« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月読書まとめ。

2014.02.28 Fri 23:55

1日100ページ目標だったのですが、無事達成出来ました。やったー。

2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:4406ページ
ナイス数:75ナイス

ゴーストハント 7 扉を開けて (幽BOOKS)ゴーストハント 7 扉を開けて (幽BOOKS)感想
恋愛の行方はちょっと驚いたけれど、一応いい終わりでよかった。学校のほうはとにかく怖いというよりは、気持ち悪い。噛み合わせが悪いみたいな感じで続くのが辛かった。それにしても麻衣の能力はすごい上がってるなぁ。…悪夢の棲む家も読みたいな。
読了日:2月25日 著者:小野不由美
ゴーストハント6 海からくるもの (幽BOOKS)ゴーストハント6 海からくるもの (幽BOOKS)感想
系図がややこしすぎて、口から何か出そうになった。あと、宗教と歴史の話題が多すぎて大変でした。でも、後半話が動いてくると一気にどばっと読めてしまった。作中で人が死ぬのは初かなぁ?死者の霊は出ても登場人物が死ぬことはないとどこかで思い込んでいたのでちょっとびっくり。さぁあと1冊。
読了日:2月23日 著者:小野不由美
天使のカノン (集英社文庫―コバルトシリーズ)天使のカノン (集英社文庫―コバルトシリーズ)感想
小学生の時はじめて自分で選んで読んだ小説です。今読み返してみると、ふわっとしてて、わたあめみたいで、小説って言うよりポエムみたいだなぁと感じました。そして、同時に小学生だった自分を思い出してなんだか恥ずかしい…
読了日:2月19日 著者:倉本由布
ゴーストハント5 鮮血の迷宮 (幽BOOKS)ゴーストハント5 鮮血の迷宮 (幽BOOKS)感想
なにかと時代を感じる今巻だった。リンの正体のこととか特に。主人公が学校に行ってない理由は昔の少女モノでよくあったタイプの御都合主義かな…。洋館を舞台にした話でしたが、幽霊的な怖さは感じず、むしろ恐怖したのは執念というか。そこまでして生きたいと思うのはなぜだろう?と疑問に思った。
読了日:2月18日 著者:小野不由美
ゴーストハント4 死霊遊戯 (幽BOOKS)ゴーストハント4 死霊遊戯 (幽BOOKS)感想
またもや学校が舞台。…いたなぁ、意地になって生徒に自分の過ちを認められない教師。所詮子供だと見下されているのがわかってしまって、余計に許せなかったなぁ。高校生になってからは逆に生徒がそういう教師を見下してたから諍いは少なかったように思えるけど。そんなことを思い出した今巻でした。自殺した生徒の件はもう少し掘り下げて欲しかったかも。
読了日:2月16日 著者:小野不由美
ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (幽BOOKS)ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (幽BOOKS)感想
犯人はわかりやすくかった。最初から怪しいからこそ他の人間かと考えたけどそうじゃなかった。あと、一人の人の呼び方が複数あったりして、そのへんはちょっとわかりにくかったかな。それから、発表から時間が経っていることもあって、時代を感じた。ユリゲラーのこととか、ちょっとピンと来なかったかな。話は相変わらず面白かった。
読了日:2月16日 著者:小野不由美
ゴーストハント2 人形の檻 (幽BOOKS)ゴーストハント2 人形の檻 (幽BOOKS)感想
1巻と比べて怖かったなぁ…。子供の霊がいっぱい…って想像しただけでゾクゾクする。ビスクドールとかそれだけでも怖いので、とにかく恐怖。でも、母親の気持ちとか、見えてくると悲しい。結局富子は居なくなってからどうしていたのかはわからず仕舞いでしたが、いろいろ想像するなー…
読了日:2月13日 著者:小野不由美
ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)感想
昔、ティーンズハートとか大好きで色々読んだけど、恋愛にしか興味がなかったのでこの作品は読んだことがありませんでした。久々の少女小説で痒くなったけど、話は面白いし語り口調は懐かしいしで、夢中になって読んだ。シリーズ通して読もうと決意。
読了日:2月12日 著者:小野不由美
猫舌男爵猫舌男爵感想
どれも感慨深い。というか、どれも高度過ぎて私の稚拙な日本語では言葉にならない。印象深いのは「睡蓮」かなぁ。相関図のページを何度もめくりながら読んだ。腹立たしいと同時に画家とはこういうものなんだろうかと虚しい気持ちにもなった。「太陽馬」の中に唐突に出てくるストーリーに惑わされた。
読了日:2月10日 著者:皆川博子
珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)感想
恋愛成分多め。でも、なんだか恋愛にリアリティがなくてそこは残念だなと思ってしまいました。謎解きなら恋愛に絡めなくても面白いはずだし。前巻の猫の話とか好きでした。付き合う云々のところは美星の台詞に惑わされ信じてしまった。ぐぬぬ。
読了日:2月7日 著者:岡崎琢磨
珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
書店で平積みされているのを何度も見ていながら、手が出せずにいました。最近はこの手のミステリーが多く、判断しかねるからです。が、読んでみたところ好きなタイプで当たりでした。日常の謎を、淡々と続けて、恋愛も煮え切らないまま終わるのかなと思っていたので、後半の展開はちょっとびっくりしました。平和に読みすぎてちょっとした叙述トリックに引っかかって悔しい!
読了日:2月6日 著者:岡崎琢磨
終物語 中 (講談社BOX)終物語 中 (講談社BOX)感想
あららぎくんと戦場ヶ原さんの電話のシーンは是非声で聞きたいと思った。上巻と比べて今回は遊びが多い中で話が進行して行く感じで、シリーズとしてはこっちが正解かもと思いつつも、謎解き多めの前巻のほうが好み。会話シーンは、駿河相手だとやや退屈に感じてしまい、八九寺Pの不在が悔やまれる。
読了日:2月5日 著者:西尾維新

