« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« | »

カルメン / プロスペル・メリメ

2008.04.17 Thu 02:57

カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))
カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 540
  • 発売日: 1972/05
  • 売上ランキング: 132935
  • おすすめ度 5.0

 芝居好きの方にはきっとお馴染みでしょう、カルメンです。
 カルメンといえば、ビゼーのカルメンより『ハバネラ』を思い浮かぶ人も多いことと思います。

 私も、ビゼーのハバネラをエレクトーンで弾くにあたり、この本を読み始めました。
 4ヶ月エレクトーンを弾いていて気がついたことは、土台が無いと、譜面を追っても全く上達しない。という絶望でした。
 ならば、カルメンという女性を知り、音を表現する上で必要な演技力というか、表現力で押していくように上達することが得策だと考えました。

 カルメンのイメージは、赤いドレスを身に纏って、頭には薔薇をかんざしにした女性。
 …というイメージでした。

 反するように、ジプシーというイメージは美しいものではなく、パリに旅行に行ったときに見た、物乞いをする人というイメージ。
 服装や肌の色髪の色共にパリの住人とはかけ離れており、一目でジプシーだとわかります。
 ジプシーの子供に囲われた経験もあります(わいわいと周囲を囲み騒ぎ立て、ポケットやカバンのお金や貴重品を奪い取っていくのです)。

 この、私の中でかけ離れたイメージをひとつにするために、本を読んだことはとても重要でした。
 国を渡り歩き、悪事を働き、強く気高く生きている女性で、男性を翻弄する魅力を持った人だなぁと思いました。

 ちなみに、この本は中編の小説がいくつも入ったものになっています。

 なぜ著者はこの物語を書いたのか、作中で、著者が伝えたかったものは何か…と、現代文のテストのようなことをついつい考えてしまいます。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Total:458051 t:36 y:81