« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

黒子のバスケ 舞台挨拶&応援上映

2017.05.26 Fri 01:55

昨日寝る前に、すっかり忘れていたメールチェックをしました。
PCメールはDMがいっぱい来るので億劫になり、ついつい放っておいてしまいます。

そしたら、チケットぴあから来てたメールに運良く気が付き、どうせ落選メールだろ…と思っていたのですが、こういう時に限って当選してるもんですね。
直前で気がついて本当に良かった。

そんなわけで、夜に新宿に行ってきました。
21時開始で、舞台挨拶があってからの上映。

入場したら思ったより静かだなぁと思ってたんだけど、1枚しかチケット取れなかったんだからそりゃ静かだよなと納得。
あ、入場前に大入り袋と、スタッフ&キャストの人たちのメッセージを印刷した物をいただきました(写真の)。

舞台挨拶は、賢章さんが変にポンコツっぷりを発揮してて面白かったです。
挨拶は35分って最初に言ってたのですが、終わってみたら50分。

本編はそこからスタートでした。
私は応援上映というものが初めてだったので、とりあえずキンブレだけ用意して皆さんのを聞いて楽しんでいました。
前半は、敵チームのジャバウォックがひたすらゲスいシーンが続くので、国会のヤジかな…? と思いながら見てたんですが、後半の試合に入ってからは結構応援になってました。
新鮮で面白かったです。

終わったら案の定23時半で、途中退席する方もちらほらいらっしゃったのも納得。
私は大丈夫かなぁと少し心配になったものの、自分がダメな時間だったら結構たくさんの人がアウトだなと思い、悠長に見てゆっくり帰宅しました。

なんだかんだ、今年初の生神谷さんだったので、当たって行けて良かったです。

夜は短し歩けよ乙女 観てきたよ

2017.05.02 Tue 02:01

5月1日映画の日。
やっと見に行ってきました。

ずっと観たいと思いながらも咳が心配だったり、体調は上向いてもなんとなく仕事前に行く気にならなかったり。
そうこうしているうちに、公開終了してしまう!!ということでやっと、本当にやっとです。

実は、図書館で原作を予約していて、読んでから行けたらなぁと思っていたのですが、間に合わず(明日順番回ってきそうな感じがする)。
レビューでは原作を読んでいる人向けだと書いてあったので、心配していましたが全くの杞憂でとても楽しめましたよ。

後半、まるで気が違っているのではないかという演出に少しだけお腹いっぱいになったりもしましたが、酔っ払ったり、演じたり歌だったり、すごく楽しかった。

中に出てくる絵本も気になったので明日、仕事終わりに書架で確認してこようと思ってます。

コナンの映画を見てきました。

2017.04.24 Mon 01:13

来月、USJのリアル脱出に参加するし、今回の映画は関西だし。
ということで、コナンの映画を見に行ってきました。

何年ぶりかに、みやむーの声を長い時間聴いていて、やっぱ好きだなと思ったり、変わらない声で安心したり。
コナンの映画の予算潤沢そうな雰囲気に圧倒されたり。
テレビ放映されたものは見たことがあったんだけど、映画館で見るのは初めてだったので新鮮で楽しかった。
というか、コナン自体見るのが久々だったので面白かったです。

TV放映の1話を見たときのことを結構鮮明に思い出せるのに、ものすごく昔のことになっている事実に驚いたり。
普段はもっと深いアニオタばっかりいる映画を見ることが多いので、リア充だらけの劇場も新鮮でした。ザワザワしてたけど。

黒執事観てきましたよ!

2017.02.12 Sun 01:12

やっと観に行ってきましたよ。黒執事を!

先月末に公開が始まってすぐから行こうと思っていたのですが、なかなか行けず。
気がつけば1日1回上映になっていたりして、そろそろ行かないと終わってしまうと思って焦っていたので良かった。

本編は、原作で知っていたのでわかっていたのですが、ものすごい早足だなぁと思いながら観ていましたが、ほぼ原作まんまやってくれたので嬉しかったです。
エリザベスめっちゃかっこよかったです。

今日から新しい特典開始だったみたいで、色紙をいただきました。私のはWチャールズでしたよ。

あ、あと予告で、黒バスとヤマトの映像を見られました。
また劇場に足を運ばねば!!