読書メーター

1月読書まとめ

2014.01.31 Fri 23:55

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1961ページ
ナイス数:56ナイス

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)感想
恋愛に関してヤキモキさせられた今巻だったけれど、大輔さん男前だな…。相変わらずこのシリーズ内に登場する本は1冊も読んだことがないのですが、それでも楽しめます。内容よりも稀覯本やらに関しての知識が多かったりするので手が出せないっていうのもありますが。1巻の最後に捕まったあいつが仮出所でまた話がきな臭い感じ…。次巻も楽しみです。
読了日:1月30日 著者:三上延
デュラララ!!×13 (電撃文庫)デュラララ!!×13 (電撃文庫)感想
挿絵がなかったのは、わざとなのかページ的に入らなかったのか、それとも夜桜のほうで忙しかったからなのか。個人的にはイラストで見たい場面がいくつかあったのでそこはちょい残念。なにはともあれ大団円てことで良かったと思います。
読了日:1月22日 著者:成田良悟
あでやかな愁情 (幻冬舎ルチル文庫)あでやかな愁情 (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:1月21日 著者:崎谷はるひ
りぽぐら! (講談社ノベルス ニJ- 33)りぽぐら! (講談社ノベルス ニJ- 33)感想
同じ話が言葉を違えて何度も続くので面白さは薄い。けれど、言葉が違うだけでその人の人間性とかキャラクターや時には性別さえも違ってくる感じがして、そういう発見があったところは面白かった。あと、挿絵を大勢の方が書かれているんだけど、同じストーリーに大して描かれるイラストなのに様々で個性あふれる感じな部分も面白いなと感じた。
読了日:1月12日 著者:西尾維新
竹田くんの恋人―ワールズエンド・フェアリーテイル (角川スニーカー文庫)竹田くんの恋人―ワールズエンド・フェアリーテイル (角川スニーカー文庫)感想
携帯ゲームが題材だが、どうやらi-modeのものらしくて、さすがに10年以上前の作品だと古い感じは出るよなぁと思いつつ、でも例えば水菜が林太郎とくっついて大家みたいになってたとして、現代、スマホでリメイクされた少女たちがこちらの世界にやってきたら……また新しい話が出来そうだよな。とか。閑話休題、桜庭さんの近年の作品と比べるとビックリするけどゲームのシナリオライターをやってたことを思うとなるほどなぁと思える作品でした。
読了日:1月12日 著者:桜庭一樹
“六条" ヒカルが地球にいたころ・・・・・・(9) (ファミ通文庫)“六条" ヒカルが地球にいたころ・・・・・・(9) (ファミ通文庫)感想
ようやく是光の最愛も決まり、最後にすごい展開もして、次巻でおしまいのようです。とんでもない人がすごい怖くて、でも驚き半分納得半分。
読了日:1月6日 著者:野村美月

