« May 2018 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

編み物。

2012.04.24 Tue 05:48

120423-1.jpg

 最近、飽きてしまうのでクロッシェとタティングを同時進行しています。
 タティングは糸の長さが合わなくてイマイチ綺麗に編めずちょっと苦悩。

 クロッシェはチューリーップ模様を編んでます。まだ葉っぱ部分。
 引き上げの長編みがあるのですが、この編み図は何度も編み始めては気に入らずにやめてを繰り返していましたが、今回はちょっと進んでます。少し立体的になるのが美しい。
 あと、編み方も放射状に広がるだけではなく、ちょっと渦を巻くように広がっていくのが楽しいです。

 タティングは手慰みなので仕上げないかな…。

Snow flower

2012.03.15 Thu 06:31

120314-1.jpg

 タティングレースー。
 ON THE SUNNY SIDE OF THE STREETさんのフリーパターンからSnow flowerを編んでみました。
 ピコットの長さをちょっと長めに編み始めちゃったみたいで、形がちょいと歪んでいます。その割に中央のピコットだけキツイ。もうちょっとピッタリ編んでおけばよかったなぁ。

薔薇の方眼編みレース

2012.03.13 Tue 10:35

120313-1.jpg

 今回は薔薇の方眼編みレースを編みました。
 大した面白みもなくひたすら鎖と長編みを繰り返します。
 方眼編みは実は苦手ですが、輪編みならなんとかなるかとおもってチャレンジ。
 編み図が普通と少し違うので若干戸惑いつつも無事に編めました。

 全体的に花模様になっていて、ちょっと可愛らしい感じ。

120313-2.jpg
 全体図

8号レース針

2012.03.02 Fri 17:57

120302-1.jpg

 40号糸を編む時によく使う8号のレース針を新調いたしました。
 今まで使っていた8号は、だいぶ前…実家を出てすぐに、引っ越してまだ娯楽が何もなかった時に買ったものなのです。

 メーカーもよくわからなくて(KAと書いてある)、ちょっと前にレース編みを再開する時に引っ張り出してきた中にあったものなのです。

 私は、手汗が酷くて、金属類はもれなくサビます。
 特に縫い針は酷くてすぐに引っかかるようになるので、消費が激しいのです。

 そんなわけで、編み針もサビます。
 もち手の部分はすぐにコーティングが剥がれて、ジャリジャリしてくるんですねぇ…。
 この前久々に出してきたらなんかカギの部分も若干引っかかりができてました。

 そういう理由で新調。
 今度のはクロバーの普通のです。
 持つ部分の厚みが少し違ってて、前の方が薄くて、軽くてちょっと使いやすかったような気がする…けど、もう売ってないだろうしどこのやつかもわからないと。

 新しいのは他の号数と同じ手触りなのですが、8号だと思うと、軸の部分がちょっと太くて、ゆるくなっちゃわないかなー…と少し不安。ただでさえ鎖編みが緩みがちなのにー。

 なにはともあれ、これで手の痛さから少し開放されると…いいな。

 糸も色々試してみたくて、ミルフローラの生成りを入手しました。
 DMCも探して手に入れたい。

 ダルマもオリムパスも40番になると突然シャリ感が強くなるので、もう少し柔らかい40番糸に出会いたいなと思っている今日この頃。
 エミーグランデくらいのふんわりした40番糸って存在しないのかな…。細いから無いかなぁ。

海外の編み物の本

2012.02.16 Thu 23:41

 日本の編み物の本は絶版の古い本も色々見たりしているのですが、やっぱり著者によってデザインが似たものが多かったりで、どうしても似た感じのデザインが集まってるような気がします。

 そんなわけで、たまーに海外の編み物の本を見たりもしています。
 海外のものはちょっと見栄えが違うものがあるので、編みたいなぁと思うのです。

 タティングの本は、割りと簡単に解読ができたのですが、この度かぎ針の海外の本を入手しました。
 …が。

 編み方わかんねぇぇ。

 日本のものと違い、編み図記号が無いので、短縮された用語で説明されているのですが、それが…ページいっぱいに英語で記述されているので、それだけでクラクラしてきます。

 一度編み図を起こしてから編んでみようかと思ったのですが。。。眺めて書いてうわぁぁぁと本を投げたくなります。

 でも、写真を見ると、よく見るものよりも立体的な仕上がりになっており、編んでみたいなぁ…と思う。
 学生の時に手芸を習った時に教えてくれた先生が、日本の編み目記号の開発に関わってたという話を聞いたことがあるのですが…。
 マジ日本のそういうところすごいと思います。
 パッと見て、図案で編み方がわかるっていうのがすごい。

