カテゴリー「 Hospital 」の記事

180件の投稿

もともと9日から1週間の予定で入院して、予定通り15日に退院してきました。

投与してた抗がん剤がこっちには効いてるけどこっちには効いてない、そのわりに副作用が……みたいな感じで(曖昧ですが)、別の方法を試してみましょうということに。
それで、今度のやつは腕の血管から直接投与できないので鎖骨の下にポートを作ることになりました。100円玉くらいのやつが入ってるらしいです。

その前に、肝臓の数値が良くないのでステントが詰まってる可能性も考えて造影剤CTをやったんですが、その時に造影剤の点滴が漏れて、腕に激痛が走りました。
造影剤で喉が苦しくなるかも…とか、もしかしたら薬疹出るかも…みたいな状況だったので入院検査になったんですがそれどころじゃない状況になった(笑)
「痛いですー! でも我慢できなくはないです…」
という感じで必要枚数撮って終了して、CTもちゃんと撮れてたらしいですが、腕が信じられないくらいパンパンに腫れてて、退院直前まで腫れてるって言われてました。

退院前に腕を見せた時に看護師さんに「あの時は人間の腕のシルエットじゃなかった」って言われた。どんだけ腫れてたん…?
太ってたせいで皮に余裕があったからまだ耐えられたのかな…。

新しい治療は年明けからです。それも、遺伝子検査の結果で副作用が多くでちゃうって結果が出ると出来ないかもしれません。
なんの治療をするにせよ、今回も点滴入れるのに5回かかってることだし、まぁとりあえず現状は良しとしましょう。血管細くて大変らしいです。

ポート埋設は部分麻酔だったので、布を掛けられた下でぼんやり終わるのを待ってました。苦痛の度合いは歯医者で削るのとドッコイくらい。
終わって、通ってるのを確認するのにポートに針刺すときだけ痛いって聞いてたけどそうでもないし、部分麻酔も痛いって言われたけど別に普通の注射を何回も刺すだけだし…。
針刺しには慣れてるのかもしれない。

それよりもポート埋め込むときの振動とかのほうが辛かった。

埋め終わった今は傷跡の痛みもちょっとずつ落ち着いてきてます。
ただ、カテーテルの引き攣れてる感じがあって首をあまり曲げられないのが困りもの。肩こりが悪化しそうです。

2コース目の抗がん剤は3回目が投与できずに終了。次は3コース目の1回目になります。やるかどうかわからないけど。

こうやって、ふるいにかけられて、生きられる人、生きられない人と選別されてるように感じてしまって嫌な気持ちになったりします。
あと、最近はイベント開催決定とか、アニメ化決定とかあっても、その時まで自分が存在できてるかわからないなぁと考えてしまって喜べなかったり。後ろ向きは嫌ですね。

さて、そんなわけで3回目投与できなかったので、CTを撮るにあたって今日から入院です。

造影剤を入れた検査になるので万が一呼吸器に問題が出たり、アレルギーが出たら大変だということで。

ちなみに、3投目がなかったお陰でわたしは元気です。
食欲も戻ってきました。

肝臓の数値が良くないのと血球が少ないとのことなので、その辺のチェックですかね。
さくっと行ってさくっと帰って来たいですね。

通院日なので元気に病院。
今回は、なるべく歩かない戦法で、近所のバス停利用で行きました。

行って、受付しようと思ったらカードの磁気不良で使えなくて作り直しだし。作ってまだ3ヶ月弱なのに。
あとは、生命保険受け取りの書類を頼んだり、前回緊急入院したときの書類で出してないのがあったのでそれを出したり。

色々バタバタしてたらゆっくりお茶してる時間もあまりなかったんだけど、

でも、30分くらいあったのでスタバ行ってきました。
ストロベリー&ベルベットブラウニーフラペチーノ!いちごの果肉がいっぱい入ってて美味しかったんだけど、ストローが詰まるのでスプーン必須。

時間になって化学療法部屋に行って、金曜日に発熱があったこと、PCR検査で陰性だったことを伝えたら隔離されたよ。
待合室も一人、化学療法も個室でした。
診察の外来の先生だけは「3日くらいで熱が出る人がいるのよねー」とのほほんとした様子。