読書メーター

12月読書まとめ

2013.12.31 Tue 23:55

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1446ページ
ナイス数:20ナイス

GOSICK RED (単行本)GOSICK RED (単行本)感想
場所はNYに移しつつもまだヴィクトリカと一弥はややヨーロッパの臭がするような感じがした。謎解きは相変わらず難しいものではないですが、なんというか独特の魅力がある作品。是非、武田日向さんの挿絵入りで読みたかったが、どうやら活動休止されているみたいで残念だなぁ。
読了日:12月28日 著者:桜庭一樹
その指さえも (幻冬舎ルチル文庫)その指さえも (幻冬舎ルチル文庫)感想
概ね平和なお話だった。過去作品だということもあってか、最初ちょっと読みにくいというか内容が浮かびにくいなぁとおもっていたけれど、徐々に問題なくなった。後のミルククラウンやブルーサウンドを彷彿とさせるような雰囲気もあり、結構良かった。関連シリーズも読んでみなければ。
読了日:12月23日 著者:崎谷はるひ
君の歌は僕の歌―Girl’s guard (ファミ通文庫)君の歌は僕の歌―Girl’s guard (ファミ通文庫)感想
面白かった。主人公が女の子の作品がこんなに初期からあったんだ。話は軽くてあっさり。ヤスダスズヒトのイラストもポップで良い。ただ、各章の吹き出しのデザインを見てると、なんだか別の人の作品を読んでるような気がしちゃって、最初ちょっと変な違和感があった。普通にかんがえたらこっちの方が古いのはわかるのにねえ。
読了日:12月7日 著者:桜庭一樹
お釈迦様もみてる 蛍のヒカル (お釈迦様もみてるシリーズ) (コバルト文庫)お釈迦様もみてる 蛍のヒカル (お釈迦様もみてるシリーズ) (コバルト文庫)感想
これで一区切りかな?卒業式の下りは結構いいなと思いました。ある程度惰性ではあるけれども読み続けてきてよかったかな。柏木卒業後の祐麒の成長した姿は以前ちょっと出てきたことがあったけれど、そのへんのシーンが面白かったから花寺視点で読めたら面白いなと思うけど。
読了日:12月6日 著者:今野緒雪
獅子たちはノアの方舟で―B‐EDGE AGE (富士見ミステリー文庫)獅子たちはノアの方舟で―B‐EDGE AGE (富士見ミステリー文庫)感想
前巻よりも、解決に向けてのドキドキ感が大分増してた。ただ、ビデオのトリックはすぐにわかっちゃったけど。正直、かなり面白くなっていたので、ここで終わってしまっているのが残念だなと感じた。そして、この作品があったからこそ、GOSICKシリーズがあるのだということも強く感じることが出来た。
読了日:12月5日 著者:桜庭一樹