傷物語〈Ⅲ冷血篇〉

2017.01.06 Fri 15:05

今回は舞台挨拶のチケットが取れなかったので、普通に見に行ってきました。
また、毎週映画館に通う日々の始まりです。

以下、ネタバレを大いに含みますので、これから見に行く人とか、原作のオチを知らない人とかは読むのをやめといたほうが良いかなと思います。

舞台挨拶が取れなかったことでモチベーションがだだ下がりになった私は、いまいち今日から公開だという実感もないまま映画館へ。
そんなに期待もしないまま見始めたわけなんですけれど…1と2より断然面白かったし凄まじかった。

今回は原作14章から。
両手足と、忍野メメにこっそり奪われていた心臓を取り返した完全体キスショットとの逢瀬。
お花畑でものすごい幸せなシーンから、一転してどん底に落とされる暦。

落ち込んで暴れて絶叫してる暦のところに現れる翼。
そこから唐突なエロシーン。
…いや、猛烈にやってくれたな!!!って感じでした。絵もお芝居も。

そして最終バトル。
最後は猫黒に続く展開へ落ち着くわけなんですが……

去年、1を見た時に、ナレーションが全部削ぎ落とされていて、驚いたのです。
それで、これには何らかの理由があるのではないか? と思った私は、映画の続きの部分から原作を読み直しました。

最後の一文。
『決して癒えない──僕たちの、大事な傷の物語。
僕はそれを、誰にも語ることはない。』
そう書いてありました。

なるほど、阿良々木くんが語らないと言ってるから、作中にナレーションがないのか、と納得しました。
これ、1年前に言いたくて言いたくてしょうがなかったんですが、ネタバレになるんじゃないかと、心の奥にしまって置いていました(嘘です…神谷さんにお手紙で書きました)。
やっと最後までたどり着いて、書ける時が来た。

ここまで来た寂しさと嬉しい気持ちとで今いっぱいです。
また来週!

映画鑑賞。

2016.11.06 Sun 02:01

久しぶりに映画を見に行きました。
というか、やっと『君の名は。』見てきましたよ!!

最初、恋愛話で終始したらどうしようかなと思って見てましたが、ものすごく面白かったです。
集中しすぎてあっという間に感じた。
あと、2001年のしし座流星群を夜中にひとりで見た時の事を思い出しました。

映画が始まる前に時間があったので『珈琲店タレーランの事件簿5』を買おうとしたんだけどまだ売ってなかった。
あと、3月のライオンの一番くじをやりました。
もう結構残りがなかったのですが、手に入れたのはこれ。

161105-1

湯呑みでした。
他の種類は品切れで選ぶ余地がなかったのですが、これはこれでよかったかなという感じ。使えるし。

傷物語〈Ⅱ熱血編〉舞台挨拶

2016.08.20 Sat 00:02

160819-1

頑張ってひとりで取った傷物語の舞台挨拶。
なんでか、TOHOシネマズも、バルト9も取れてしまいました。
トチ狂ったとしか思えないんですけれど、取れちゃったので両方行ってきました。

2本目のほうは時間が間に合わないかもと思っていたので、先にTOHOシネマズ新宿にいってチケット発券。
それからバルト9に行って発券してから少しだけ下のベローチェで落ち着いてました。

30分前くらいに映画館に入って、パンフの列に並んでたらあっという間に入場時間。
バルト9の物販は空いてたからあっちで買えばよかったなっておもいつつですが並んで購入。