一人だったので静かで読書が捗ったのはいいんだけど、明細を見たらトリアージなんとか代で、数千円余計にお金がかかってました。しょんぼりです。

まだ食欲バリバリ、体重もキープしてます。
効いてるといいなぁ。

抗がん剤治療が2コース目に入りました。

11時40分病院着。血液検査と尿検査をするのですが、結果が出るまで1時間はかかるから診察の1時間前までには検査が済むようにとのことで、早めに行きました。
結局診察は午後2時過ぎ。もっとゆっくりでもよかったかなぁ。
検査してから病院内のスタバで1時間ぼんやりしていました。
温かいのが飲みたかったからストロベリー&ベルベットブラウニーモカにしたんだけど、ホットは写真撮ってもドロドロに溶けちゃってきれいじゃなかった。

手ブレもひどい(副作用なのかわからないけど手が震える)。

診察が終わったら午後2時半過ぎてたのかな? お昼食べてなかったのでモスバーガーまで歩いて行って3時の朝食。
野菜少し取りたくてモス野菜バーガーにしました。お昼のランチタイムはセットがちょっと安かったです。

お昼の薬を持っていくのを忘れちゃったので、なんとなく痛みが出そうな嫌な感じでした。

抗がん剤治療の部屋に呼ばれたのは午後4時過ぎ。終わったのは午後7時過ぎでした。
会計のときに現金が足りなくて焦ったー。37,000円もかかるなら先に教えておいて欲しい…クレカで事なきを得ました。あと薬代が1週間で4,000円。病気ってお金がかかるなぁ。

あとは、副作用が少なくて済めばまだよいのだけど。吐き気が少なくて済めばいいなぁ。
次はまた来週。

帰宅したら午後9時でした。
こんな生活毎週してたら疲れて体調逆に崩しそうだよー…

月曜日に退院。もともと肝臓の数値に不安はあったし吐き気も少しありました。

水曜日に激しめ嘔吐。
深夜にタクシーで病院に逆戻り。再び入院して本日退院してきましたよ。

悩まされてた吐き気もないし、味覚障害もない。元気です。
ま、来週の火曜日には抗がん剤治療再開なので、結局もうすぐ吐き気と味覚障害アゲインです。多分。

あと数日のうちに美味しいものたくさん食べなきゃ!!

抗がん剤治療から数日経って食欲不振の副作用が出てきた感じです。
吐き気はないけど食べようとすると「ウッ…」ってなる。

食べられるものを食べていいってことで、ヨーグルトと杏仁豆腐と、コロッケパンを買ってきてみた。
パンは食べられる気がしないけど、目が欲しいなって思ったのでとりあえず。食べられたらラッキー程度です。

便秘に1週間以上苦しんでいて、鎮痛剤の副作用だし抗がん剤の副作用でもあるしってことで、元々朝に水に溶かして飲む便秘の薬は飲んでたけど、寝る前に1錠追加になりました。
それが、オピオイド系鎮痛剤で起こる副作用の便秘専用の下剤ってやつで、寝る前に飲んで、翌朝お腹マッサージしたりしてたらテキメンに効きました。すごいよ!! 化学の力すごい。

9月初旬から体調を崩して入院しています。
初回は10日間。胆管閉塞の治療でプラのステントを入れて退院でした。
入院中に同病室にコロナ患者が出てそっちの方が大変だった印象。

その後10日空けて、9月27日に改めて入院。
前日の検査の帰りに体調を崩し、当日は発熱で色々大変でしたが、まだ入院してます。

病名ですが、膵臓のがんで、肝臓に複数転移してるようです。
最初に夜間診療で区内の総合病院で検査したところ、血液検査の数値がすごく悪くて、翌朝外科の医師がCTの結果を見たところ、膵臓に腫瘍があるだろうとのことで、その日のうちに紹介状をもらって大学病院に入院になりました。

で、色々検査してみたところ、膵臓の頭の方に悪性腫瘍。それが胆管を押し潰していました。
金属のステントに換えたけどそれでも潰れて、翌週に硬いやつに交換。

一昨日、やっと血液検査の数値が良くなって、昨日から抗がん剤投与始まりました。

今のところ吐き気もないし、これといった副作用はない感じです。
食事制限もないので、抗がん剤やる前日にスタバ(院内にある)にハロウィンのフラペチーノを買いに行ったり、他にも1Fのコンビニにスイーツやら美味しい飲料買いに行ったりしてます。

最初の入院の時はコロナやらで全然病室から出られなかったので、こっちの病室は案外快適。

夜になるとちょっと落ち込んだりもしていますが、そこそこ普通に生活してます。
鬱だった時は、あの病気に即効性のある(心の)鎮痛剤なんかないし、しんどかったらしんどいままなので、私の中で『病気=しんどくても耐える』って思ってた部分があったんです。
なので、「痛みどうですか?」って聞かれて「痛いけど我慢はできる程度です」って言ったら、