読書メーター

11月読書まとめ

2013.11.30 Sat 23:55

2013年11月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:897ページ
ナイス数:11ナイス

あでやかな愁情 (幻冬舎ルチル文庫)あでやかな愁情 (幻冬舎ルチル文庫)感想
読み終わりました。産後鬱、ネグレクト、DV…。非常に難しいテーマだと思います。私は重い鬱を患っていたことがあるから、人格が変わるということがわかります。が、そうじゃない人からすると理解することは難しいんじゃないかと感じました。他には、前巻で慈英が、怪我をする臣を怖いと言って、それを理解できていなかった臣が、逆の立場になることでようやく理解できたのではないかと感じました。情報過多ではあったけれど、取り敢えず一区切り、良かったです。あとは、CDで是非、聞きたいです。
読了日:11月28日 著者:崎谷はるひ
獅子たちはアリスの庭で―B‐EDGE AGE (富士見ミステリー文庫)獅子たちはアリスの庭で―B‐EDGE AGE (富士見ミステリー文庫)感想
新装版が出ることはなさそうなので(読書日記か何かでそう読んだ)古書で購入。まぁ、逆転裁判的な小説でした。近年の桜庭さんの少女の描写はないけれど、GOSICK1巻を読んだ時に似た感じはあった。でも、イケメン嫌い(?)な桜庭さんがイケメン書いてる!!っていうのがいちばんの驚きかも。言われてるような腐の要素はほぼ感じなかった。強いて言うならあとがき…?
読了日:11月27日 著者:桜庭一樹
恋はドーナツの穴のように (ディアプラス文庫)恋はドーナツの穴のように (ディアプラス文庫)感想
年下攻は好きだけど、攻がちょっと子供すぎてむー…と思った。砂原さんの作品はダークなもののほうが好きかなぁ。鉛筆削りはちょっと気になった。あとドーナツ食べたくなった。
読了日:11月21日 著者:砂原糖子
恋紅 (新潮文庫)恋紅 (新潮文庫)感想
遊女屋の娘「ゆう」の前半生を描いた作品。時代背景が最初とっつきにくかったが、読んでいくうちにどんどんのめりこんだ。いつの時代も母とぶつかる娘というのはあり、そして自分で決断しておとなになってゆく。花魁や役者と、ぱっと見華やかな舞台でありながら裏の世界を描き、さらにソメイヨシノの淡い桃色を思い浮かべる…美しい作品でした。
読了日:11月10日 著者:皆川博子

読書メーター

10月読書まとめ

2013.10.31 Thu 23:55

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1964ページ
ナイス数:17ナイス

終物語 (上) (講談社BOX)終物語 (上) (講談社BOX)感想
暦物語から引き続き、謎解きがメインのような1冊でした。それにしても扇ちゃんの気持ち悪さと、それにマインドコントロールされたような暦のぼんやりっぷりがなんとも気持ち悪かった。…早く下巻出ないかなー…
読了日:10月24日 著者:西尾維新,VOFAN
櫻子さんの足下には死体が埋まっている  雨と九月と君の嘘 (角川文庫)櫻子さんの足下には死体が埋まっている 雨と九月と君の嘘 (角川文庫)感想
内海さんの親友の話、おばあちゃんの短編、学校の標本の話、どれも良かった。そして続きが読みたい。
読了日:10月23日 著者:太田紫織
櫻子さんの足下には死体が埋まっている   骨と石榴と夏休み (角川文庫)櫻子さんの足下には死体が埋まっている 骨と石榴と夏休み (角川文庫)感想
東藤家のはよくドラマなんかであるような王道なミステリーだなと思った。いいちゃんの話とおばあちゃんの話結構好き。王道なミステリーを気軽な文章で読めるというところがやっぱりこの作品の好きなところだと思った。
読了日:10月20日 著者:太田紫織
櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)感想
軽めのミステリーで、キャラのインパクトもそれなりにあって、なかなか好みだった。推理部分はとても簡単なので、そういう部分を深く読みたい人には向かないかも。
読了日:10月17日 著者:太田紫織
好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く (メディアワークス文庫)好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く (メディアワークス文庫)感想
リアルででも綺麗で甘酸っぱくて甘い。恋愛の幸せの定義を見失っているわたしは、彼女たちが数年後に幸せになれるような想像はなかなか出来なかった。なんとなく共感できるのは次女で、羨ましいと思ったのは三女だった。
読了日:10月12日 著者:瀬那和章
空の境界 未来福音 (星海社文庫)空の境界 未来福音 (星海社文庫)
読了日:10月8日 著者:奈須きのこ
“花散里" ヒカルが地球にいたころ……(8) (ファミ通文庫)“花散里" ヒカルが地球にいたころ……(8) (ファミ通文庫)感想
文化祭のお話。みちるはちょっと怖かったけど、望みが叶って一安心。ほのかにがんばって欲しい…。
読了日:10月5日 著者:野村美月

