« Jan 2019 February 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« | »

2019年1月読書まとめ

2019.01.31 Thu 23:59

1月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2059
ナイス数:129

本と鍵の季節 (単行本)本と鍵の季節 (単行本)感想
高校生の老成した感じだとか、結末が重い展開を迎えることとか、この作者さんの本はどれも好きです。913と、ロックオンロッカーはすでに読んだことがあったので再読でした。同じ登場人物だと始めて気がついた。図書分類とかバーコードラベルとかは自分にとっては身近なのですごく楽しめた。
読了日:01月31日 著者:米澤 穂信
ボクたちはみんな大人になれなかったボクたちはみんな大人になれなかった感想
よくわからない懐かしさと、わけもわからず感傷的にさせられる本だった。私の過ごした90年代後半とは全然違うけど、あの時代を思い出させられる。あとで振り返ると痛々しくて恥ずかしくなるようなことかもしれないけど、そのときは確かにキラキラしてたんだなと改めて思う。
読了日:01月28日 著者:燃え殻
そこにいるのにそこにいるのに感想
ホラーでびっくり。なかなかに、怖いもの揃いだった。六年前の日記のインパクトが一番大きい。エゴサのやつ、痛い、は読むのが嫌になる。そういうキツイのが続く。でも読んじゃう。結局、クママリってなんなの?それが一番怖い
読了日:01月28日 著者:似鳥 鶏
あの頃の想いと優しい夏休み-京都寺町三条のホームズ(11) (双葉文庫)あの頃の想いと優しい夏休み-京都寺町三条のホームズ(11) (双葉文庫)感想
円生目線。こんな感じだったんだなという感じ。それと、『あの月に行ってみたいですね』エロっ…
読了日:01月21日 著者:望月 麻衣
わたし、定時で帰ります。わたし、定時で帰ります。感想
面白かったー! 途中から真剣になってきてつい一気読みした。仕事から帰って来ない夫の写真をテレビの上に飾って『遺影』と称する母親のセンス、めちゃくちゃ好き……ッ。戦時中の無茶な作戦と職場の現状がリンクして、腹立たしいことも時にコミカルに消化していく感じが気持ちよかったです。
読了日:01月19日 著者:朱野 帰子
スープ屋しずくの謎解き朝ごはん まだ見ぬ場所のブイヤベース (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)スープ屋しずくの謎解き朝ごはん まだ見ぬ場所のブイヤベース (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
恋愛模様も進展しそうな今巻? 小学生に焦点があたったりしつつ今回もほっこりしたお話をいただきました。ただ、今回のスープはさほど惹かれなかったなぁ。奇抜なものが多くて想像しにくいのかな…。
読了日:01月16日 著者:友井 羊
あなたはここで、息ができるの?あなたはここで、息ができるの?感想
なんだこの話? 勢いと雰囲気だけで読ませられて、何かなんだかわからない。
読了日:01月15日 著者:竹宮 ゆゆこ
バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)感想
ベアトリーチェの踊り場、読みやすくて面白かった。いつもの長編もこのくらいの軽さだとありがたいんだけどな。他、ジュリア、エリザベート、チャンドラ・シンの周囲のことや人となりが掘り下げられていて、理解が深まった巻でした。それにしても、チャンドラは厄介ですね(笑)
読了日:01月07日 著者:藤木 稟
読書メーター

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Trackback URL

Total:495387 t:47 y:22