我慢はしなくていいです

って言われて目から鱗でした。

膵臓は症状が出る頃にはもう相当進行していると言われていて、そういえば背中痛かったけど肩こりだと思ってたなぁ。とかそんな程度で、9月に入ってからは色々身体おかしいな? と思ってたけど11月に健康診断があるからそれまで待てばいいやって感じの程度。

それにしても、こんな早い年齢でこんな病気に罹るんだな!?ってびっくりしました。

1年生存確率が、抗がん剤治療やって30%程度。
はて、治療する意味はあるのかな? と思い悩んでみたり、夜中に急に死ぬことについて考え始めちゃったり。
でも、絶望したり逆に死ぬことが怖くて泣いたりそう言うことは今のところありません。

闇に落ちそうになった時「私は長生きしたいと思ったことがこれまでにあったか?」と考え、いや無いな…と思いました(飼い猫の病気が心配だなとは考えた)。

なので、標準治療を受けながら最善を考えることにしました。
標準が最善だと思ったからです。

先月27日に入院したと思っていたらもう10月19日じゃん?
一日おきの血液検査の結果、治療が前進することになり、もう少し入院生活は続くんじゃよ。
退院しても外来に通院は続くのじゃ。

胆管閉塞でステント入れ替えしたり色々してて、一番酷かった時は食べ物の匂いがすることも嫌で、布団かぶってやり過ごしていました。
今はぼちぼちですが食べられるようになってきて、健康ではないけど普通に元気に生活してます。

慣れって怖いもので、最初入院ねって言われた時はとにかく眠れないことが不安で仕方なかったですが、1ヶ月も病院にいたら慣れますな。
普通に夜寝ることも慣れてきました。

困るのは、小説を読む気力が全く起きなくなってしまったことで、漫画は普通に読めるんだけど、小説はきついです。
多分小説の方が読んでて自分の心との距離が近いから色々しんどくなってしまう感じです。
読みたくないものは仕方ないから読まない。

読書目標云々言ってられる状況でもないですしね。

猛烈な吐き気と腹の痛みに耐えかねて夜間救急に駆け込んだのが先月頭。
その後、大学病院にすぐ移ってきて1回目の入院。
胆管が詰まってるためプラのステントを入れてもらってきた。

10日後に再入院の予定が前日に吐き気、当日に発熱。
たった10日でステント詰まってました。

入院後にすぐ交換。鼻から胆汁出す管がずっとついていて、先日木曜日にようやく金属のステントに交換。鼻からの管から解き放たれました。

点滴も血管が細い&逃げるで看護師さん泣かせ。

金属のステントに交換は胃カメラみたいなやつのゴツいのでやるので鎮静剤を打つわけですが、安定剤やら眠剤に慣れてるからまぁ効かず…
途中で目が覚めちゃったり、終わった瞬間しゃきっと覚醒して自分でストレッチャーに移動したり。

で、一番近々のは結構多めに入れたらしいんだけど、カルテに『○○(鎮静剤)投与するも目を閉じず』って書かれてたって聞いた。
多めに入れたおかげで、目が覚めるのは早かったんだけど完全に抜けるまでは時間がかかったみたいで、金曜日は倦怠感でやばくって、CTとレントゲンがあったんだけど車椅子で連れてってもらいました。

日が変わって土曜日の今日は体調も良好なので、点滴も外れたのもあって朝からシャワーでスッキリ。
ご飯が苦しいのでコンビニに行ってふりかけ買ってきてみた。

昨日から入院の予定で検査とか色々やってたんですが、入院当日に発熱。
連絡したら、血液検査とPCR検査をやりにすぐに来いとのことで入院セット抱えてすぐに出発しました。

PCR検査は3時間かかると言うことで陰圧室に閉じ込められること3時間半。
だんだん体調が悪くなってきて寒気がして震えてくる。

PCR検査の結果は陰性でした。PCR検査直後、熱が39℃超えてたんだけど病室に戻ったら37℃台に下がってた。
内臓の炎症のせいで発熱したんだろうと言うことで、前回の入院の時にやったことのやり直し。
いつになったら検査が前進するんだろううか…。

あと、仕事の予定がメタメタなのだがどうしたらいいんだろうか…

PAGE TOP