« May 2018 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 Jul »

Home > June, 2018

6月読書まとめ

2018.06.30 Sat 23:55

6月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2248
ナイス数:71

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 (角川ホラー文庫)感想
キリスト教の歴史語りの長さよ……。興味がある人にしたら面白いんだろう、と、心を無にして読み進めた。今回はさほど突飛なエピソードが出てくるでもなく、砂漠に取り残されることもなく、終わり方もきれいでした。が、戻ってからどう報告するの!?とか、突然終わってしまったので驚いた。
読了日:06月28日 著者:藤木 稟
ビロウな話で恐縮です日記 (新潮文庫)ビロウな話で恐縮です日記 (新潮文庫)感想
中村明日美子さんの表紙を書店で見て、心を射抜かれてしまい、購入に至った。読んでみたら、三浦しをん、なんて身近な存在なの!?(呼び捨ては新愛の証です)と、変に感動してしまう。自分は同年代なのですが、高校の部活(ヲタ系)にこういう感じの人いたなぁと、当時の先輩や同級生を思い出した(元気かなぁ)。本文でいうと、『紫のバラの人一同』には大いに笑わせてもらいました。
読了日:06月22日 著者:三浦 しをん
京都寺町三条のホームズ(9)恋と花と想いの裏側 (双葉文庫)京都寺町三条のホームズ(9)恋と花と想いの裏側 (双葉文庫)感想
修行中あれこれ。葵がもうすぐ二十歳になるということで、大人の関係が描かれちゃうのか!? という引きの今巻。こういう類の恋愛ものは近年数多くあるけれど、くっついたら終わりで、個人的にはちょっと物足りない。なのでこのシリーズには少し期待しています。
読了日:06月19日 著者:望月 麻衣
祈りのカルテ祈りのカルテ感想
この方の書く作品にも研修医のこと、または研修医時代のエピソードが時々登場する。でも、研修医が主人公の作品は初めて読みました。科によって特徴があって、みんないろいろな理由で決めるんだろう。話は綺麗すぎて眩しすぎるけどこんなことがあったら素敵だな、とは思う。私は綺麗事ばかりなものは信じられないのであまり好きな部類ではないかな。人間臭さ、みたいなものが足りないと思った。
読了日:06月16日 著者:知念 実希人
さえこ照ラスさえこ照ラス感想
切れ者の沙英子と人当たりのいい大城のあっさりとした事件解決。簡単に読めた。沖縄の文化が盛りだくさんで知らないこともいっぱいあった。それと、ルートビアの飲み放題は勘弁してほしい。
読了日:06月14日 著者:友井 羊
深夜のラジオっ子 (単行本)深夜のラジオっ子 (単行本)感想
コラムが、すごく面白かった。私は今はアニラジしか聞かなくなっちゃったけど、若い頃は深夜ラジオも昼の帯もなんでも聞いてて、どれも面白かったなとか、当時、ダイヤル式のラジオのそれぞれの局の所に油性ペンで線書いてたなとか色々思い出した。それぞれの作家さんの部分に関しては、そうしないと生き残れないんだと思うとは思うけど、ギラギラしすぎていてちょっと胸焼けする部分もあったなー。
読了日:06月10日 著者:村上 謙三久
額を紡ぐひと額を紡ぐひと感想
流星群を見たことがあるけど、怖いっていう気持ちはすごくわかる。
読了日:06月08日 著者:谷 瑞恵

読書メーター

住所変更

2018.06.25 Mon 21:52

4月に引っ越しをして、やっと免許証の住所変更に行けたー。
なんかバタバタしちゃって全然行けなかったな。

今の仕事はじめてからどんどん勤務時間増えてるし。

8月は休みで9月は時間少なめなので、その間は運動不足にならないように歩いたりしたい。
せっかく川の近くに引っ越したから歩きに行きたい。

3ヶ月に一度の咳の薬もらいに病院にも行ってきました。
休みの日にいろいろ済ませられてよかった。日焼け止めも買ってきた。アネッサの金色のやつ。

ボドゲ会

2018.06.25 Mon 01:57

近頃マメに開催されているボドゲ会。
いつも全然写真とか撮らないので、今回は撮ってみた。けど、なんかよくわからない感じになりました。

パスファインダーっていうゲーム。
取説の翻訳がわかりにくくてとっかかり時間がかかりましたが、慣れたらもうちょっと早く遊べそうな気がする。

他にもみんなが持ち寄っていろいろやってますよ。

図書館本

2018.06.25 Mon 01:48

私はあまり古い本は借りないので、自分が借りる本は変なことになっていないのですが、いろいろ細工されてることがあります。
面白いなぁと思う。と、同時にやめてくれー!とも思う。

  • ハードカバーのスピン(しおり紐)の先端を玉結びにする人。
    案外多い。ネットで検索すると自分の本を好んでそうしている人もいて、「みんなやればいいのに」と書いてあったので、そういう考えがあるんだろう。
    だけど、書架整理のときにスピンを見えないように本の中に仕舞いたいので、結んであると本が凹んで正直ちょっと迷惑。
  • 破れてたり、ページが取れたのをセロテープでご丁寧に修理してくれてる
    これが一番やっかい。
    親切かもしれないけど、全部剥がして直さなきゃいけない。剥がすと紙がベタベタになる。
    気づかずに数年そのままになってしまうと、セロテープが劣化して紙が茶色く変色してしまう。
  • 栞のない本(特に単行本に多い)の、本の背に縫い糸を貼り付けてスピンが自作されてる。
    ないのが不便なのはわかるけど、細い糸が引っかかって紙が破れたりするのでやめてーと思う。見かけると取ってる。
    スピンが劣化して短くなっちゃってるのを糸で延長されてるのもたまにある。
  • 誤植を直されてる。
    それでも書き込みになる。

皆さん、よく思いつくなぁと思います。

梅雨空

2018.06.21 Thu 03:36

眠れなくて、深夜にぼんやり窓を開けるのが好きだ。

長い1階暮らしから、3階寝室になったからだ。川沿いの家はのどかで、鶏の鳴き声に起こされ、深夜に窓を開けているとすぐそこの土手の向こうから川の流れる気配がしてくる気がする。

たまにはセンチメンタル? 物思いにふけることもあるのです。雨音落ち着くなーとか、深夜の月がきれいだなーとか、窓を開けて、ベッドに膝立ちになって眺めるのです。

と、膝立ちをしたら猛烈な痛みに襲われました。先日、交差点で自転車同士で接触しまして、左膝ボロボロです。相手に怪我がなさそうだったのがなによりでした。

私の膝はキズパワーパッドが今頑張っているところです。

怪我が多い

2018.06.15 Fri 02:49

引っ越しをして2ヶ月。
猫は追いかけっこして階段を駆け上がり、私の水回り掃除も徐々にサボりが目立ってきた今日このごろ。

それはそれとして怪我が多いです。
今日は仕事を行くときに玄関外の階段を3段駆け下りて膝を打って出血。
昨日は熱いとわかっているトングを掴んでやけど。圧力鍋の蒸気をまともに浴びて指先やけど。

気をつけないといけないなと思っていますが、どうにも不注意な性格です。昔からだけど。
でも、こうしているとそろそろ大きな怪我もしそうな気がする。

Total:489271 t:86 y:32