BLの教科書になり得る本だなぁと思いつつ読んでる。男性目線というのも面白いなぁ。
私は乙女ゲームが得意じゃなくて、ヒロインは没個性で嫌悪感を抱く場合が多いし、これで自己投影できるのすげぇなぁと思ってしまうので基本的にはやらない。
男性はみんなハーレム展開大好きなんだろうとおもっていたんだけど、お二人はそうじゃないみたいで、めっちゃ共感できる。

まだ一部を読んだところだけど、すごくいい本だと思う。
BLにハマるプロセスが順を追って書いてあってわかりやすい。

私は腐女子脳を持ち合わせていないので、無機物でCPしないし、ナマモノもあんまり…。
出来合いのBL本は楽しく読むけどね。
二次創作する人とそうじゃない人を、出来合いの料理を食べるのが好きか、自分で料理するのが好きかって例えてて納得。

あと数日はお風呂本として楽しく読むのですよ。

自宅待機になってからというもの、とにかく家を出ない。
最近は散歩で外に出るのも良くない扱いをされそうな気がする。

前回も書いたんだけれど、11日はライブに行くはずだった日なので、ちょっとでも気分を味わいたいと音楽を聞きながらウォーキングをしにいった。
以前からよく行くコースで、土手沿いの眺めが良い、ウォーキングやランニングに推奨されているような場所だ。

久しぶりに運動着で土手に出てみると、雰囲気は様変わりしていた。
以前は、走る人、がっつり歩く人、犬の散歩をしている人…といった感じでそれなりに人との距離があった。
でも、久々に見る土手は、のんびりお散歩をする人で大賑わいだった。

あぁ、これはだめだ。と、あの日以来散歩には行っていない。

そんなわけで、どうするか。
お風呂です。

普段は私一人しか入らないため、勿体ないから基本的にはお湯をためずにシャワーだけで済ませてきた。
だけど、そうも言っていられないし、お風呂を使うのも私だけじゃなくなったのでこれは好機、とお湯を張るようにした。

そうなってくると必要になるのが本。なのです。
主に寝る前に読んでいる小説とは別にお風呂で読む本がほしい。
万が一濡れてもいいように自分で買った文庫本。
あと、小説を2本同時に読むと混乱するから避けたいのと、長風呂が出来ないのでできれば短い文章で完結しているもの。

そういうわけで、エッセイが最適なのでした。もしくは電書の漫画とか。でも、漫画はコスパ悪いのでお風呂で毎日読むのには向かない(1回で1冊読み切ってしまう)。
で、家にあったエッセイを引っ張り出してきて読んでいたのですが、ついに読み終わってしまった。

次の本を見繕って注文したけど、届くのは明日。今日は何を読んで過ごそうか…

11日から、仕事が休みになりました。最短で2週間。
別に濃厚接触とか体調不良とかそういうのではなくて、働いている図書館の職員も少数しか出社しなくなるということで我々アルバイトは当面休みです。
やりたい仕事、やり残してる作業はたくさんあるけどこればっかりは仕方がないですねぇ。

普段から1ヶ月休みとかそういうのが存在するシフトなので、まぁ2週間位だったら普通だけど、先行きが見えないのが不安ですねぇ。収入面とか。

その、職場である図書館はしばらく休館で本が借りられなくなっちゃうっていうのが決まったのが2日前とかで、他館から予約で送ってもらうことが出来ないため、働いてる図書館にある本で気になっていたものを10冊ほど借りてきましたよ。

あとね、4月11日は私、本来だったら宇都宮に行っているはずでした。ライブで。
中止になっちゃったので、開演時間に合わせて音楽聞きながらウォーキングにいったんだけど、逆効果! よけいライブ行きたくなるじゃんー!

