« Mar 2017 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

術後服を作ってみました。

2008.05.31 Sat 13:44

 あぴょの抜糸が長引いているうえに、大体2日でガーゼの服がボロボロになるので、ならば作ってしまえ、と思いました。
 早朝からサイト巡りをして、型紙を起こしてました。

 こちらの術後シャツの真似をして作ってみようと思ったのですが、形が思ったより難解で大変でした。
 あぴょの採寸をしながら、この形を参考にして自己流で型紙起こしました。

 裁断中

Read more>>

あぴょ と さくら

2008.05.31 Sat 04:28

 あぴょ と さくら
 あぴょは金曜日の抜糸の時に化膿しててちょっと縫い直したのでまだ術後服脱げていません。

 なんだかんだでやっぱり仲の良いうちの姉妹です。

退院したよ♪

2008.05.23 Fri 19:19

 あぴょ退院
 無事に退院して家に帰ってきました。

 たくさんの方にご心配おかけしてすみませんでした。
 さっき病院に行って、無事退院してきました。
 応援してくださってどうもありがとうございました。

 …面会に行った時に、もしかしたら退院できるかもしれないからと思ってバッグ持ってったんですが、自分でバッグの中に入ってしまいました。
 半分、自主退院みたいな(笑)

 先生にも大分ご迷惑をおかけしてしまったようで…本当にありがたいなぁと思います。
 夜一緒に寝てくれたりしたらしいよ……す、すみません。

 なんとか帰宅してきて、家の中を落ち着かなく歩き回って、その後ろをさくらが着いて回ってますよ…。
 さくらさんてきには、この1週間ひとりで甘え放題してきたから、ちょっと複雑な心境でもあるのかな…(-"-;A

無事に手術が終わったようです、

2008.05.20 Tue 04:43

 7時から麻酔をかけ始めると聞いていて、手術が終わって麻酔が切れてくる頃に電話を下さるとのことだったので待っていました。

 ぶじ、腸閉塞の手術は終了して、意識が戻りかけているところですよとのことでした。
 避妊手術も一緒にやったのかどうかは聞き忘れちゃった。
 明日行って聞いてきますね。

 今度2~3日は点滴がすべての栄養源となるらしいです。
 その後は術後のカロリーが高めのものから少しずつ食べさせていくとのことでした。

 退院できるのはいつのことやら。

 …ここまでくると怖いのは費用の面ですね。
 ペット保険の加入を本気で考えたいと思い居ます。

腸閉塞デシタ。

2008.05.19 Mon 18:52

 あぴょが今日検査の結果、腸閉塞だということがわかりました。
 糸くずでも食ったみたいです…。

 ロックミシンの糸が切れてたから、それでも飲み込んでしまったのだろうか…。

 今晩手術をするそうで、大丈夫そうだったら避妊手術も一緒にやってしまうみたい…。
 何度も麻酔してお腹切って…ってやるのはかわいそうだということで……。

 誤飲は本当に気をつけないといかんなぁ…と常々感じました。
 …実家とか、母が内職してたので糸くずまみれでよくお尻から糸垂らして歩いてることがありましたが…腸閉塞を起こした経験はなかったので…あぁぁ怖いなぁ……。

 うちの猫は食べ物じゃないものをよく口にしてしまうのでこれから気をつけないとなぁ…と思います……。

 今日、昼間にさくらが私のところにあぴょの首輪を持ってきてはにゃーにゃー言うので、一緒に面会に連れて行きました。
 2ぴきして私のひざで抱っこしてました…。

 無事に手術が済むといいなぁ。
 …ちなみに、白血病とエイズ検査の結果は陰性でした。よかった……。

 さくら
 ↑↑自宅でひとりでつまらないのか寂しいのか、大騒ぎのさくらさん。

家の中で転びました。

2008.05.19 Mon 01:19

 家でさくらが一人なので、運動不足になってしまう!っと思って、猫じゃらしに紐つけたやつを持ってさくらと追いかけっこして家の中を走り回っていたら、思いっきり転びました。
 カーペットの角に足を滑らせてずてん!!っと。

 夜になってもまだ身体の調子がなんだかおかしいです…。

 あぴょの様子見てきました。
 さらに少し元気になってましたよ。

 自主的にだっこしてきたので、だっこしながら持って行ったごはんを食べさせたりしました。
 少しだけ食べましたよ。

 昼間は、先生が口の中に入れたら飲み込んだらしいですが、吐いてしまったみたいですが、その後どうなったのかなー。
 明日はバリウム造影するそうですよー。

 さくらも面会に連れて行っていいそうなので、明日は検査の後だからやめておくけど、近いうちに連れて行こうと思います。

音に敏感

2008.05.18 Sun 06:53

 音に敏感になっている自分に気がつきました。
 あぴょは入院してるのに、ちょっとした物音に反応して安否を確認するような行動をしてしまいます。

 そんなこんなで、なにかと熟睡できてなかったようで昨晩は眠ってしまいました。
 あ、昼も寝てました…。

 木~土曜日のことだとは思えないくらい、密度が濃くて長く感じました。

 昨日の夜、病院から電話をもらって面会に行ってきました。
 朝よりも大分顔つきもよくなっていて、少し安心しました。

 体温が下がっていたので、室温28度でヒーターの上に寝ていたようで、夜に体温を測ったときは逆に上がっていたみたい。
 昼は箱座りしてたみたいですが、夕方から横向きになって身体を伸ばすようになったとのこと。

 あと、血液検査の結果を貰ってきました。
 今一番改善すべきなのは脱水症状らしいですが、それ以外に白血球の数が多いのと黄疸が出ているようで、他の病気の可能性があるとのこと。

