皆川博子という作家の存在を知ったのは、桜庭一樹の読書日記だった。
耽美な世界観と薔薇モチーフに魅力を感じて読んだのが最初。

それから、少しずつ読んだりなかなか読めずに積んだりしている。

新しく出版される、もっと気軽に読める本ばかり数をこなして、こういう時間がかかるものは全く読めないまま時間ばかりが経過している。
近年、日下三蔵さんという編集さんが深い愛としか思えない熱量でもって、皆川博子作品を再び出版し続けている。
読み始めてすぐの頃新刊で読める本はあまりなく、古書を探しては手にとっていた。私の家にある薔薇密室も、総統の子らも、死の泉も、恋紅も古書です(もっとあるけど)。
当時の古い本だからのめり込めるというのもあったと思う。今どきの絵柄の表紙や新しい紙では物足りないなと思ったりもする。

だけど、古書ですらなかなか巡り会えなかったような短編が近年出版されるので、文庫で出る分には買ったり、積んだりしていた(積んでるのは新しく出版された長篇ばっかりで短編は結構読んでるけど)。
そんな中、当時流行だった新書でミステリを結構多く書かれている事は知っていても、こればっかりは読む機会はないだろうなとなんとなく感じていた。

そんな中燦然と現れた『皆川博子長篇推理コレクション』だ。
3,000円の全4巻。うーん、これは買うのは難しいかなと感じていた(同じ理由で皆川博子コレクションは買えていないから)。

そんな折、ネットで見かけた軍艦島の写真が妙に気になってWikipediaで記事を読んでいた時のこと。舞台とした作品という項目に皆川博子『聖女の島』というのが載っていた。これがかつて講談社ノベルスから刊行された作品だということで、それ系の作品に俄然興味が湧いて、この全4巻を購入しようと思うに至った。まあ、聖女の島は幻想ホラーらしいので推理とは違うようだけど。

e-honで注文をして届くまでの間に読んでいた似鳥鶏の『難事件カフェ2』を読んでいたところ、推理作家と並んで皆川博子の名前が出てきたので、これは読む運命だなと感じる。

MASOCHISTIC ONO BANDミニアルバム、6.9が本日発売。
A&G SHOPからきょう届きました。

DGS関係、特にMOBの音楽はなんだかものすごい心が揺さぶられます。ちょっと懐かしいのかなぁ。
子供の頃から10代くらいまでの時って音楽を聴くのがすごく好きだったんだけど、聴いてると寂しくもなってきて、すごく不思議な気持ちになっていました。
最近はそういうことはほぼないんだけど、MOBに関してはワクワクと同時になぜかものすごく寂しいというか、ノスタルジーな気持ちになります。最初の曲からそれは変わらずにずっとです。

あと、今回のミニアルバムに関しては、ライブを意識してるなーって思ったり、ワーワーした環境で生で体感したかったなと、すごく思ってしまった。
昨日、払い戻し手続きしたので寂しさもひとしおです。

6月になって仕事も復帰。そこそこバタバタした日を送ってます。
家にいる時間は大体無人島にいる。あつ森。

今日は島クリエイトで土地を掘ったり盛ったりして色々構想を練っていたのですが、崖には橋が掛けられないと知ってショックを受けているところ。
いつか実装して欲しい。崖に橋…

大体眠れないまま5時になってあつ森入って、化石取ったり木揺すって家具拾ったりして、寝る。
夜は離島に行って釣りするけど、10時過ぎてるから売らずに適当に飾ってたら島の評価が星5になってました。

