« Feb 2019 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2019年1月読書まとめ

2019.01.31 Thu 23:59

1月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2059
ナイス数:129

本と鍵の季節 (単行本)本と鍵の季節 (単行本)感想
高校生の老成した感じだとか、結末が重い展開を迎えることとか、この作者さんの本はどれも好きです。913と、ロックオンロッカーはすでに読んだことがあったので再読でした。同じ登場人物だと始めて気がついた。図書分類とかバーコードラベルとかは自分にとっては身近なのですごく楽しめた。
読了日:01月31日 著者:米澤 穂信
ボクたちはみんな大人になれなかったボクたちはみんな大人になれなかった感想
よくわからない懐かしさと、わけもわからず感傷的にさせられる本だった。私の過ごした90年代後半とは全然違うけど、あの時代を思い出させられる。あとで振り返ると痛々しくて恥ずかしくなるようなことかもしれないけど、そのときは確かにキラキラしてたんだなと改めて思う。
読了日:01月28日 著者:燃え殻
そこにいるのにそこにいるのに感想
ホラーでびっくり。なかなかに、怖いもの揃いだった。六年前の日記のインパクトが一番大きい。エゴサのやつ、痛い、は読むのが嫌になる。そういうキツイのが続く。でも読んじゃう。結局、クママリってなんなの?それが一番怖い
読了日:01月28日 著者:似鳥 鶏
あの頃の想いと優しい夏休み-京都寺町三条のホームズ(11) (双葉文庫)あの頃の想いと優しい夏休み-京都寺町三条のホームズ(11) (双葉文庫)感想
円生目線。こんな感じだったんだなという感じ。それと、『あの月に行ってみたいですね』エロっ…
読了日:01月21日 著者:望月 麻衣
わたし、定時で帰ります。わたし、定時で帰ります。感想
面白かったー! 途中から真剣になってきてつい一気読みした。仕事から帰って来ない夫の写真をテレビの上に飾って『遺影』と称する母親のセンス、めちゃくちゃ好き……ッ。戦時中の無茶な作戦と職場の現状がリンクして、腹立たしいことも時にコミカルに消化していく感じが気持ちよかったです。
読了日:01月19日 著者:朱野 帰子
スープ屋しずくの謎解き朝ごはん まだ見ぬ場所のブイヤベース (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)スープ屋しずくの謎解き朝ごはん まだ見ぬ場所のブイヤベース (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
恋愛模様も進展しそうな今巻? 小学生に焦点があたったりしつつ今回もほっこりしたお話をいただきました。ただ、今回のスープはさほど惹かれなかったなぁ。奇抜なものが多くて想像しにくいのかな…。
読了日:01月16日 著者:友井 羊
あなたはここで、息ができるの?あなたはここで、息ができるの?感想
なんだこの話? 勢いと雰囲気だけで読ませられて、何かなんだかわからない。
読了日:01月15日 著者:竹宮 ゆゆこ
バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)感想
ベアトリーチェの踊り場、読みやすくて面白かった。いつもの長編もこのくらいの軽さだとありがたいんだけどな。他、ジュリア、エリザベート、チャンドラ・シンの周囲のことや人となりが掘り下げられていて、理解が深まった巻でした。それにしても、チャンドラは厄介ですね(笑)
読了日:01月07日 著者:藤木 稟
読書メーター

猫ワクチン

2019.01.30 Wed 03:03

夕方から動物病院へ。
合計6キロ以上を背負って自転車でスイスイ…とは行かず。
自転車のタイヤの空気が甘いのもあって、尻が痛くなりながらえっちらおっちら行ってきました。

体重も減ってないし、高齢になった割には順調かな。
もうキッチリ毎年じゃなくても任せますよってことだったので、これからはいっそワクチンやめて、血液検査を毎年にしようかなぁ。

外にも出さないし、副反応も怖いので、そろそろ切り替えていくほうが良いのかもしれないとちょっと思います。もうすぐ12さいになるしね!

