« Aug 2018 September 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« | »

ディスチミア親和型

2007.03.09 Fri 16:02

 http://www.nikkeibp.co.jp/sj/report/23/

 鬱には2種類あるという話です。
 私は間違いなくディスチミアのほうなんだろうなと感じたわけですが。

 高校までは、ごく普通に学校も休まず行ってたんだけどねぇ。
 あー中学の時に友達だった子にいじめられた時は、親に送ってってもらってやっと通ってたか…。ま、1ヶ月くらいですけど。

 要するに、『ヘタレ』なんかなーと自分に対して感じるだけです。
 努力が持続しないのが一番の問題かもしれません。

 いろいろ考えると、やっぱり18歳くらいがターニングポイントになるわけですけど。
 結局、何事も頑張れなくて、やりたい事を達成できない自分に嫌気がさしてどんどんダメになってるような、堕ちてるような気がする。

 ハイティーンの時に描いていた、将来の自分像と今の自分がかけ離れすぎていて、自分自身でついていけなくて、そのまんま何もしなくても年齢は重ねていってしまって、どうしたらいいのかわからないんですよね。

 その隙間をどう埋めるかが、自分にとっては鍵になってくるんでしょうかねぇ。
 今から頑張って納得できる所まで近づけるか、諦めるか…。

 この先を明るく生きるためには、理想に近づけるのがいい気がするんですが…。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

努力が続かないと言いますが、自分はそれでも良いと思います。
極端に言えば1年間三日坊主だとしても、それはそれで挑戦し続けているってことですし、努力だと思います。
今日は3日だった。今度は4日だ。今度は1週間続いた。
というような感じで前向きに頑張ることが重要かなと。
今からでも遅くは無いと思いますよ。
知り合いでもないのに勝手な事書いてますね、すいません・・・
気に障るようでしたら消して下さい。

うちの主治医が言ってたんだけど理想の自分と現実の自分とのギャップが激しすぎる事で
鬱になったりするって言ってたよ。
そしてあたしも多分有浅さんと同じ形だと思われる…。

私も同じ型かなぁ…。理想と現実の違いとか
ほかの人との違いって、病気じゃなくても感じますよね…。
それが無意識の内にプレッシャーやすとれすになっているのかも。
自分をどうにかしよう今の状況を深く考える事や
自分の事を知ろうとしてる事でも、私は動いてるんじゃないかって思いますよ。
たとえ理想の自分になれなくても
成長したのなら、それはそれで一つ成長したんじゃないのかな…。

>テフさん
自分のキャパを超えることに敬遠してしまうようなところがあるので、逃げずにやってみたいなと思ってます。
持続という面で言えば、毎日ではないけど、丸6年WEBに日記書きつづけているので…昔と比べると進歩したのかなぁ…という気がしないでもありません。
>カヨちゃん
そっか~…そういう鬱もあるんだね。
どのへんで折り合いをつけて自分自身を納得させるかが、解決の鍵になりそうだよ…。
>十波さん
1970年代以降の生まれの人は比較的こっちの型の人が多いんですって。
私もやっぱり、自分の事を知ろうとしないでただ楽観的に生きるよりも、苦しくても自己理解とかそういうのを考えて生きたほうが、成長に繋がるんじゃないかなと考えます。

Total:484739 t:25 y:40