謎を解くのは初めてです。

私はさっぱり記憶から抜け落ちていましたが、覚えている優秀な方々のおかげであっという間に終わり。
あれっ、これだけだったっけ? という感じでした。
でも、リピーター公演。最後の最後までボリューミーでしたよ。

スッキリ、気持ちよく終われました。うれしい!

9月読書まとめ

2016.09.30 Fri 23:55

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3143ページ
ナイス数:162ナイス

教室の灯りは謎の色教室の灯りは謎の色感想
主人公の遥通っている学習塾を舞台にした連作短編。事件をあっさり解決していく講師の黒澤っていったい何物なんだろう? なんだか只者じゃない感じがする。高校とかと違って塾なのでいろいろな人が出入りしている感じもあったり、何らかの事情があって高校をやめて通っている人も多く出てくるので新鮮だった。さらっと黒い人間関係もいいスパイス。
読了日:9月27日 著者:水生大海
鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)感想
いつもの解錠のお仕事から来るエピソードは控えめで、恋愛模様や、親のことなんかが次々と進展した巻でした。学校のエピソードなんかが結構新鮮。とりとめのない会話もリアルだなぁと思った。『過去からの贈り物』にはほっこりした。
読了日:9月26日 著者:梨沙
異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)感想
今回は、表立った二人の進展は無いと思っていたら、最後の最後にやられた!!透磨は、クールな中に千景への熱いものがものすごくて、やっぱり読んでてたまらなくドキドキします。続きが気になりすぎる。失った記憶も少しずつ取り戻していく中で、一体、何が出てくるのかなど今からドキドキします。
読了日:9月25日 著者:谷瑞恵
R.O.D 第十二巻 (スーパーダッシュ文庫)R.O.D 第十二巻 (スーパーダッシュ文庫)感想
10年はさすがに長く、覚えていられるはずもなく、小説とTVアニメとOVAとで頭の中が大混乱。10年前は電子書籍も今みたいになってなかったのだなぁと思うとなんとも言えない気持ちになりますね。でも私はやはり紙の本が好きです。ページをめくる感触に、本の内容の記憶が残ります。電子だと余計なにも覚えてないことになってしまう。ところで最終巻だとかいう次巻は何年後になるのでしょうか。
読了日:9月20日 著者:倉田英之,スタジオオルフェ
向日葵ちゃん追跡する (新潮文庫nex)向日葵ちゃん追跡する (新潮文庫nex)感想
元ストーカーの防犯アドバイザーの向日葵の周りに起きる事件。読み始めはポップな印象だったけど、結構重たい話だった。犯人はそれなりの段階で目星がついたけど、そもそもの動機が私にはよく理解できない。なんだか、続きそうな気配もするので、この先また出でくることもあるんだろうか。
読了日:9月15日 著者:友井羊
神さまは五線譜の隙間に (メディアワークス文庫)神さまは五線譜の隙間に (メディアワークス文庫)感想
ピアノの調律をテーマにした、優しくて柔らかいお話でした。この方の描写は繊細でとても好きです。月子とワン太の語りが交互なのですが、たまにどちら目線なのかわかりにくいときもあったけれど、それはさておき、本当に素敵なお話だった。人物がみんな、自分と戦って乗り越えて行くところがとてもいい。シリーズ化したらいいのになぁ。
読了日:9月13日 著者:瀬那和章
掟上今日子の家計簿掟上今日子の家計簿感想
叙述トリックは、犯人の名前は出てこなかったけど、文字数的にあの人で間違いないのかな? 脱出ゲームは私自身好きで良く行くのですごく興味があります。特に、フリック入力を使った巨大迷路とか…気づいた時きっとすごいテンション上がるだろうなー。
読了日:9月11日 著者:西尾維新,VOFAN
幻影の手術室: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)幻影の手術室: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)感想
やっぱりこのシリーズは面白い!今回はトリックが全然見えずに最後まで読んでしまいました。最終的にみんな味方につける鷹央が強い。
読了日:9月8日 著者:知念実希人
白銀の逃亡者 (幻冬舎文庫)白銀の逃亡者 (幻冬舎文庫)感想
終盤まで逃げ続ける話だったら苦手かもと思いながら読み始めたけれど、ポンポンとテンポよく展開するので楽しく読めました。出だしは知念先生のデビュー作を彷彿とさせる感じで重たく感じましたが、悠や毛利や城ヶ崎のキャラクターが思ったよりもコミカルで面白かった。葉子はもっと気持ち悪くても良かったなー。
読了日:9月6日 著者:知念実希人
撫物語 (講談社BOX)撫物語 (講談社BOX)感想
闇落ちした撫子救済みたいな話だったのかなぁ。それにしても撫子一人称はだいぶヤバイというのが一番の感想で、そのおかげでだいぶ読むのに時間がかかってしまいました。
読了日:9月2日 著者:西尾維新,VOFAN
下鴨アンティーク 神無月のマイ・フェア・レディ (集英社オレンジ文庫)下鴨アンティーク 神無月のマイ・フェア・レディ (集英社オレンジ文庫)感想
両親のなれそめ、慧の親のこと、そして曽祖父母のこと。過去も明らかになりつつ、鹿乃と慧も少しずつ動きそうな気配。じれったくてこっちが待ちきれなくなる気分になることもあるけど、どの時代の人も人情味にあふれていて、やっぱりこのシリーズは好き。読み終わってから表紙を見ると、内容全部盛りになっていて、それもいいなぁと思う。
読了日:9月1日 著者:白川紺子

