カテゴリー「 Personal 」の記事

1911件の投稿

TYPE-MOON展に行ってきました。
あんまり知らないけど、知らないなりに楽しんできた。
ゲームやってたけど遠い過去だし、今映画とか見に行っても新鮮に見られるくらい忘れてたりするのです。

めちゃくちゃ混んでましたよ。
内容も、プロットとか文章が多いから人が流れないからだろうなぁ。

そのおでかけと絡めて土曜日の夜に焼き肉を食べに行ってからずっと胃もたれしててね…。その割に日曜日にも食べ放題でデザートのチョコフォンデュをわんさか食べたりしていました。
帰りには胃がムカムカして、服が苦しくって、外気が冷たいのが気持ちよくって。

次の日は仕事だったから早く寝て、朝起きて準備して仕事行こうとした瞬間、吐いた。
時間がなかったので吐いて仕事に行って、なんとか持ち直してきて過ごしてるけどまだ胃の辺りに違和感がある。なんだろうなー…。

本年もよろしくおねがいします。

画像は、今年の年賀状に使ったものです。
猫は12歳なので投薬をしていますが、まだ元気にしています。

最近は1日に2回くらいは水を飲ませろと言われます。
お風呂でシャワーを持っててあげないといけないので大変なんですが。

最初はあぴょだけだったんだけど、さくらも加わっていっしょに水を飲むようになりました。
さくらは下手くそなので顔をびしょびしょにして飲んでますけど。
年齢を重ねた猫は色々新しいことをやり始めるのでここ最近はまた楽しかったりしていますよ。

年の瀬ですね。
我が家にはダイニングテーブルが届き、ボドゲしやすい環境になりました。

長時間床に座ってると腰が限界になるので、椅子だとまだ良いです。

あとは、神谷さんのミニアルバムが届いたり、明日には好きな作家さんのファンブックが発売だったり、年末ライブ2Daysあったり。
来年の夏までのライブ色々の申込みがまとめてあって、この年末年始で6万円かかる予定だったり…。働かないとやばいですね。

それと、先日年間読書100冊達成したんですけどまだ読んでいます。
なんか知らないけど、買ってる本の発売日と図書館で予約してる本が届くのがいつもまとまってやってくる。
買ってる方は好きだから買ってるわけで、早く読みたいけど図書館は返却期限がある。なのでジレンマです。

本借りてきたけど買ったこの本を先に読んでも、借りてる方も返却までに読み終わるだろうと思ってたら次々予約分が届いていっぱいいっぱいになったりね…。

今は櫛木理宇の『ぬるくゆるやかに流れる黒い川』を読んでいますよ。
この方の本、『ホーンデット・キャンパス』は結構気楽に読めるんだけど、他のノンシリーズ系は精神にずっしり来るやつが多いので読む前はいつも怖い。
でも、今読んでる本はなかなか好きです。

被害者家族が謎を追うストーリーで、ぐいぐい読めてる。こういうの好きだわ…。

グラブルやったことないけど脱出に行ってきました。
久しぶりの脱出! うれしかったなー!!

10分前には終わってしまって、逆になにか罠にハマってるんじゃないかと不安になる。
早く終わるといつも不安です。

あ、あと、朝インフルエンザの予防接種行ってきました。
前々シーズンにかかったとき、熱はすぐに下がったけど、吐くほどひどい咳が1ヶ月半ほど止まらずにつらい思いをしたんです。
私の咳、お医者さんが好んで処方する、気管支拡張剤はほぼ効かず、アレルギーの薬とか、それと最近はあまり推奨されていないコデイン系の薬しか効かなくなるのですねー…。

なので、その咳が辛いので、予防接種です。
呼吸器疾患のある人は予防接種しなさいっていわれるのはこういうことなんだなー…というのを痛感したので、避けたい。

でさ、脱出行く前に打ったもんだから、午後になってから全身がだるくて困りました。
荷物持ってると落としそうになるし、気持ちちゃんとしてないと膝がくずれそうになるし。

ちゃんと安静にできるときじゃないとだめね…。
お酒飲んで帰ってきたけどねー。

珍しく朝から気持ちの良い目覚めだったので、まず図書館に行って、それから思い立ってニトリに行きました。
机の上にA4のレターケースがあって、それが邪魔でテレビが見えないので、ゲームがテレビでできずPCモニターにHDMIセレクターつけてゲームやってるわけです。
作業スペースも狭いので、いい感じにしたいなと思って、小さい引き出しを買ってきて交換しました。

奥行きがモニターと揃っただけでだいぶスッキリしたような気がしますよ。

それと、クローゼットの上段で存在感を放っていた引っ越し屋のダンボールの中身も、棚の奥行きに合わせたケースを買ってきて入れ替えしました。
ニトリが近所にあるので助かってます。ニトリ最高ですわ。

小雨降る寒い日に…よりにもよって……地下謎に行ってきました。

難易度高いのを選んだら、なんていうかもう難しいっていうかめんどくさかったです。
まるっと1時間位お茶してて、外出たら暗い…みたいな感じになりました。

今回もあまり降りる機会のない駅に行けて楽しかった。

いつから通ったんだっけな…。たった5回の歯医者通いでしたが終わりましたよ。

3週間とか間があくと忘れそうになります。
直したのは2ヶ所。でも終わってからのクリーニングに3回かかるのが辛い。

で、今日終わったあとに「また半年後にハガキ出しますね」って言われて、ほとんど通院だよね。と思った。
とはいえ、ハガキが来て予約入れると1ヶ月後とかになるからめんどくさくてトラブルが起こるまで行かなかったりするんだけれども。

いずれにせよこれでしばらくは解き放たれた!!やった!!