いっそ、1.5倍で売れるキャラが来るまで売らずに貯めようかとか思ってるところ。

かれこれ2週間も本を読み終わらずダラダラ寝落ちしながらよんで、今日やっと読み終わった。今月後半は頑張らねばいかん。

あと、Switchのリングフィットアドベンチャーやってるけど痩せる気配はない。片足立ち出来るようになったので、成長はしてるらしい。

5月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:3156
ナイス数:104

これは経費で落ちません!7 ~ 経理部の森若さん ~ (集英社オレンジ文庫)これは経費で落ちません!7 ~ 経理部の森若さん ~ (集英社オレンジ文庫)感想
合併やら、周囲の結婚やら、色々落ち着かない森若さんだった。癖の強い社員に囲まれながらも、森若さん、実際に居たらなかなか怖い存在かもなぁと思う。今回も面白かった。
読了日:05月22日 著者:青木 祐子,uki
難事件カフェ (光文社文庫 に 22-4)難事件カフェ (光文社文庫 に 22-4)感想
最初から最後まで理不尽な気持ちが付きまとう。最初は退職が受理されていない事の理不尽さ。それからは事件にまつわるいろいろな出来事だとか。莉子は急に仲間みたいに出演し始めたから違和感あるなぁと思ってたけどまさかそこまでやる?って感じ。空き家になった葛西宅、さすがに普通だったらそのまま出て行きはしないんじゃない?というのは読んでて感じた違和感。
読了日:05月22日 著者:似鳥 鶏
ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) (創元推理文庫)ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) (創元推理文庫)感想
ふたつのシリーズの登場人物が次々登場。やっぱり刊行順に両方読んで良かった。書店大賞を軸に事件があちらこちらへ。多くの人と場面が出てくるのでこれは一気に読まないとわからなくなりますね。最後は少し痛みを残しながらもあたたかい読後感。
読了日:05月19日 著者:大崎 梢
背表紙は歌う (創元推理文庫)背表紙は歌う (創元推理文庫)感想
帯の掛け替え、営業さんがやったりしてるのか…確かに、ノミネートが発表になってすぐに帯が替わってるし書店で作業してるんだろうなと思うと納得できる。今回は新しく別の営業さんなんかも出てきてどの人も個性的。取次のデビルの人は関わりたくはないけど、いるなー…って思ってしまう。続きは出ないのかなぁ
読了日:05月18日 著者:大崎 梢
平台がおまちかね (創元推理文庫)平台がおまちかね (創元推理文庫)感想
書店営業のひつじくん。作中に別シリーズの書店の話も、ミステリ作家のあの人の名前も出てきて、こういう繋がりはやっぱり楽しい。
読了日:05月16日 著者:大崎 梢
サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)感想
やっぱり長編より短編の方が面白いな。特にバイト金森くんとヤギさんが好きでした。次の巻は別シリーズの人が出てくるとの事で、そっちを先に読もうかな
読了日:05月14日 著者:大崎 梢
ボクたちのBL論 (河出文庫 さ 41-1)ボクたちのBL論 (河出文庫 さ 41-1)感想
なんとポジティブ解釈なBL論。鉛筆と消しゴムの定番CPから始まって、何の講義なのだ?この本は教科書なのか?と思って読み進めて行ったら、後日、開花した春日さんの話がめちゃくちゃ面白かった。特に、昔の時代劇をやおい的に解釈してる所がサイコーで、そんな話だったら見てみたいかも…と思っちゃうレベルだった。
読了日:05月13日 著者:サンキュータツオ,春日太一
晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)感想
杏子が多絵に渡した本とやらは、バーネットの秘密の花園だということでいいのかな?もっと読者がワクワクする感じに話されると思ったけど、それもまた秘密ってことなのかな。今回は27年前の殺人事件を追う長編ミステリ。これもいいけど、やっぱり一作目のような日常の謎の方が自分は好きかな。
読了日:05月13日 著者:大崎 梢
配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)感想
本屋さんを舞台にした日常の謎。こういうの、すごく好き。続きも読みたくなった。
読了日:05月10日 著者:大崎 梢
マツリカ・マトリョシカマツリカ・マトリョシカ感想
マツリカさんが出てこない方が面白い。増えた友達と一緒に密室の謎を解き明かそうとする様子が面白かった。マツリカさんは…どうしても読んでいて不快だなと感じてしまう。
読了日:05月08日 著者:相沢 沙呼

読書メーター

あまり好き好んでやらない針仕事をはじめました。
なぜかと言うと、布巾が欲しかったから。

とりあえず手軽に刺し子キットを買ってみた。
ひたすら並縫いだけど、これは奥が深いね。

あと今日、3月ぶりに美容院に行ったよ。
4月に自分でヘアカラーやって変な色になっちゃったところとかもキレイにしてもらってきた。

今週の後半から仕事が始まるのでそれまでに色々済ませなければ、ということでまずは病院へ行ってきました。
3月半ばくらいに秋葉原に行って以来の電車…だと思う。昼間だったので空いていましたが、駅とかは結構人が居たかなぁ。

船橋に行ったんだけど、東武の前にで店が出てないだけですごく歩きやすいんだなと感じました。

最寄り駅の書店の前にも久しぶりに通ったけど、混んだら入場規制になるみたいで並ぶ場所が外に出来てたり、色々苦労されてるんだなという感じ。

病院は窓全開でエアコンついてたのかもしれないけどめちゃくちゃ暑かった。
鞄に扇子が入ってたから良かったけど、今年の夏は色々とつらそうだなー…暑いの苦手なんだよ。

診察はほぼ待たずに、患者もあまり居ない感じであっさり終了。薬もらって帰ってきたって感じ。
明日はヘアカラーに行かねば…3月に美容院行ったきりでね……客前に出るには髪の毛がヤバすぎるので。