 言葉がわからなくても編めるという感動があるのです…。
 世界で統一してくれないかな…。

 あ、略語をネット検索してたら、逆に海外サイトで日本の編み図記号の解説してるページを見つけました。
 ううん、いつか編みたい。

ドイリー

2012.02.16 Thu 06:41

120215-1.jpg

 かぎ編みのドイリーです。
 この編み図には長編み5目のパプコーンがあるのですが、私パプコーンと長編み5目一度を一緒くたに記憶していたらしいことが判明しました。

 編み始めて、なんでぷっくりしないのかなーと思い、ネットで調べてみると、私と同じような勘違いをしている人がちらほら。
 それを見てはじめて、間違いに気づいたのでした。
 かぎ編みはじめて20年くらい経ちますが、パプコーンを編む機会ってこれまで無かったような気がする…。

 思い込みって怖いですなー…。
 一つ勉強になった次第です。

使用材料

マルチカバー

2012.02.13 Mon 02:54

120212-1.jpg

 レース編みでマルチカバーを編んでみました。
 大きさは猫と比較。
 小さめのひざ掛けくらいあります。

 編み図はひたすらにシンプル。
 巻きかがりがとても面白かったです。

 あたらしテレビにかけてます。いまのところ。

 糸はダルマのスーピマクロッシェソフト10番。
 かぎ針は3/0号を使いました。

モチーフモチーフ―太い糸のレース編み

発売元: 雄鶏社
発売日: 2005/02

 編み図はこの本にありました。
 テキストのものより2列ずつ少ない小さい仕上がりです。

 これを編む時に初めて、レース糸の10番というものが存在することを知りました。
 ダルマの糸はあまり使いませんがよい手触りで気に入ったのでこれからも使うかもしれません。色も割と豊富だし。
 ただ、10番の糸は25g巻しかないみたいで、すぐに1玉終わっちゃうところがちょっとなぁ…。糸も太いので50g巻があればいいのになと思いました。

ミニドイリー

2012.02.01 Wed 00:53

120131-1.jpg

 タティングレースのミニドイリーです。
 2色使いのタティングにちょっとハマりまして編みました。
 全体で3段しかないのですが、3段目のチェインがながーく続くため、直径18センチと大きいです。
 長いチェインは引き具合で長さに差が出てしまうのでバランスを取るのがちょっと難しかったです。

 最近、タティングばっかりでしたが、またちょくちょくかぎ針もやっています。
 同じ糸を使っているのに全く違う雰囲気のものが出来上がるのが楽しいですね。

ハートのコースター

2012.01.26 Thu 06:17

120125-1.jpg

 yasasiikazeさんの編み図。ハートのコースターです。
 編んだのは初めてじゃなくて何枚も編んでます。

 黒いのを常用してます。
 可愛いし、うちのウッドコースターの上に乗せるのにちょうどいいです。

ローズ・ガーデン

2011.12.30 Fri 15:22

111230-1.jpg

 半年以上かけてやっとタティングレースのドイリーが完成しました。
 編みかけの様子をちょいちょいTwitterであげてましたが、本当にようやくです。

 80番の細い糸を扱うのも初めてで、糸の引き具合や締め具合がこんなにデリケートなものとはわからず、一番最初の頃は糸を切ってしまったり、途中から慣れてきたから、完成してアイロンで平らにするのがすごく大変だったりしましたが、やっと完成です。
 糸は5g巻のものを5個くらいだったかな。途中で足りなくなってしまって、売ってる所があんまりないので苦労した覚えがあります。

 次は何を編もう?100番糸があるのでまた大物やってみようかなぁ…。

111230-2.jpg

  • レース糸…DMCスペシャルダンテル80番#48

Total:477632 t:110 y:119