11月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:3501
ナイス数:190

宝石商リチャード氏の謎鑑定 7 紅宝石の女王と裏切りの海 (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 7 紅宝石の女王と裏切りの海 (集英社オレンジ文庫)感想
新章は長編で、船旅。ワクワクが詰まっているシチュエーションでたまらなかったです。途中嫌な展開がありつつも新しい仲間を得て、正義はこうして成長していくのだなぁ。
読了日:11月30日 著者:辻村 七子
宝石商リチャード氏の謎鑑定 6 転生のタンザナイト (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 6 転生のタンザナイト (集英社オレンジ文庫)感想
第一部完!?あとがき読んで知りました。片思い、親のこと、色々決着がついた巻だったなと思う。父親がクソすぎて本当に嫌だった。コンクパールの話が好き。ドミニカ移民なんて知らなかったし、それは辛いと思うけれども、海外のエピソードはそれだけで読んでいてワクワクする一面もある。コンクパールっていう真珠を画像検索してみたらあまりにも自分の好みどストライクだった。いつか養殖が実用化しないかなぁ。
読了日:11月29日 著者:辻村 七子
宝石商リチャード氏の謎鑑定 5 祝福のペリドット (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 5 祝福のペリドット (集英社オレンジ文庫)感想
スリランカの過去話がとても良かった。シリーズここまで読んできた中で1番好きかも。シャウルさんのことすごく好きになった。続いての智恵子さんの話もとても良かった。ところでシリーズ通してなのですが、本の右上にタイトルが載ってるけど、これ、それぞれの章タイトルにして貰えないかなぁ。ふと、今回の宝石なんだっけ?って思って、目次に戻るのが地味にストレス。
読了日:11月27日 著者:辻村 七子
魔性の子 十二国記 0 (新潮文庫)魔性の子 十二国記 0 (新潮文庫)感想
シリーズに興味はあるけれど、ファンタジーが得意ではないのでまずはこちらを。なるほど、こういう展開なんだなぁ。広瀬に感情移入しつつ読んでたら、なんとも辛いな。
読了日:11月25日 著者:小野 不由美
道然寺さんの双子探偵 揺れる少年 (朝日文庫)道然寺さんの双子探偵 揺れる少年 (朝日文庫)感想
震災といじめを題材にした話でありながら、仏様という存在があるせいか、温かみの感じられる話だった。これだけ親身になって行動出来る大人というのはなかなか居ないもので、賢い子供たちと一緒に解決していこうというのがとても良かった。
読了日:11月17日 著者:岡崎 琢磨
鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のひとびと (集英社オレンジ文庫)鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のひとびと (集英社オレンジ文庫)感想
こっちも完結かー。あっという間だったな。それはそうと、鍵屋さんのほうのお仕置のくだりを是非読みたいんですけど、くっついたその先が本人目線で書かれないのがとても残念です。
読了日:11月15日 著者:梨沙
珈琲店タレーランの事件簿 6 コーヒーカップいっぱいの愛 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 6 コーヒーカップいっぱいの愛 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
今回はなかなかの大移動でしたね。展開は途中から読めてしまったけど、今回は恋愛模様の進展もある感じで良かったと思う。先代のことは藻川からの依頼があったにせよ、結果、死者の秘密を暴くことになって、モヤモヤした。
読了日:11月14日 著者:岡崎 琢磨
スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
長いこと寝かせていたが読んだらすぐだった。うまいこと構成されてるなぁって感じ。サスペンス色の強いものは読んでいて辛くなってくるものも多いけどこれはそんなに自分の嫌悪するポイントを突いてこないし、純粋にストーリーを楽しめた。オーディオドラマも随分前にDLしてあるので聴いてみようと思う。
読了日:11月09日 著者:志駕 晃
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)感想
80年代の匂いを感じる作品だなと感じた。本土と島、どう繋がってくる?とワクワクしながら読んだ。作中に出てくるいろいろな小物が最後に生きてきて、あぁ、なるほどこういう事だったのかと、楽しめました。
読了日:11月07日 著者:綾辻 行人
宝石商リチャード氏の謎鑑定 4 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 4 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)感想
えっ…何この展開。BL小説だったら、あのシーンの後、確実にお布団展開じゃないのか? みたいな感じで読んでた。そういう本ならそれでもいいけど、個人的には違うものとして読みたいし、掛け算とか想像したくないな。大きく動いた巻であり、リチャードの従兄弟たちのことは結構好き。
読了日:11月02日 著者:辻村 七子

読書メーター

仕事が休みなので映画を見に行きました。
ホラーって、最近はほんと怖くない。
驚かされるシーンを見てると、ギャグなのか…!?と感じてしまう私ですが、登場人物の関係性や、27年前の出来事を振り返っていくところなど、青春をやり直してる感にとてもときめきました。
2時間50分は長かった。面白かったけど。
暗い部屋で明かりチカチカが苦手なので、頭痛が酷くて帰ってきてからも特になにもできませんでした(´・_・`)

あしたからは、棚卸しです。ハードだと思うので寝れるものなら早く寝たい。

先月末にP5Rが出てからというものそればっかりで、そのために早起きしたりもしてますね。
私は好きなことには無理をしてしまうので、ちょっとしんどくなって来たところですが、ゲームは楽しいので走りたい。
今、12月に入ったくらい。結構終盤かな。

それはさておき、今日は歯医者に行ってきましたよ。クリーニング。
歯の治療は2本あったけどすぐに済んで、でも、歯石とったりクリーニングしたりが長いですね。なんとかこう…いっぺんに終わらないものなのかしら。

あと、日曜日はボドゲ会でした。
人狼メイン。人狼苦手だけど、やったらそれなりに面白いんだよね。ただ、嘘がつけないから辛い。

そんな感じで普通の生活しています。
寝れないくらいでほかは問題ないね。

PAGE TOP