読書メーター

病院【154】

2016.09.29 Thu 02:17

気がついたら3ヶ月経ってました。
前回通院から、3ヶ月です。

通院をはじめてそろそろ10年。
最初は2周間に1回。
前に住んでいたところの病院はいまいち信頼出来なくて、引っ越しした時に今の病院をネットで探して予約して通い始めた。
私の薬はさすがに少なすぎたということで、増やすことになった。

ここから通院は本格的に始まった。
副作用でグチャグチャになったり、ぼーっとしたり。
社会復帰しようとしたら、毎朝パニック発作を起こして過呼吸になって、結局続かなかったり。

すこしずつ、でもある時急に良くなった。

今は睡眠導入剤と安定剤1錠だけ。
それも、自分で調整して飲んで良い、薬がなくなったら来ればいいと言われています。

診察室に入って
「気がついたら3ヶ月経っちゃってました」
って言ったら、それは良いことだから、もっと空いてもいいよって言われました。

そろそろお薬がなくても生活ができるんじゃないかなという気もしてる今日このごろです。
10年間戦ってきて、自分と折り目をつけて一線引いて、まるで他人事のように考えることもできるようになったり。
あ、ヤバイなって思った時に、早めに薬に頼らなくても対処できるようになったりしてきた。

過呼吸はいまでもたまになるけど、とにかくトイレで耐えて、気持ち悪くなったらそのまま吐けるから絶対トイレ前で待機。
その頻度も減ってきて、やっと普通の人になれてきたのかなと思う。

もう少し上を目指して働くのもいいかなとも思う。
死に物狂いで戦ってきて。生きてて良かったなと思う。

単行本用ポーチ

2016.09.23 Fri 02:05

160922-1

リンネルの付録のポーチが可愛いのでついつい買いました。
色違い5個。…正直こんなにあっても使いみちに困るんですが。

欲しかったのはいちばん大きいポーチ。
絶対に本を持ち歩いているんですが、ハードカバーとか、単行本サイズの本を入れるポーチが欲しかったのです。
買い物袋からゴソゴソ出すのもみっともなかったし、そのまま入れたら折れたり濡れたりしたら大変(借りてる本のことも多いので)。

ポーチの猫の顔もイカしてる感じでお気に入りです。

英語でレース 『PINEAPPLE ROUND』

2016.09.20 Tue 02:41

160919-1

なんとかなるものなんだなぁという感想です。

なんのこっちゃ…っていう感じですけれど、洋書のレース編みです。
最初は暗号かなにかにしか見えなかった、英文パターンだったのですが、29段編み終わる頃には普通に編み図が読めるようになってました。