先月治療が終わったばっかりなのにまた歯医者さんに行ってきました…。
水曜日の夜、歯磨き後にフロスで歯の間のゴミ取ってたら、歯間治療してある白い詰め物がすっ飛んでいきました。

木曜日は休診だったので、今朝電話したら今日の夜が開いてるということで、行ってきました! 歯医者さんもこのご時世、空いてるんだねぇ…(いつもだったら2周間先くらいまで予約空いてない)。
虫歯になってたりとかもなんにもなくて、本当に引っ掛けて取れちゃったみたいで、ちょっとクリーニングしてもらってすぐに新しくつけてもらって完了。1,100円でした。
今度フロスするときは上に引き抜かないで横から取ってねって言われました…気をつけよー……

あつ森は、夜にマイル島に行って、虫取りしてる日々です。
昨日はレックスが居たので、その場で高く売れてよかったんだけど、今日はいないのでたぬき商店の横に置いて明日まで待つよ…(8割になるのは嫌だ)。

読書も面白いシリーズを見つけたのでぼちぼち。
図書館で借りた本がイマイチ合わずに、仕方無しに電子書籍で読んでます。読めるけどやっぱり感覚は違うなー。

図書館でアルバイトを始めてすぐの頃、変な夢を見ました。
私は森の中で探し物をしています。広葉樹が青々と茂った森です。私は落ち葉(何故か落ち葉も濃い緑色)に書かれた文字を見ながら目的のものを探しているのです。

私の中では、背の高い書架に囲まれた図書館が森のように見えていたようです。なんかメルヘンだよね。
でも、夢の中の私はそれはもう必死に木の葉をめくって目的のものを探していました。

5年もそんな生活を続けているとすっかり慣れて、そんな夢もそれきり見ていませんけどもね。
図書館の仕事の夢はたまに見るけれども、何故か館のつくりが違っていて、その度に真新しがったり、物凄く古かったりします。

4月の初旬から仕事が休みになって、なんか変だなって思います。森から街に出て落ち着かない感じとでも言うのかな。
そんな時はうちの本部屋の隙間にしゃがみこんで、本の背表紙を眺めたり、適当に手に取ってペラペラすると落ち着きます。何がしかの中毒のようです。
自分の部屋にも本はあるけど、落ち着きはしないんだよなー。

6月になって通常通り働き始めたら、そんな感傷に浸っていられないくらいバタバタになるんだろうなぁ。

先月はずっとMHWをやっていて、毎日狩猟の日々でした。
マム・タロスの武器も氷の強いのが出来ました。

今まで防御重視の装備でイマイチ弱い感じだった(属性耐性強めなのでやられにくくはある)んだけど、その過剰の耐性を攻撃に振ってみたら、前の1.5倍は威力上がったね。
いや…双剣って案外ダメージ出るんだねー。