病院での猫たちは、診察台に乗るのはものすごく嫌がるくせに注射されるときはおとなしいのです。
帰ってきて、体調に気をつけてますが、今回も問題なさそうかな。

ボクたちはみんな大人になれなかった

2019.01.28 Mon 02:02

何ヶ月か前に予約していた本が手元にやってきました。
読書系のSNSのランキングを気が向くと眺めては、気になったものを図書館で予約入れる読書の日々です。

それにしても、引っ越しをしてからこっち、あまり冊数稼げずにいます。
今まではそんなに心に響かない本でも2~3日もあれば読めたのに、最近はそれなりに面白い本でも1週間かかったりする。やっぱり生活が変わって落ち着けていないのかもしれない。

この本も返却日が間近で、ひょっとしたら読み終わらないうちに返すことになるかもしれないと思って読み始めたんだけど、面白いです。150ページくらいしかないし、すぐに読み終わっちゃうかもしれない。

90年代の大人になりたての男女の、ちょっと排ガス臭くてネオンが光って見える舞台に夢中になる。

自分が若い頃に売れ線の作家から生まれるこういう話はたいていバブルで、自分は子供すぎて外国みたいに思える部分も多い。
だけど、90年代中盤から始まるこの話は、自分でも覚えのある時代で、それでいて東京と地方では世界が違うから、ファンタジーのようでもあって、不思議な感じがする。
でも、読んでいると、この頃に500mlのペットボトルが急に普及してきたなぁとか、都度、その頃を思い出したりするのです。

今、あの時代を生きたいとは思わないけど、10代を生きたあの頃のことは、良い思い出で楽しい時間だったなぁと、なんとなく思い返しながら読んでいます。

ボクたちはみんな大人になれなかった
ボクたちはみんな大人になれなかった
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 1,404
  • 発売日: 2017/06/30

病院【165】

2019.01.24 Thu 20:26

おくすりなくなったので。

予約しておいて行ったのですが、さっぱり呼ばれずに不安になりました。
後から来た人が先に呼ばれるしね。
空いてるときもあるんだけど、混んでるときは予約しててもそれなりに待たされます。

待ち時間は似鳥鶏の『そこにいるのに』っていう本を読みながら呼ばれるの待ち。
いつもミステリーなのでそのつもりで読み始めたらホラーでびっくり。
幽霊とか怖くないんだけど、このホラーはなかなかに怖い(まだ途中)。

いつもの薬と、自立支援医療の更新のための診断書を出してもらいましたよ。

薬局は、すぐに呼ばれてよかったんだけど、この時期インフルエンザめちゃくちゃ流行ってるからそういう機関に行くのはちょっと怖いですね。
ぴっちりマスクして絶対外さない方向でいました。

著者 : 似鳥鶏
河出書房新社
発売日 : 2018-11-26

NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUSⅢ-

2019.01.21 Mon 01:36

6年ぶりのオーケストラライブに行ってきました。

6年前…? そんな前だったんだなぁと思うけどさっぱり実感がわかない。
ついでにいうと2回目のGRACEのときは体調もあまり良くなかったみたいで、あんまり記憶にない。
土曜日に行ったっていうことと、アリーナAブロックだったってことと、周りに女性がものすごい多かったことは覚えてる。
だけど、開演してからあとの記憶がない…。

土曜日だから映像にも残ってないし、はて、私は本当に行ってたのかな…行ってたんだけど。

そんなわけで6年ぶり。

今回はSSAでもアリーナモードなのでかなりコンパクトに感じました。
FCチケットも1限だったから一人で行ったし。座席は400Lvの広い座席のところだったからゆったり楽しめましたよ。

土曜日に19,000人入ったって見て、アリーナモードにそんなに入るかいな? と思ってたんですけど、行ってみたらアリーナ席はギュウギュウだったみたいだし、スタンド席も上手下手目一杯入ってたから…確かにこれはそのくらいいたのかもしれないなぁと思った次第です。