びっくりです。

前の段の長編みのところに細編み1目編むとか、そういう感じにかいてあるっぽいぞ。と気がついてからは早かったです。
とは言え、1段まるごと編んでから辻褄が合わなくなってたことになると心が折れる気がしたので、時折その部分だけ編み図を書いたり、何段か試し編みして間違いがないか確認しつつ、最後まで編み上がりました。

すごい、私すごい!! っていう気分(自画自賛)。

日本のパターンにはあまり無い編み方がしてあるので、これで幅が広がりそうです。
更に広げるためには、日本語の本で編んだことのない編み方の英文を読解していかなければ行けない壁はもちろんあるんだけど、すごく楽しかった。
今度また、もう少し難しいものにも挑戦してみたいな。

亀有

2016.09.19 Mon 01:02

wp-image-83228810jpeg.jpeg亀有に行ってきましたよ。

お祭りもあったし、こち亀の最終回で大混雑でした。
駅のコチ亀広告は人がすごくて撮るのは大変。
キレイにおさめたいなら朝早くに行くしかなさそうですね。
駅員さんも大変そうでした。

でも、ニュースに出てたの以外にも、エスカレーターの手すりとかまで両さん一色でした。
あと、駅周辺の像も増えてたし、銅像は花束もってましたよ。

区民としては、これで区が潤うのは少し嬉しいかな。自分に恩恵はないけど。

手芸店でレース糸を買ったりしてから帰ってきました。
糸補充できたので、また英語でレースをはじめられます。

英語でレース

2016.09.15 Thu 02:19

160914-1

昨日借りてきた本を参考に、早速、過去挫折した英語のレース編みの本を引っ張りだして編み始めてみました。
本には、数年前に編もうとした際のメモ書きがちらほら。

当時の自分のメモも役に立ちます。

本当にこんな編み方で形になるの? とか、不安がいっぱい。
でも、編み方の英文を一度ノートに写して訳して行ったら、だんだん、英文を書き写すだけで意味がわかるようになってきました。
1段書き写して内容を確認して編んでみて、次の段を書き写して…の繰り返し。

すこしずつ編み上がってきて、楽しくなってきました。

普段の編み物とは全然違って、ものすごく頭をつかうけど、とても新鮮。

日本と欧米では編み物の考え方が違うらしいことも理解できてきた。
逆に、日本の編み図を見て、欧米の方は記号が理解できないから最初は苦労したりするんだそうです。そういうもんかねぇ…

これで、なんとか最後まで編みきれるといいなー。
世界が広がるって楽しい!

英文の編み物

2016.09.14 Wed 02:17

160913-1

何年も前に、洋書のレース編みの本を買ってみたものの、イマイチ理解できずに放置してました。
で、今回ネットで珍しい編み図の本を探してたところ、夢のようなタイトルの本があったので早速図書館で予約して借りてきた。

この本は、棒針のほうがメインで、かぎ針はおまけ程度。
でも、略語の一覧とか、立ち上がりの目のこととか書いてあって参考になりそうな感じ。

棒針の方も読んでたんですが、海外では目数リングをよく使うらしい。
で、そのリングは、日本ではプラスチックのやつを買うと思うんだけど、その本には、タティングレースでリングを作ってのが写真に写っていて、それがちょっとカワイイのね。このくらいならすぐに作れそうだし、それもいいなぁと思って見てました。

この機会に、海外の本も読めるようになれたらいいなー。

でも、本に載ってる英文と訳文を交互に見て、なんだか吐きそうになってる私が居ます(英語は致命的に苦手です)。
がんばってみよう…うん。

JAM Project LIVE TOUR 2016 ~AREA Z~ 神奈川

2016.09.12 Mon 03:27

160911-1

およそ1年ぶりのJAM Projectライブに行ってきました。
今回は撮影OKだったので、ぱちり。
でも、レンズ越しなのが性に合わないので、これ1枚しか撮ってない。

アニサマから今週まで毎週ライブ三昧で幸せ!!
とはいえ、毎週毎週つぎのライブの予習でとにかく色々追いつかなくて、今回はツアーのセットリストを事前に調べておきました。
で。

おそらく毎回変わっているであろうところが、今回『RISING FORCE』でね。
この曲、初めて聞いたのが発売前の新宿の厚生年金会館でのライブだったと思うんだけど、その時からすごく気に入って、すごく好きなのです。
でも、あまりライブでやってくれる感じじゃないのですね。
なので、今回急に始まってびっくりしたー!で、うれしかったー!!

