« May 2018 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« | »

下鴨アンティーク

2015.06.14 Sun 23:00

集英社オレンジ文庫をよく読んでます。
ラノベと一般小説の間くらいのジャンルが最近増えて、書店でもこの手のレーベルのコーナーができていたり。

日常系のミステリを題材にした物が多く、この本もそういう売られ方をしていたように記憶をしていますが、読んでみるとどちらかというと『あやかしもの』に近い感じ。
着物が泣く、柄が変わるとか、不思議なことが起こります。

亡くなった祖母が蔵に収納していた着物から不思議な出来事が起こり、その不思議を解明する、心あたたまるお話。
主人公の鹿乃、同居人の慧、鹿乃の兄でぐうたらな良鷹が謎を解き明かしていきます。

年配者の若いころの恋愛模様にほっこりします。

図書館で借りて読んでいるんだけど、好みの作風だったので、今月続編が出るときにこの本も一緒に購入して手元に置いておこうかなと思ってます。
数年前はギスギスした暗い本が好みだったけど、最近はこういう暖かい本がすごく好きです。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Total:477633 t:111 y:119