曲目その他については、この6年間の曲と懐かしくてあまり聴く機会がない曲もあったりで、良いライブ(?)でした。
Nocturneが好き…というかたまに脳内を流れ出して止まらなくなる曲なので、生で聞けて嬉しかったり。

あと、衣装替えのときとかオープニングでクラッシック演奏もあったんですが、生演奏は良いですね。
あまりにも素晴らしくて、オーケストラコンサートとかに足を運ぶのも良いのかもしれないなぁと思ったりしていました。

普段のライブと比べると曲数も少ないのですが、でも満足度はたっぷりでしたよ。

Read more>>

映画と脱出とボドゲと…

2019.01.15 Tue 15:14

日曜日、Fate/stay nightを見てきました。
続きは来春だそうで、それまでにどこまでだったか忘れちゃいそうよ。

月曜日はリアル脱出ゲーム。原宿に行く前に神保町でカレー食べました。
欧風カレー美味しい。

脱出失敗してしまいましたが、面白かったです。

終わったあとは秋葉原のボドゲスペースへ。
先日Radio 4Gamer Tapでやってた『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。』っていうのがめちゃくちゃおもしろかった。
変なやつばっかり出来上がって笑いとまんなくなった。

他にもいろいろ持ってないやつやりましたよー。

たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。
  • 発売元: 株式会社クラグラ
  • 参考価格: ¥ 3,400
  • 対象年齢: 13歳以上
  • プレイ人数: 3~6人
  • プレイ時間: 15~30分
  • ゲームマーケット大賞2018優秀作品賞受賞

PQ2クリアしたよ

2019.01.10 Thu 02:30

数日前、PQ2クリアしました。

3つ目の映画のボスが強くて(というか面倒くさくて?)嫌だなーと思いましたがそれ以外は特に大変なところもなく終わり。
ストーリーも結構良くて、お気に入りです。

50時間位でした。

終わって世界樹Xに戻ったのですが、やっぱりこっちのほうがいろいろ大変ね。
PQ2は前作のPQよりも地図書きとかFOEとのエンカウント的な意味でも簡単でした。前作はお神輿マッチョ4人組のFOEが嫌すぎて辛かったのですが、今回はそんなこともなかった。
ワープのところもまぁ簡単だし。

その調子で世界樹はじめたら…やっぱ辛い。
好きなはずの地図書きがさすがに複雑だったりするよねぇ。

世界樹の方は桜ノ立橋が終わって古跡ノ樹海に入ったところ。
浮島で移動するのも過去作より複雑になってる気がするし、古跡ノ樹海はどうあってもFOEとエンカするので諦めて戦ってみたら弱かったっていうオチ…。
桜のほうのFOE突き進む犀角は結構ギリな戦いになったのでした。同じ青なのにおかしい…。

こちらもいい加減クリアしちゃいたいな。8月だもんなぁ…出たの。

あけましておめでとうございます

2019.01.01 Tue 03:39

2019年になってしまった…。早い。

こうしてあっという間に老いさらばえていくのだろうなという恐怖に最近悩まされている初老です。こんばんは。
2018年はちょっと活動量の増えた年でもありました。
主に、メンタル面がだいぶ回復しているのだなと感じました。1ヶ月半、熱が出て1日早退したけど、朝起きて体が固まって動けなくなることもなく、普通に過ごせたのすごくない? って感じ。
ただ、限界も知っているのでそれを超えて頑張れないっていうのは後遺症といえば後遺症なのかな。