会場は相模大野。
遠かったけど行けてよかったー。

帰りは下北沢で途中下車してマジックスパイスでスープカレー食べて帰ってきましたよ。

これでライブ三昧の週末は一段落。
次は10月末のangela日比谷野音です。

Read more>>

Hiroshi Kamiya Live 2016 “LIVE THEATER”

2016.09.05 Mon 03:01

神谷さんのソロライブに行ってきました。
2日とも申し込んだけど結局日曜日しか取れなかった。

午後3時位に海浜幕張についたんだけど、色々重なってて人がすさまじかった。
野球の人と乃木坂さんの人と一緒くたになってた。
乃木坂さんはイメージカラーが紫みたいで、神谷さんも紫なので、なんか幕張メッセが全体的に紫色…みたいな感じでした。

ライブが始まって。
去年よりも演出はシンプルだったけど、見どころもあって良かったです。
っていうかさ、真ん中のMCのコーナーまでほとんどトーク無しで繋いでてものすごく忙しそうだなぁと思って見ていました。
あと、衣装替えがものすごく多かった気がする。

白いスキニーにいつもの長めのトップスみたいな感じで出て来た時は、足が細い上にピタピタでだんだん白タイツに見えてきてなんかわからないんだけど、絶望放送の王子神谷を思い出してしまいました。なんか…すいません。
あと個人的に好きだったのは、お金のマークを頭上高く掲げて、フレームから外れてるからLVにはわからないでしょってやってたら見えちゃったとこ。

真面目な話ももちろんあって、それも聞いてて色々考えたりしてたんだけど、もうちょっと素っぽいっていうかネガティブなこと言ったり、砕けた言い方になってみたりっていうのがあって、1stの時はMCも決め打ちしてる感じがしてたから(今回も両日で言うことはさほど変わってなかったのかもしれないですが)、今回のほうがお話は面白かったかなと思う。
前向きなことばっかり言ってくれるのでもいいんだけど、私は砕けたことを話してくれるほうが好みなのです。神谷さんに限らず。

演出は今回、センターステージのせり上がりが高かったー。
私は3階席でかなり上のほうにいたけど、それでもやや見上げるくらいの高さになってました。
コの字の手すりがあがって隙間が開くから下が見えるって話をしてて、前に奈々さんのコメンタリでその隙間にヒールが入っちゃうことがあるって話を聞いたことがあったのを思い出したり。私は高いところが好きなので、ちょっと体験してみたいなと思ったり。

Danger Heaven?ではアレンジがかなり変わっていてびっくり。
旗の振り付けみたいなのがあって、投げるところを見て『痣とか絆創膏の理由はこれか』と思った。すごかったです。

曲ではeverlastingとAlways Kissing Youが聞けたのが嬉しかった。
どっちもハレイロの曲なんだけど、あの頃の曲がすごい好きだったりします。
full countが入ってたのも面白かった。

最後、思ってなかったWアンコールがあって、最後、贅沢な時間をやったんだけれど、みんなで歌ってほしいってなって、客席の声で埋め尽くされた時にすごく感動した。
こういうのって良いよね…
それはさておき、Wアンコール後に出てきてすぐのMCで「コントとか」って言ってて。
幕張メッセイベントホールでWアンコール…うっ……ってなった(笑)

ところで、このソロライブのためにFCに入り直してて、次はさすがにないだろうと思ってて、また更新しない方向かなぁと思ってたんだけど、MCで次の会場探しますみたいな話も出てたので…更新するか悩むなー。いわゆる箱推しじゃないし、キラフェスとかリーライなんかも意欲的に行く感じじゃないので(つーか、キラフェスは長時間過ぎてぼっちはマジキツイ)。
まぁ、その時になったら考えようー。

2018年の1月28日が日曜日なので、何かあるとしたらここあたりかなぁ…?
今度はもうちょっと広い場所でお願いしたいです。

Read more>>

Total:433238 t:42 y:55