« Feb 2019 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« | »

12月読書まとめ

2014.12.31 Wed 23:55

2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2279ページ
ナイス数:68ナイス

万能鑑定士Qの推理劇III (角川文庫)万能鑑定士Qの推理劇III (角川文庫)感想
地中海周辺各地からアメリカと、ずいぶん世界中を旅しましたね。地図と移動方法を見た時になにか法則性があるんだろうなぁと思いつつあまりにも果てしなく感じて謎解きを放棄しましたが、毎度毎度よく考えられていますね。
読了日:12月20日 著者:松岡圭祐
スキュラ&カリュブディス: 死の口吻 (新潮文庫)スキュラ&カリュブディス: 死の口吻 (新潮文庫)感想
エロティックでグロテスクなファンタジー?という感じなのかな。ねむりの語りに入った途端に突然露骨な表現になるので置いてけぼりになる。でも、こういう話を好きな人はある程度いて、脳漿がしぶきをあげるシーンにうっとりする人がいるんだろうなぁ。という感想を持ちました。私個人的にはなんだか中途半端でのめりこめなかったな(この程度のエログロは平気)。官能的な言葉が上滑りしてるみたいな印象でした。まさに『女版の中二病を拗らせてる』というのがピッタリな表現だと思ったんだけど、言い過ぎかな……
読了日:12月20日 著者:相沢沙呼
魔女は月曜日に嘘をつく (朝日エアロ文庫)魔女は月曜日に嘘をつく (朝日エアロ文庫)感想
北海道のハーブ園を舞台にしたお話。面白かったし、優しい話で好み。ただ、主人公の男女のキャラ的な問題なのか、『どっかで読んだような?』という印象も強く残ってしまいました。良くも悪くも今時のライトミステリという感じ。
読了日:12月11日 著者:太田紫織
掟上今日子の備忘録掟上今日子の備忘録感想
終物語上巻が好きで、またこんな話が読みたいと思っていたので、思いがけず楽しかった。図書館で借りたけど続巻もあるようなのであとで購入しよう…。軽快な語りとライトな読み口でとても好みでした。続きも気になる。
読了日:12月8日 著者:西尾維新,VOFAN
鳥少年 (創元推理文庫)鳥少年 (創元推理文庫)感想
ひとつが短いからどんどん読めて話にのめり込めるが、暗い雰囲気に飲み込まれてこちらの思考もどんどん危険な方向に向いていくので怖い。終わりはどれも「あれ?」という感じで煙に巻かれている感じ。99年時に解説を書かれている方の著者への愛が深くて、読んでいて少しクスリとした。
読了日:12月5日 著者:皆川博子
GOSICK BLUEGOSICK BLUE感想
一弥とヴィクトリカが新大陸に渡ってすぐの事件。最上階に取り残されたヴィクトリカを救うため、階段をひたすら登る一弥の姿は、図書館の階段を毎日登っていた時を思い出してニヤニヤさせられました。ケーキが空中で爆発してイチゴやクリームが舞うシーンは是非映像で見たい。コミカルで悲しくて、今回も素敵な作品でした。
読了日:12月4日 著者:桜庭一樹
櫻子さんの足下には死体が埋まっている 白から始まる秘密 (角川文庫)櫻子さんの足下には死体が埋まっている 白から始まる秘密 (角川文庫)感想
過去に戻って正太郎と櫻子さんの出会いの話、そこから続いて現在へ。ストーリーは少しずつ進展してこの先も楽しみです。相変わらず食べ物の描写も多くて、どれも食べたくなります。ただ、変な擬音や口語が多くてちょっと安っぽく感じる気がした。
読了日:12月1日 著者:太田紫織

読書メーター

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Total:497832 t:82 y:64