カテゴリー「 Live/Event 」の記事

176件の投稿

この土日はライブでした。

ぴあアリーナMM!
去年ライブで行く予定だったりした会場でした。

神谷さんのライブも去年中止になって、改めて同じライブタイトルで今年。

なんかねー、今回のライブものすごく良かったんですよね。
今までも良かったんだけど、緊張感とかそういうのを強く感じることがあって、今回もあるんだろうけどあまりこちらに感じさせない感じで、暖かくて優しいライブだったなーと思います。
過去のライブは仕事の都合だったり、せっかく土日行くつもりで予定あけてたのに結局日曜日しか取れなかったりで、よく考えたら連日参加って初めてでした。
土曜日のほうがMCが緩め?そのほうが好きだったりもするし、収録で残らない事が多いので今回は両日行けてよかったなと思います。

Precious Moments………去年ライブが中止になったときに家で聞きながら「この曲で始まるライブだったのかなー」って思ってた曲。あれから1年以上経ったことで、歌詞の意味がより深く強くなったと思いました。ソロライブは5年振りだし!

明日へのバトン………ハレゾラから。全然歌ってないらしいけど、どこかで聴いた記憶あるなと思って家に帰って調べたら、ハレゾラPartyの昼公演でした。夜のライブパート(アンコール以外)は次のミニアルバム、ハレイロの豪華版に入ってたけどこれは未収録。DVDにはHello my shadowが収録でした。ハレゾラPartyはなーんにも見えなかった記憶しかない(笑)

アコースティックコーナー………土曜日に行ったときに一番驚いたこと。なんか勝手に、やりたがらないだろうと思ってた…。始まってみたらこれが驚くほど良くて、土曜日に初めて聴いたときは昔のことを思い出したりしていました。
神谷さんがCDデビューするなんて日が来るとは思いもしなかった頃に、『光の旋律』(神曲奏界ポリフォニカのキャラソン)とか『歩み寄る勇気』(夏目友人帳のキャラソン)を聴きながら、「この人の歌なぜかものすごい好きなんだけど、本人名義のCD出さないかな…出すわけないよなーw」と思ってた時のことをなんでか思い出してて…(まぁ、ポリフォニカのキャラソンが2009年5月発売で翌月には歌手デビューが発表になってめちゃくちゃ驚くんですが…)。
今までのライブではあまり聴けない感じの歌い方が聴けたことが幸せでした。こういう優しい歌い方も好きだなと思った次第。
いっそ、アコステライブとかやったらいいと思うよ…。

君のためのラプソディ/GLORIOUS TIME -10th anniversary-………大阪公演の前に、コーラス音源募集というのがあって、頑張って送ってみた。久しぶりに自分の歌録音したんだけど、そんなに劣化してなくて安心したやつ(笑)でも、ゲーミングヘッドセットのマイクで歌ったら声でかすぎて音量制限かかって途中から音ちっちゃくなっちゃって試行錯誤はした。結局WEBCAMのマイクで録音してえいーっと送った。どのくらい応募あったのかねぇ…。自分の声なんぞわからないけど、会場で聴いて送ってよかったなーと思った。

今回はさー…バンドさんの音も過去イチ好みで、ライブに没頭できる感じでもうなんかうまくいえないけど好き。でした。
カラオケだとモヨモヨして上手に音楽にのれないことがあるし、生バンドでもなんとなくしっくりこないこともあるんだけど、今回はそういうのが全く無くてほんとに好み…。次のライブも同じメンバーさんでやってくれませんか?って感じ。会場の音響とかの関係もあるのかねー。なんだろ。

2日目の最後に生声で挨拶してくれたときに、マイクなくても同じくらいの音量で聞こえてきてびっくり。初日のアンコールの方の煽りの時、「声でか!」って思ってたけど、生声の音量聞いて「ほんとに声でか!!」って感じた。プロってすげぇ!