あと、今更ながら特殊クラッチ攻撃のやり方を覚えたので傷つけがやりやすくなりました。
コマンド確認と練習大事。

で、5月になって。

歴戦王ネロミェール周回して、全身装備できました。

そして、あつまれどうぶつの森を買いました。
まだプレイはじめて3日くらいですが。

りんごとナシを手に入れる術がないので、どなたか…恵んでください……。

アプリもちょっとやってたし、3DSのもやってたので同じ感じにうろうろ歩いて生き物捕まえたり花育てたりしています。
やっぱり楽しいねー。

4月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:3592
ナイス数:143

化学探偵Mr.キュリー9 (中公文庫 (き40-13))化学探偵Mr.キュリー9 (中公文庫 (き40-13))感想
相変わらず面白いなぁ。認知症役に明晰夢の副作用があるとは知らなかった。他にも、撥水スプレーを室内で使うとどんな問題が起こるのか…とか、そういえば吸い込むと危ないと知ってはいても具体的にどうなるのか知らなかったなー…。
読了日:04月30日 著者:喜多 喜久
マツリカ・マハリタ (単行本)マツリカ・マハリタ (単行本)感想
肉体で体積の計算とか、『いけない!カエレ先生』を思い出した。しかし、このエロ描写本当に食傷気味です。マツリカさんがそういうキャラだったら主人公の性格がナヨナヨすぎるんだよなー…。個人的にこの二人の関係が好みじゃない。謎自体は写真の話だったり、柴山の周りに人が増えてにぎやかになってきたりして面白かった。
読了日:04月28日 著者:相沢 沙呼
マツリカ・マジョルカマツリカ・マジョルカ感想
別シリーズの時も感じたけど、主人公のムラムラ描写には違和感を感じる。これ、必要?みたいな感じ。色々と現実味が無い感じがするのに、後ろ向きな性格で人間不信な描写だけ妙にリアル。
読了日:04月27日 著者:相沢 沙呼
本屋さんで待ちあわせ (だいわ文庫)本屋さんで待ちあわせ (だいわ文庫)感想
書評集。お風呂本にしてちょっとずつ読んでた。東海道四谷怪談の章はたいへん興味深く読んだ。あと、文豪と呼ばれる人についての部分では、愛が深くて面白かった。私が読んだことがあるのはP98『倒立する塔の殺人』くらい。読んでみたい本が色々できた。
読了日:04月24日 著者:三浦 しをん
紅蓮館の殺人 (講談社タイガ)紅蓮館の殺人 (講談社タイガ)感想
クローズドサークル、そして館と名のつくミステリ。中盤くらいからものすごく面白かった。最後、気持ち悪かった部分もスッキリ解決。でも後味最悪ですね。
読了日:04月23日 著者:阿津川 辰海
ロートケプシェン、こっちにおいでロートケプシェン、こっちにおいで感想
登場人物の苗字しか出てこないから、誰と誰のことかなと思いながら読みつつ、普通に読んでいくと矛盾が出てきて、あぁ、これは騙されてるんだろうなと思いながら読んでた。わかったあとに読み返してみると、なるほどと納得。それでいくと、マックでトイレから出てきた織田が急に帰る件とかも、酉乃が言った理由とは違うことに気がつく。それにしても、シリーズこれで終わりですか?と思ったところで、続編を書きたくないとかなんとか、小説の神様に出てきたっけかなと思い出す(うろ覚えだけど)
読了日:04月19日 著者:相沢 沙呼
午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)感想
日常の謎の本、というイメージだけで読み始めたら、なんて胸キュンストーリーなの!?とびっくり。うわぁ、やられました。酉乃は最初、気難しくて何を考えてるかさっぱり分からなかったけど最後まで読んで納得&共感。うーん。やっぱりこの作者、少女の心の脆さとか、境界例みたいな人間関係を描くのが凄く上手なんだな…と感じた。ところで、「文化祭、家事にならなくて良かったわ」がずっと気になってるんだけど、何か出てきたっけ?
読了日:04月13日 著者:相沢 沙呼
掟上今日子の設計図掟上今日子の設計図感想
爆破事件解決。あっさりではあるけれど面白かった。今日子さんがとっさに英語を喋ったり、これは伏線なのかなぁ?
読了日:04月09日 著者:西尾 維新
ムゲンのi(下)ムゲンのi(下)感想
ファンタジーの世界を利用して事件解決。優しい雰囲気とカラフルで美しい世界観。感動で泣きたい人にとってはこれ以上ない小説だろうと思う。私は「ねぇ感動するでしょ? 号泣でしょ?」って押し付けられてる気がしてしまって少し苦手。途中の探偵要素と、事件のカギは病気が握っている所は好きでした。真犯人の苦しみとか、サイコな感情とか、そういうのがもっとリアルに入ってたら好きって思えたかもなぁ。そこが足りなくて、綺麗事で終わってるのが残念。
読了日:04月05日 著者:知念 実希人
ムゲンのi(上)ムゲンのi(上)感想
最初の章、おとぎ話感の強さにクラクラした。正直、苦手かも?と思った。2章のほうは好きな話だった。伏線ぽいものが細かくあちこちに散りばめられているのがなんとも気持ち悪い。それと、身近な病気がオチに入ってると、途中で病名に気づくよね。それがわかった所で得も損もしないけども。
読了日:04月03日 著者:知念 実希人
科警研のホームズ 毒殺のシンフォニア (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)科警研のホームズ 毒殺のシンフォニア (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
面白かった。個性もバラバラで読んでるこちらが混乱しない所もいい。土屋が完璧過ぎて、結局彼が出てくると解決しちゃうのであっさりしてるけど。もう少し、土屋が夢中になる難事件とか起こる展開があってもよかったなー。
読了日:04月01日 著者:喜多 喜久

読書メーター

PAGE TOP