5月の神谷さんのライブも中止が決まったし、このままだと7月のも、8月のも危ういのかなー…。
仕事が休みになってるし、払い戻しされるチケット代金で当面は凌ぐしか無いのかもね。

3月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2199
ナイス数:138

リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
保険金詐欺やらが関わってくるので、冒頭、嫌だなーというのが続く。もう少し、リケジョの活躍が多い方が私の好みだけど、それよりも今回は婚約中の二人の進展メインって感じなのかな。最後の久里子さんのアレは、謎解きありきっていう感じでちょっと、強引かなと思った。
読了日:03月30日 著者:喜多 喜久
ミステリーズ! Vol.98ミステリーズ! Vol.98感想
明智と葉村のエピソード0。キャラミス感の強い短編でした。この二人の連作短編とかも、面白そうだな。出てほしい
読了日:03月28日 著者:今村 昌弘ほか
科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました (文春文庫)科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました (文春文庫)感想
すごく面白かった。似非科学を嫌悪する主人公と、流されやすい家族。私だったらイオンが出るらしいドライヤーより早く乾いて静かな方が断然いいなぁ。この作品すごく面白かったのに残念だったことがひとつ。結構よく見かけるけど、文庫化する際に改題された本だと言うところ。色々事情があるとは思う、けれど『間違って新作だと思って買ってくれる人がいたらいいな』っていう思惑が何となく透けて見える。別に悪いことでは無い。私個人的に、もう作家で追うのはやめようかなという思いがよぎって心から楽しめなくなるだけだ。作中とリンクしたのだ。
読了日:03月22日 著者:朱野 帰子
魔眼の匣の殺人魔眼の匣の殺人感想
シリーズ化したことに少しの驚き。今回は、前回よりも静かな話。前半は結構退屈な所もあったりしたけど、後半からグッと面白くなった。
そして、また続きがあるみたいなのでそちらも楽しみです。
読了日:03月21日 著者:今村 昌弘
派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)感想
なんでそんな男に騙されるのか…不思議だけどまぁ、何があるかわからないからなぁ。いずれにしても生活のランクを下げることって、すごく難しいから偉いなとヒヤヒヤしながらも読んだ。いい人に助けられて羨ましい。私も地に足をつけて踏ん張らねばなぁ
読了日:03月10日 著者:青木 祐子
流浪の月流浪の月感想
すごく純粋に好きだと思える作品だった。常識という正義を振りかざす人間を腹立たしいと思う。でも、幸せだからいいよね、なのか? 私だったら真実を知って欲しいと思う。でも、知って欲しいと動くことはまた全てを壊すことに繋がるのかもしれない。ただ一つだけ、亮のことだけは、フィクションであっても許せないと思う。
読了日:03月05日 著者:凪良 ゆう
スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
エンタメ業界の人が書いてるだけあって、衝撃だとか、メディア化した時にどういう描かれ方をするかに重きを置かれている感じがする。面白いけど、面白かったーで終わりって感じ。シリーズを重ねる毎にスケールは大きくなって行くけど、それによってより浦井の小ささが浮き彫りになった感じがする。
読了日:03月02日 著者:志駕 晃

読書メーター

一昨日のこと。
うちの猫が血液混じりの嘔吐。
水分だけ履いたんだけど、膀胱炎の尿と同じ色をしてました。
元気もなくて、口からよだれ垂らしながら寝てたのでやばいってことで午後イチで病院。

血液検査をしてもらったけど、これといった異常はなく、年齢の割に毛艶もいいし若々しいですよねー…と言われる。
吐いたものは写真を撮っていってお見せしました。
点滴してもらいました。

それで、その日は何も食べないほうがいいし食べないと思うって言われてたにも関わらず、しれっと食事をして、吐きました(今度は赤くはなかった)。
ご飯は片付けて寝たら明け方、お腹すいたと大騒ぎ。仕方ないのでゲル状のおやつを少しだけあげて、翌日も同じのをちょっとあげて、また病院。
引き続き点滴してもらって帰宅。

結構元気になったし、それ以降はご飯も食べてるし吐いてもいないです。

年齢とともに、猫の健康状態も色々と問題が出てきますね。こればっかりは加齢なので仕方がない。
できるだけ元気に長生きしてほしい。

それと、今日ですが、仕事から帰ってきてから気まぐれにマスクを作りました。

今月頭くらいに買っておいたダブルガーゼと鼻のところのワイヤーを使いました。
ゴムは、来月頃まで届かないんですけどね。

まぁ、使い終わったマスクのゴムなんかを再利用して作りました。

使い捨てのマスクもまだ50枚以上あるんだけど、これはできれば仕事用にしたくて、休みの日にちょっと買い物行くときなんかに布マスクあるといいなと思ったんですよね。
こんなのでも花粉くらいは防いでくれると思うんだけど、どうかな。

新しくなって返ってきました。
13,800円だったかな。ちょっと前まではもっと安かったっぽいけど、この値段で新品になったならOKでしょう!
ライトニングケーブルもちょっと接触不良起こしてたんだけど、新しいから大丈夫だねー。前にiTunes経由でアップデートしたら接触不良でクラッシュしたことがあったんだけど、無事に色々作業完了しました。素晴らしいー!