20分前から入れたので、早めに入ってのんびり。

本編……面白かったー!!
そうそう、こんな内容だった。
…こんな解釈だった?
なんかすごい場所で巻き起こってるんだけど…。

最初の羽川とのシーンは代々木体育館だったっていうのはわかった。

とにかくバトルと羽川との初々しいシーンが立て続け。
個人的に、羽川のアレが出ちゃって…あたりの阿良々木くんが好きです。あのお芝居すごく好きなやつだ。

バルト9のほうの舞台挨拶は取材の方が来ていたのですこしまじめに。
あと、スチール撮影を眺める時間が面白かった。

終わって時間を確認したら、もうTOHOシネマズの上映時間過ぎてる!!
ということで急いで下に降りて、タクシー探そうと思ったんだけど、それよりも走ったほうが早いかもしれないと思って、走りました。
最後ヘロヘロに息があがってしまって、戦闘中の阿良々木くんの気持ちが少しわかった気持ちになりながら、到着しました。
ドラマツルギー戦が終わる頃に到着。
プレミアムボックスシートを取っていて、両サイドの人は見えないようになっているし、場所も広いので、汗拭きつつセンスで扇ぎつつのんびり鑑賞。

TOHOシネマズのほうの舞台挨拶は少しはっちゃけてて面白かった。
神谷さん「羽川かわいい」
櫻井さん「羽川ヤバイ」
神前さん「キスショットの第2形態g」
そんなハナシ。

羽川について、男女で印象がちがうんじゃないかというハナシ。
男性が大絶賛の羽川翼ですが、劇場では私もかわいいなーと思いました。
でも、原作を読んだ時は、なんというか…訳の分からない存在の気がして怖かったです。
羽川のことが最大で怖くなったのは猫黒の時ですけど。

身近にあんな人がいたら、心配になって
「そんなふうに簡単に人にパンツ見せたり脱いだパンツあげたりしちゃダメだよ」
って本気で心配して口出しすると思います。

羽川の生い立ちとかを考えると、そういう部分の線引がよくわからないっていうのは痛々しいなと感じますけどね。

戯言シリーズの予告もありました。OVAなのね。TVじゃないのはちょっとがっかりかなぁ。
いーちゃんは梶くんみたいですね。

ワンピースとシンゴジラ

2016.08.02 Tue 00:53

160801-1

1日は映画の日ということで、昼過ぎに豊洲へ。
まずはワンピース。それから時間を少し置いてシン・ゴジラを見てきました。

ワンピースは、GOLDとタイトルにある通り、金ピカな世界観。
ものすごい派手。
あと、TVをぼんやり見てる時と違って、ちゃんと展開が早い!
それと、ものすごいお金かかってんなー…って最初のシーンから見せつけられる感じ。

そのあとシン・ゴジラ。
こちらは初めての4DX体験。
本編始まる前から、椅子がゴトゴトし始めて…ヤバイかも…と思いました。
酔うかもしれんと。

本編がはじまってしまえば、最初から最後まで怒涛の展開で、ものすごい面白かったし酔わずに済みました。
水も最初嫌だったんだけど慣れてきて楽しくなってきたし。
耳元に空気が出るのは最後まで慣れなかったけどね!
っていうか、興味があっただけでさほど期待してなかったんだけどめっちゃ面白かった。
なんかもう、庵野さんノリノリだったんじゃないかなーとか。もうエヴァの新作これでいいよw みたいな感じになりました。

あ、あと、高橋一生さんが素敵でした。
それと、石原さとみさんの後ろにいるマフィア梶田氏に釘付けだった。

映画を観るのって結構エネルギーが必要だなぁと見に行くたびに思います。
けど、やっぱり楽しいですね!

アイアムアヒーロー

2016.05.29 Sun 01:54

映画のアイアムアヒーローを見に行きまして、そのままそのコラボのリアル脱出ゲームに行きました。
映画は、ポップな予告映像に反して……バイオハザードじゃん? という感想。
グチャグチョな内容でした。

高校生の時、あまりにも暑いのでビデオレンタルで見た、海外のB級ホラー映画を思い出したりしましたよ。
というか、和製ホラーは全然怖くないのですけど、驚かせる目的のホラーは得意じゃないです。
とはいえ、話はすっきり終わっていたのでそれは救いかなと思いました。

