« Jul 2018 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

編んでるところを動画とってみた。

2010.09.25 Sat 03:17

テーブルセンター編み途中です。

2010.09.01 Wed 02:35

薔薇模様のテーブルセンター編み途中

 また輪編みでテーブルセンターを編んでいます。

 このところ写真がなかったのは、編んでいなかったわけではなく、ずっとやっていたのですが、サイズが大きいので時間がかかっています…。
 薔薇の模様が出てくる編み図で、ひたすら長編みと鎖編みを繰り返しています。

 直径は65センチ程度になるようで、まだまだ大きくなります。
 あと20センチくらい大きくなるのですが。

 編むことは大好きなのですが、飾る場所が自宅にないので、出来れば飾っていただける方にお嫁に出したいなとか思ってます。

 これが出来上がったら次は、大きめのランナーを編むんだ…

バブーシュカ完成。

2010.08.05 Thu 02:21

バブーシュカ
 バブーシュカは日本語で言うと頭に巻く三角巾です。

 かなり大きいサイズでしたが楽しかったです。
 またしても新しい編み方を学ぶことが出来ました。

 そして今はテーブルセンターを編み始めました、久々の細糸。
 頑張っ編むぞう!!

アイリッシュのバブーシュカ

2010.08.04 Wed 01:54

アイリッシュレースのバブーシュカ

 アイリッシュのネット編み初挑戦ということで、モチーフを編んだものをネット編みでつないでつないで、やっと全パーツがつながったところです。
 今、最終段の飾りでピコット編んでます。

 ピコットめんどい…( ´△`)

 これが編み終わったら、プレゼント用のテーブルセンターを編み始めようと思っています。
 早く次にいきたいっ。

 あと、道具がめちゃめちゃになるので、かぎ針ケースを購入。
 編み図は、相変わらずなのですが、図書館で色々借りてきて、気になったものだけコピーしてファイリングしています。

はじめてのタティングレース

2010.07.23 Fri 20:52

タティングレース

 試行錯誤の後、やっとミニドイリー1枚編めました。
 実物をみたことがないし、本を見たり動画サイト見たりしながら、最初あれこれ失敗して、しかも結んでる感じに編んでいるのでほどくの超めんどくさいし!! 

 感覚としては、ミサンガ?編むのと似てるかな…?みたいな感じでした。

 しかし、時間のわりに大きさが出ないので、これは大物を作るのは大変だろうなぁ…としみじみ思った。
 でも、輪っかがいっぱい繋がって形になってくるのが普段編み物してるよりもうれしかったです。

 たまには目新しいことするのもいいね。

     ■使用道具、糸

  • レース糸…エミーグランデ#804
  • シャトル1本(クロバーのタティングシャトルフローラを使用
クロバー/タティングシャトル フローラ

クロバー/タティングシャトル フローラ

価格:1,092円(税込、送料別)

アイリッシュ編めました

2010.07.22 Thu 14:08

アイリッシュ・クロッシェレース アップ

 やっと編めました。
 めんどかったー。けど満足です。

 でも、エミーグランデだと繊細さに欠けるので、もっと細い糸で編みたかった気もします。

アイリッシュ・クロッシェレース
 全体像。

タティングレース

2010.07.19 Mon 20:08

タティング

 シャトルが今日メール便で到着したので早速練習に編み始めました。

 糸を結んでいく感じで編んでいくらしいのですが、絡ませる糸と軸になる糸がよくわからず、分かってもうまくできなくて失敗を繰り返していました。

 それとなく感覚をつかんでとりあえずお花を編んでみたものの…。
 ピコットとか糸の引き方の加減がわからなくて、これは大変だ。

 あと、また左指がバネになってしまったので、ちょっと控えないといけなそう。。。

アイリッシュ・クロッシェレース

2010.07.16 Fri 18:29

アイリッシュ・クロッシェレース

 編み始めました。
 モチーフをネットでつなぐアイリッシュのやり方は、ちょっと大変そうなので、まずはモチーフだけをつないでいくものを作っています。

 立体的なので、それが本当に美しいです。
 そして温かみがハンパないです。

 大変だけど、早く完成させたいなー☆

アンティークレース

2010.07.15 Thu 21:06

 その昔、学生だった頃に先生が、アンティークレースを見せてくれたことがありました。
 15世紀とか16世紀頃の作品で、触ると壊れてしまいそうなくらい古い古いレースでした(多分ベネチアンレースじゃないかなー…)。

 その頃、先生たちが長期休暇を利用してヨーロッパ旅行に行っていた気がするので、恐らくそこで買ってきたものでしょう。。
 想像もつかないような金額で買ってきたと思われるのですが…。

 分厚い本にアンティークレースや織物の実物が貼りつけてあって、ドレスを復元した場合の絵が載っているものだったと記憶しています。
 糸の太さはとても細くて、ミシン糸くらいのものです。

 それは、今では復元する技術がないものも含まれているとのことでした…。
 あの美しさは…もう一度間近で見てみたいなぁ…。

 手作業で織られるレースは、工業生産の時代の波に押されて廃れていってしまったわけですが、やはり温かみがあって、格別です。

 と、図書館で借りてきたレースの本を眺めながら、遠い昔のヨーロッパに想いを馳せるのでしたー……。

マイ編み物道具

2010.07.15 Thu 08:35

100715-1.jpg

 テーブルセンターを編み上げたことがほんの少しの自信に繋がり、すっかりレース編みの虜状態です。
 そのテーブルセンターを編み上げた後、小物を色々あんでみたり、往復編みの習作を作ってみたりと、色々ちまちま作っています。

 そして、最近の好奇心はやっぱりアイリッシュとタティングレースです。
 アイリッシュは編み図読めるし、作ったことがあるので、モチーフをつないでちょっと大きいものをつくりたいなと。

 タティングレースは全く手を出したことがない分野なのですが、とにかく繊細な美しさにすっかりやられてしまっていて、道具も違うので、まずはシャトルを買わねば!と思って色々調べたり。

 本は図書館で色々借りてみて、気に入った本はあとで買おうという方向。
 写真は私の少ない編み物道具です。
 0号の編み針はこの前買ってきたのだけど、それ以外はずっと使ってる洋裁道具の箱の中をあさって出てきたもの。 

Total:482242 t:7 y:55