復元も時間がかかったもののちゃんと完了。
そうそう、本体の色が変わっちゃうかも? って話だったけど、ちゃんと同じ色が来ました。いやーよかった。

これでまた3年半とか使えるでしょう! 新たに購入することも考えたけど、音楽再生できたらそれでいいのでこのスペックで十分なんだよね。

私のiPod touch(第6世代)がバッテリーダメ子なので修理(と言う名の本体交換)に出しました。
最初郵送にしようと思ったらできなかったので、電話で相談。それでもだめで店舗に行ってくれということで行ってきた。

結局1万3千円?くらいかかるみたい。
しかも、色が変わるかもとか、今のウィルスの問題で普段より時間がかかるかも等。

まぁ、なんでもいいやということで。

大体1週間。それでも届かなければ連絡をくれるそうですよ。

何が不便って、寝るときにね…入眠障害があるもんで、1時間タイマーかけてオーディオドラマ聴いてるんだけど、それが聞けないことですね。
寝れる気がしない。

しばらくの我慢です。

奈々さんのライブを取ってるのですが、公演日が4月11日です。
開催されるかはちょっとむずかしいタイミングでしょうか…。

会場の宇都宮市文化会館のページを見に行ったところ、『令和2年2月20日(木)~3月31日(火)の期間中に、当館施設を利用される方が、新型コロナウィルス感染症の感染予防のために、施設利用をキャンセルされた場合においては、既に納付いただいております使用料を全額還付いたします。』と書いてありました。
11日に続報が出たら伸びるかもしれない、そしたらライブも中止になるかもしれないという割と瀬戸際な感じでしょうか。

奈々さんライブでホール公演(キャパ2000!)に参加するのは初めてだったので楽しみにしてました。
例えば延期になっても、またチケット取り直しになるだろうから、もう取れる気がしない…しないよー…

5月は神谷さんの横アリ。ただでさえチケットあまりが出そうなところで、このコロナ影響の中先行販売やってますけど、取る人も少ないんじゃないかな…と心配。
色々心配。

4月以降、いろいろな生活がもとに戻ってライブも無事に開催されるといいなと思いますよ、ほんと。

仕事が休みだったので、予約してた心療内科と、定期的に通ってる呼吸器科のある町医者に行ってきました。
町医者の方は患者はいなくてすぐに診てもらえました。
そこで、花粉症の目薬も出してもらったし、いつもの薬も3ヶ月分処方してもらった。

それから心療内科の方は電車移動。
予約しててもしばらく待つので、読書しながら待っていたら、隣にめちゃくちゃタバコ臭いひとが座ってきたので、申し訳ないけど席移動。だって…頭痛がするほどニオイがひどかったんだもの……

診察はいつもどおりの世間話と、自立支援の更新、今年は診断書無しで大丈夫ですよーって言われておしまい。
こちらも、だいたい3ヶ月分いただいて帰宅。

これだけでだいたい4時間位かかった…。こんなご時世なこともあって外出は疲れますね。
でも、とりあえずこれで、万が一病院がパニックになったとしても薬がなくて困った! ということは回避できるのでひとあんしん。

日々感染者が何人だの、イベントが中止だのというニュースに嫌気が差し、また近くの駅の近くで感染者が出たとかのニュースで、さすがにちょっと怖いなと思い始めた頃。
職場の縮小開館が決まりました。

店に行けばトイレットペーパーも箱ティッシュも売ってない。なんだったら、生理用品も危ういようなこの状況。
身近にもついに規制の波が…!
仕事が休みになったりはしないんだけど、縮小開館になる前の最終日ということでバタバタでした。

まぁ、休館するわけではないので、ネットを使える人はさほど焦る必要もないと思うんですが、よく理解されないまま来る方も結構いて…。
あと、ここに来て新規の方も多くて…なんでだろう? 私の想像の至らないことが起こっているようでした

早くもとの生活に戻るといいなと思ってます。

PAGE TOP