読書メーター

9月読書まとめ

2013.09.30 Mon 23:55

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:638ページ
ナイス数:27ナイス

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)感想
何ヶ月もかかってしまったけれどようやく読了。 原因は登場人物の名前と特徴が私の中で一致しないまま解決編まで来てしまったところかなと思います。 誰が<走狛>であったのかは、途中で想像してたうちのひとりでした。 新しいタイプのミステリーだと思います。
読了日:9月26日 著者:米澤穂信
優しいプライド (幻冬舎ルチル文庫)優しいプライド (幻冬舎ルチル文庫)感想
志上が間違った方にどんどん転んでいるなぁというのが読んでて辛くて辛くて…。時折出てくるエピソードにまぁこういう風に大人になったりもするのかなぁ…とか思ったり。保高はそもそもなんで好きになったんだろう?という疑問はありつつも最後の書き下ろしを読んですこし理解できたような気もする。結局収まる所におさまったら強烈なツンデレでしたな。 BLとか抜きにして、体の特徴をアヒルのリボンに例えたりするところはさすがだ…と唸ってしまった。こういう描写が好きで砂原さんの作品は毎回読んじゃう。
読了日:9月24日 著者:砂原糖子

読書メーター

8月読書まとめ

2013.08.31 Sat 23:55

2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:590ページ
ナイス数:13ナイス

お釈迦様もみてる オン ユア マークス (お釈迦様もみてるシリーズ) (コバルト文庫)お釈迦様もみてる オン ユア マークス (お釈迦様もみてるシリーズ) (コバルト文庫)感想
バレンタイン話。チョコ食べたくなってしまった。ユキチはなんだかいつもイライラしてるなぁと思ったり。あと、今回ついに挿絵が一枚もなかった。
読了日:8月15日 著者:今野緒雪
エブリデイ・マジック ―あまいみず― (幻冬舎ルチル文庫)エブリデイ・マジック ―あまいみず― (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:8月6日 著者:崎谷はるひ

読書メーター

6月読書まとめ

2013.06.30 Sun 23:55

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:584ページ
ナイス数:13ナイス

桜庭一樹短編集桜庭一樹短編集感想
なんでこの表紙?と思いながら読み進めていて、最後の「赤い犬花」を読んで納得した。「冬の牡丹」を凄く気に入って、読みながら当時は刺さらなかった「私の男」を今読んだら凄く刺さるのかもしれないと思ってた。どれも独特の空気感ですごく好き。
読了日:6月27日 著者:桜庭 一樹
デュラララ!!×12 (電撃文庫)デュラララ!!×12 (電撃文庫)感想
登場人物が多すぎて前巻では把握しきれなくなっていたので、まずはおさらいを込めて10からざっと再読。今巻はセルティの事も、罪歌の事も混沌としてきています。まるでウィルス感染者が街中に溢れかえっているかのよう。忘れないうちに次巻希望(笑)
読了日:6月12日 著者:成田良悟
恋愛できない仕事なんです (ディアプラス文庫)恋愛できない仕事なんです (ディアプラス文庫)
読了日:6月9日 著者:砂原 糖子