その後に、リアル脱出ゲームに行ったので、もう……怖くて。
結局最初から時間がかかりすぎてしまったり、最後のひと仕上げが足りなかったりして脱出はできず、追加料金で延長もせずでした。
狭い施設を歩きまわる脱出は久しぶりでしたが楽しかった。
でもあれね、暗いのはやっぱり不便ですね。

でも、電話を使ったりPCを使ったり、タブレットを使ったりの脱出ゲームは新鮮で面白かったです。
同じような感じのやつにもまた行きたいな。

あ、映画館は新宿ピカデリーに行ったんですが、あそこの映画館いいですね。
うまく言えないけど内装とか椅子が赤くないのが新鮮でいいです。
あまり行く機会がないので、機会を作って行きたいかなと思います。

ホラーと言えば、ホーンテッド・キャンパスの映画をやるみたいですね。
ロゴがものすごいポップでびっくりしました。
原作は好きだけど……見に行かないだろうなぁ…。

あと、新宿に行ったのでドラクエヒーローズ2の黒板アートをちょろっと見てきました。
Twitterの画像では、イラストが精巧すぎて黒板アートだってわからないくらいだったので、現物を見られてよかった。

160528-1

書いてることがとっちらかっていますが、新宿駅着→DQH2のアート→映画→後楽園に移動して脱出ゲーム、の順です。
そして、最後は立石のお寿司屋さんでごはん!

160528-2

ちょっと遅くなるとすぐにネタやらシャリやらが切れてしまうので、ちょっと早めから。
いっぱい食べられて満足でした。

同級生を見てきた。

2016.02.25 Thu 00:15

映画『同級生』を観てきました。

私は、寝る前はほぼ必ず、神谷さんの出演されているドラマCDを聴きながら眠りにつきます。
最初は、不眠が酷い時に明るくしているともっと目が冴えてしまうので音に頼りだしたのがきっかけ。
最初は音楽を聴いていたんだけど、眠るには向かないと、あれこれしてるうちにドラマCDにたどり着いた。

ジャンルは、BLでもノーマルのでもその日の気分で色々と。
読み聞かせられているように、その景色を空想しているうちに眠れる。
それ以来、ドラマCDを買ったら寝る前に聞くので、なかなか最後まで聞けないこともあるくらい。

同級生は多分、続編の卒業生のCDが出る少し前くらいに聴いて、ピュアですこし懐かしい世界観と、神谷さんの演じるお芝居もちょっとめずらしい感じで、とても気に入って、何回も何回も聴いてる。

これがアニメ化するって聴いた時、最初OVAなのかなと思ってたので、映画でやるってきいて驚いた。
単館上映でこっそりやるのかとおもいきや、あっちこっちでCMしてるしほんとにびっくりした。
でも、最初の予告映像を見た時に『あ、本気なんだ』って思って、公開をすごく楽しみにしていました。

やっと今日見に行けて、パンフとか売り切れで買えなかったけど、とにかく見て。
すごいものを見たと思った。
ドラマCDを何度も聴いたあと、最近になって漫画を読んだんだけど、なんていうかもう、漫画のアレがそのまんま、映画館で色がついて動いてた。

お芝居は、CDの時とはまた少し違う感じで、草壁はだいぶ真面目っぽくなっていたし、見ながら『神谷さんの声がだいぶ低くなってるな』って改めて思ったんだけど(8年経ってるらしいです)、でも良くて。ちょっとしたところでなんていうかもう…青くて恥ずかしくてニヤニヤしながら見ていました(マスクしてて良かった)。
見ながら、嬉しいなってこんなに思ったのって初めてかもしれない。それくらい素敵な映画でした。

あと、発売日だったので、神谷さんの新しいシングルCDを受け取り。

160224-1

PVはストーリー仕立てでコミカルだったりかっこよかったり。
ジャケットは、昔のハリウッド映画みたいですね。

今年、キラフェスは申し込まなかったんですが、『スノウフレイク・ワンダーランド』を聞いてたら、ステージ上に雪が降ってくるのを思い浮かべてしまって……。少し、行きたいかもと思ってしまいました。

あ、それから月に一度の美容院に行ってきました。
綺麗にカラーしてもらって満足。

Total:441948 t:40 y:140