« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« | »

万能鑑定士Qの事件簿 / 松岡圭祐

2014.03.03 Mon 22:41

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

発売元: 角川書店(角川グループパブリッシング)
価格: ¥ 540
発売日: 2010/04/24

1~2巻を読み終えたので感想。

なにやら人気があるシリーズらしいということは知っていましたが、読む気はありませんでした。
でも、ここ最近読書づいてる勢いで図書館で借りてきました。というか、予約して1ヶ月位待って順番が回ってきた。

最初に出てきた公務員の人がもう関わってこなかったのはちょっと残念なような感じがしました。
で、読んでるうちに話が沖縄に移って、聡明そうな莉子の意外な高校時代が描かれ始めた。
そうかと思ってたら近未来のハイパーインフレが起きた荒廃した東京が描かれてて、どんどん混乱するうちに1巻が終わり。

2巻を読んだらいろいろわかったのはいんだけど、舞台がリアルな日本であることと、荒廃した舞台とのギャップに苦しんでなんだかよくわからないことになった。
そもそもが近未来とかだったら違和感なく入り込めたんだけど。
でも、話は全体を通してすごく面白かった。ストーリーがというよりは、作中に散りばめられている雑学が面白い感じ。
ただ、宝くじに関しては、ただ弟(だっけ?)が伝聞したから、銀行員に当選番号を見ただけで笑われたと言ったのか、それとも作者自身が宝くじを買ったことがないのかどっちだろうと思ってしまった。宝くじの当選確認って、機械でやるよね?

まぁとにかく面白かったので今後にも期待ってことで、続きの予約が回ってくるのを楽しみに待つことにします。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Total:446166 t:38 y:96