読書メーター

5月読書まとめ

2013.05.31 Fri 23:55

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1787ページ
ナイス数:28ナイス

暦物語 (講談社BOX)暦物語 (講談社BOX)感想
最初の方、懐かしい感じもしてとても良かった。阿良々木くんが語りなのもよかった。ただ、セカンドシーズンに入ってからの話は本当に…記憶に無いなぁ…と実感。ただの短篇集かと思いきや最後にでっかい引きを残してくれたなぁ…。扇ちゃんの正体とかはやく…
読了日:5月29日 著者:西尾 維新
“朝顔" ヒカルが地球にいたころ……(6) (ファミ通文庫)“朝顔” ヒカルが地球にいたころ……(6) (ファミ通文庫)感想
空蝉を読んだ後に買い逃していたことに気がついた朝ちゃん回。織女さんも良い人だったし、朝ちゃんとの最後の方のシーンはすごく良かった。
読了日:5月18日 著者:野村 美月
“空蝉" ヒカルが地球にいたころ……(7) (ファミ通文庫)“空蝉” ヒカルが地球にいたころ……(7) (ファミ通文庫)感想
最後まで全部読んで、改めていい話だった。一朱の「ぁぁぁ」とかの語尾がちょっと気になる感じはした…けど。あとは帆夏がちょっと不憫すぎるかなとか。あとがきにちょろっと書かれてたけど琴吹とかぶってみえるのはツンデレとかキャラデザじゃなくて不憫なところだ!と私は強く言いたい。過去ヒロインたちはみんな可愛らしく描かれていてよかった。今作ヒロインの空は悲しいながらも良いキャラクターで共感できる部分も多かった。
読了日:5月10日 著者:野村美月
とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢 ---ジョイス・キャロル・オーツ傑作選とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢 —ジョイス・キャロル・オーツ傑作選感想
途中、自分の過去の失敗などを思い出して怖くなって読めなくなってしまった。ようやく読めた。凄かった。だけど、この作者の本は二度と読みたくない(褒め言葉 『化石の兄弟』母親の腹の中にいる時からの兄の狂気を孕んだ生き様が油ギッシュでとても怖い。でも素晴らしい。
読了日:5月8日 著者:ジョイス・キャロル・オーツ
トオチカトオチカ感想
sari-sariで読んでる時から書籍化を心待ちにしてました。電子のとき、終わり方がすごくあっさりだったので、ぽかーんでしたが、目一杯満足いく終わり方で本当にご馳走様でした。恋愛したいなぁ、とか思ってしまいました。
読了日:5月2日 著者:崎谷 はるひ

読書メーター

3月読書まとめ

2013.03.31 Sun 23:55

あんまり読めなかったなぁ……。

2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:878ページ
ナイス数:30ナイス

八本脚の蝶八本脚の蝶感想
復刊ドットコムで復刊決定したようです。高騰しているので有難いことだと思います。この本の存在を知ってから数年、私は年齢を重ねて今では遠い所に来てしまったが、彼女の考えに強く共感を覚える日々を過ごして来た経験があることは確か。彼女の世界に溺れすぎてしまうことは危険だが、共感出来る人は多くいると思う。
読了日:3月12日 著者:二階堂 奥歯
とある魔術の禁書目録 ―ロード トゥ エンデュミオン―とある魔術の禁書目録 ―ロード トゥ エンデュミオン―感想
近頃出てる新刊と比べてさっぱりしてるし、厚みも普通。正直読みやすくて良かった。宇宙エレベーターをインなんとかさんがここで認識してると映画と矛盾が生じるなぁというのはちょい気になる。
読了日:3月7日 著者:鎌池 和馬
“文学少女”の追想画廊2“文学少女”の追想画廊2感想
やっと読めた。久し振りの文学少女は甘酸っぱすぎて恥ずかしくなっちゃったけれど、やっぱり良い。
読了日:3月2日 著者:野村 美月,竹岡 美穂

読書メーター

Total:443939 t:7 y:50