« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« | »

アムステルダム / イアン・マキューアン

2008.11.09 Sun 01:17

アムステルダム (新潮文庫)
アムステルダム (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 500
  • 発売日: 2005/07
  • 売上ランキング: 14110
  • おすすめ度 3.5
─「OK、ただしひとつ条件がある。君も同じようにしてくれること。V」

 愛の続きを読み終えた勢いで、このまま続けて読んでやるぞー!と読み始めました。
 贖罪を読んだ時も、愛の続きを読んだ時も、緩やかに退屈にしんどいまま前半読んでいって、後半のある瞬間から唐突にページをめくる手が止まらなくなります。

 この、アムステルダムは比較的薄いので全体的にさっくりいけるかなーと思いきや。
 …やっぱり前半はかなり突っかかりました。
 4章あたりからかなりスピードアップしたなぁ。

 そして、わたしが引っかかったのは、編集長であるヴァーノンの性器の表現のところです…。
 なんていうか、文庫の118ページ5行目あたりからの表現が、読んでいて『あぁ、マキューアンの小説なんだな』なんて思ってしまうくらい。
 このアムステルダムより過去の作品はあらすじを読むだけでも(そういう意味で)凄そうなので、是非そのうち読んでみたいな…と思います。連続は疲れたので、またそのうちに…。

 話は、モリーという女の葬儀から始まり、その女を取り巻く愛人たちがもつれあって、ストーリーが進んでいく。
 内容は全然違うけど、仕立てが三谷幸喜の『THE 有頂天ホテル』みたいだなぁ…と感じました。
 同じ舞台の上で、視点が次々と変わりながら大波に乗ってストーリーがこっちに押し寄せてくるみたいな。
 ストーリーの内容は暗い感じがするものの、エンターテイメントとして凄まじいなぁ…と、圧倒されっぱなしです。
 まぁ、最後どうなるかは読み初めでなんとなく想像はつくものの、それでも最後数行になっても気が抜けない。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Total:442064 t:66 y:47