 週明けに白血病と猫エイズ検査と、もっと詳しい血液検査をすることになりました。

 今の治療は静脈点滴みたいです。
 注射はインターフェロンだったみたい。

 あぴょの面会の後、ラーメン食べて家に帰ってきてしばらくしたら実家の母から電話がありました。
 母も心配してたようです。

 「見てきた感じどうだった?」と聞かれたので「とりあえず大丈夫そうだった」と伝えました。
 母曰く、面会に行ったときの猫の様子でなんとなく今後どうなるかはわかるんじゃないかとのこと。

 今後、脱水症状が治まってから、食事をちゃんと摂るようになるか…等によって別の病気などかかってないか検査をしていくようです。
 なにより怖いのは白血病とエイズかなぁという気がします。

 ちなみに、来週の土曜日に予定していた避妊手術は当然ながら見合わせ。
 改善してから、もしくはこの原因が子宮にある場合は摘出手術となるようですよ。

 あと、様態が急変することも、数日の間は特に考えられるようで、もしも何かあった場合は時間を問わずに電話をくださるようです。

 そして家ではさくらさんが異常に甘えん坊さんです。
 いつもに増してべったりなような気がします。

状況報告

2008.05.17 Sat 13:01

 9時になってすぐに病院に行きました。

 体温が37.1℃&脱水症状&意識混濁ということで、正直言ってよい状況ではありません。
 危篤状態と言われたのと、最悪のことも頭において置いてくださいとのことでした。

 すごいショックです。
 が、今入院して検査や治療に入ったところです。

 状況を見て『異物を飲み込んだことでここまで衰弱するのはあまり例がない』そうで、他の病気の可能性があるそうです。
 血液検査とレントゲンをしたあと、体力が回復してきたらバリウム検査や、その後の治療を考えていくようです。

 とりあえずそんなところです。

 面会は、今日はわからないけれど、出来そうなら夕方に電話をくれるらしい。

 一緒に1年間近く暮らしてきた家族として、私は絶対に諦めません。
 あぴょが一日も早く元気になって帰ってくるのを前向きに信じます。

 勇気をくれたのは、もみぢさんが尿石による尿毒症の危篤状態から、無事に元気になった7年前の記憶。
 もみぢが大丈夫だったんだから、あぴょも大丈夫。

あと4時間。

2008.05.17 Sat 05:02

 こんなに時間の流れが遅く感じるのはとても久しぶり。
 10分おきくらいに心配になって、あぴょも見て、お腹が動いているのを見て安心して…って繰り返してます。

 今は寝ているようなので、起こさないようにそーっと。
 近くにさくらが居るので何かあったら教えてくれるだろう。

 病院まであと4時間。
 がんばってぇ!

心を精錬したいデス。

2008.05.17 Sat 04:19

 あぴょの容態です。

 金曜日はかかりつけの病院が休診日なので、別の病院に連れて行きました。
 レントゲンを撮ってもらったら、胃になにか異物のようなものが入っているらしい。

 センセイ曰く、骨とかを食べた時なんかにこういう映り方をする…そうなんですが、最近骨の付いてるものを家でも食べてないし、ゴミ箱を漁った形跡もないんですよね。
 何食ったのかわかりませんが、何か食べちゃいけないものを飲み込んだようです。

 注射を3本(首のところに赤っぽい液体のもの2本と尻のほうに透明のもの1本)打って、病院から出たら即効バッグの中で吐きました。
 そして、家に帰ってきて横になっていたので、バッグの中に入れてたひざ掛けを洗濯機に押し込んで、しばらく別の部屋にいました。

 で、洗濯が終わる少し前に様子を見に行ったら、なんかグッタリしてる……。
 ずーっと力が入ってる感じで箱座りしてたのに横向きになって力が抜けてぐんにゃりしてる…。
 びっくりしたと同時に、なんか無性に涙が溢れてきてしまってどうしていいのかわからなくなって相方に電話しました。

 その電話で少し落ち着いたので、再度病院に電話をして、すぐに連れてきてくれとのことだったので、もう一度連れて行きました。
 抱き上げようとしたらオシッコ出ちゃってる…。

 病院に着いてすぐに酸素吸入をしてくれて、そしたらびっくりするくらい力強く起き上がって、普段から鳴かないのに「にゃー」って言って私にだっこしてきました。

 それでなんとか持ち直して、家に帰ってきてまだ何度か吐いてます。

 だんだん血が混じってきて、切れたせいで痛いのか水の容器のまでしゃがんでいたりするので、飲ませようと思ってもペロペロもしないし口の中に水を入れたんだけど飲み込んでくれない…。

 さっき、深夜3時頃に吐いた時にまた力が抜けてきてしまったので、相方に起きてもらって、一緒に様子を見たり…。
 酸素吸入は出来ないので、窓を開けて空気を入れ替えてみたり。

 水は飲む意思はあるようで、洗面所に乗りたがってたので、乗せて水道から水を出してみたら、飲んだような…飲んでないような……。
 とりあえずペロペロっとする動作はしたのでOKということで、あんまり人が近くに居ても、具合が悪いのに邪魔臭いかな…と思って、見える位置でちょっと距離を置いてます。
 今は私のベッドで寝ています。

 とりあえずお腹が呼吸で動いていることを確認することしか出来ません。
 自分の無力さがなんとも悔しいです。

 しかし、私が泣いてても何の解決にもならないのでしっかりしないと。
 とりあえず朝になったらかかりつけのほうの病院に連れて行って、あとは意志の判断にお任せしようと思います。
 最悪、開腹手術になるみたいなので(夜間病院の医師に電話で言われました)、その覚悟もしとかないとなぁ。

 なにげにあぴょが吐いた後に水のみ場に行く時に必ずさくらが同行してるのがなんともいえない気持ちです。

Total:436900 t:59 y:97