今年はどんな1年になるのかさっぱりわからないけど、楽しく過ごせたらいいなと思ってる。

どうぞよろしくおねがいします。

12月読書まとめ

2018.12.31 Mon 23:59

2018年の読書メーター
読んだ本の数:100
読んだページ数:30520
ナイス数:1611

今年はあまり読めなかったけど100冊到達できた。ギリギリ……

12月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2195
ナイス数:133

ひとつむぎの手ひとつむぎの手感想
最初、なんて胸糞悪い話なんだと憤りながら読み進めた。でも、序盤から信頼を得て、読み終わってみたら熱い人間ドラマだった。面白かった。
読了日:12月30日 著者:知念 実希人
夏を取り戻す (ミステリ・フロンティア)夏を取り戻す (ミステリ・フロンティア)感想
なんで96年だったのかな? とはいえ、懐かしいあの時代を舞台にした、読み応えのある話でした。
読了日:12月29日 著者:岡崎 琢磨
ショコラティエショコラティエ感想
読み始めてすぐに、転機がどこで訪れるのか想像がついて、そこに向かって読み進める形になった。読む前、ショコラティエの活躍の話かと思っていたら小さい頃から始まって驚き。しかも、読みたかった展開が訪れたところで終わり。これから先が読みたかったな。
読了日:12月23日 著者:藤野恵美
見習い鑑定士の決意と旅立ち-京都寺町三条のホームズ(10) (双葉文庫)見習い鑑定士の決意と旅立ち-京都寺町三条のホームズ(10) (双葉文庫)感想
恋愛色強めなキャラミスは色々読んでいるけれど、どれも付き合ったら終わりで個人的にはものすごく物足りないと思っていました。なので、私はこういう展開は大歓迎です。途中、あまりにも大きな事件のニオイがしたことに驚きましたが、今回相談があったような事件に巻き込まれていくような話も読みたいなと思いました。それにしても、完璧超人のような清貴が葵のことになるとグダグダ悩んだり焦ったり緊張したりしているギャップがたまらなく良い。
読了日:12月16日 著者:望月 麻衣
美少年М (講談社タイガ)美少年М (講談社タイガ)感想
脳内会議。アーチェリー女学院に潜入の眉美。シリーズもそろそろ解決が見えてくるのかなぁという感じでしょうか。このシリーズはいつも前の話を忘れていて、読みながら思い出す。そうだった、映画みたいなの作ってたなー。くらい忘れている。
読了日:12月13日 著者:西尾 維新,キナコ
ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語 (角川ホラー文庫)感想
ボツネタ大集結!?と思えるような百物語。そして魔女狩り。尉面の呪い。魔女狩りとモラハラの組み合わせは凄まじくベストマッチだなぁと。そして、そういう人、ちょいちょい居るなぁと嫌な気持ちに。面のそれは、長い時間かけて、面を作った奴の執念が実を結ぶ。いやぁ凄い。自分自身も人より前に行こうとする気持ちが無い人間なので、コーチみたいなやつ、嫌いだなぁ。他人を期待するのも失望して酷く当たるのも身勝手な行為でしかない。
読了日:12月10日 著者:櫛木 理宇
東京すみっこごはん 楓の味噌汁 (光文社文庫)東京すみっこごはん 楓の味噌汁 (光文社文庫)感想
全員がすみっこごはんの仲間になるわけじゃない。綺麗事だけではないリアルさでこれも良い。苦味も効いていて、やっぱりご飯は美味しそう。
読了日:12月03日 著者:成田 名璃子

読書メーター

6週間終えて

2018.12.22 Sat 05:56

睡眠に不安を抱えて、今までずっとフルタイムをこなすのは恐怖があったんですが、どうにか6週間乗り越えることができました。
最後の方は少し生活リズムも整ってきたかな? って感じ。

全日程を終えて、帰りに図書館へ。
図書館も今年最後の開館日。明日から工事で完全休館。
本を借りつつご挨拶してきました。

で、落ち着いて家にいたらすごく眠くなって寝ちゃって、0時半のラジレンジャーのタイマーで目覚め。
もう十分すぎる睡眠時間を摂ったため眠くなくて、朝ですね。

でも、もう一度寝よう。

しばらく目覚まし時計セットしなくていいので嬉しいですねー。
春まで冬眠します。

Total:497531 t:97 y:31