2日間がんばったトートバッグ。また次のライブのときまで大切におやすみなさい。

アニサマ3Days

イベント参加は昨年12月ぶり。ライブは昨年1月のリリカルライブぶり…となりました。
2年ぶりのアニサマ。そして3日間通しでの参加。

久しぶりのライブは、暑かったり、自分の体力の低下を感じさせるものでした。
正直、久々で3連チャンはきつかったけど、有意義な3日間でもありました。

7月末に2回目のワクチン接種を終えて、安心しての参加になるかと思いきや、とんでもない人数の感染者報告をめにしていたので、気の抜けない日々でもありました。

せっかく2万7千人入る会場に入場してみれば、後ろの方や上の方は空席。寂しさもありつつ、市松配置の座席はとてもとても快適でした。
こういう時勢になると今までのライブがいかに他人と密着して行われていた環境だったかと驚かされます。

ライブの内容は知ってる曲も知らない曲も、好きなアーティストもそこまで知らないアーティストもいて、時代の移り変わりを感じたり。
私は何がいいのかさっぱりわからない人たちに熱狂する周囲の観客とのギャップに驚かされたりもしました。今に始まったことではありませんが。

色々感じることはありつつも、生の音を全身に浴びることが出来てとても幸せでした。

惜しむらくは、ライブ用の耳栓を買っていたのに持っていくのを忘れたことでしょうか。
特に初日は席の場所的に、右耳からの音圧が大きかったので、久々の爆音はちょっとだけクラクラしました。
だけど、今年は観客の声援がないので、ライブの音量もきっとちょっとは控えめだったと思うので、なくても大丈夫でした。

4月からこっち、チケット取ってたライブがことごとく中止になりまして、この先の休日の予定真っ白です。
体力的には楽だけど流石に寂しい……

そんな中、MOBライブがあったはずの日に無料配信のトークライブがあるというので、とても楽しみにしてきました。
トークライブとか、歌はなさそうなことを言っていたのですが、実際にはライブコーナーもあって、終わったあとの有料楽屋トークも含めて4時間。とても楽しい時間になりました。

文化放送の番組なので、局内のイベントホールあたりでやるのかと思っていたら、どこかの大きなライブハウスで行われていて、思いの外ライブを見てる感じがして、すごく楽しめました。
大きいアリーナでのイベントやライブほどの臨場感はなかったけれども、想像していたよりもずっとライブに行った感は味わえました。
しばらくはこういう感じがスタンダードになっていくのかなぁと感じました。

生配信中に、とんでもない額の投げ銭が入っていたようなので、これで未来に繋がっていったらそれは素晴らしいことだしすごいことだなと思います。

早くコロナ収束してライブに行きたいし、DGSが永久に続きますように…!

日曜日、リリカルライブにいってきました。
改修後、そう間を置かずの代々木体育館でしたが、綺麗になってはいたものの、変わったっていう印象はなかったかな。
SSAのリリパに行ったことはあったので、その時ぶりのなのはイベ。
普段あまり歌わない人達が歌ってる姿は新鮮でした。同窓会感ある感じ。

ゆかりさんと奈々さんのデュエットも凄く良かった。
奈々さんがゆかりさんの手を握って走るところとか、大きくなってからのなのはとフェイトの感じがした。

最後の挨拶は長かったけどめちゃくちゃ面白くて、ずっと笑ってたら喉おかしくなりました。

30曲、いいライブだったなとしみじみ感じました。
個人的には、サブで持っていったキンブレが点かなくて焦った〜! 電池外してつけ直したらついたからとりあえず乗り切れたけど…。2本使う時に限ってこういうトラブルが起きるものなのねー。
帰って電池を充電器に刺したら1本だけエラー出てたから、どうもダメな電池が混ざってたみたいでした。

あ、そうそう、なのはの今後の展開に望むものは、ありきたりだけと『中学生編』と、『StrikerS』の劇場版かな。

年末12月30、31日はangelaライブに行っていました。
大晦日は7時過ぎくらいに渋谷をウロウロしていましたよ。これから人がたくさん来るんだろうなーと思いながらの帰り道でした。

ライブは2Days。そして久しぶりの大サーカスということで楽しみにしていました。
ずっと聞きたかったLOVE★CIRCUS。そして楽しかったりしんみりしたり、幸せになったり笑ったり。そんな時間でした。

あ、そうそう。改装工事が終わったばかりの渋谷公会堂(LINE CUBE SHIBUYA)だったんですが、建物はすごくきれい。
でもちょっとおしゃれをこじらせてて表示の文字が見にくいとか、そういう部分もありつつ(笑)。
緞帳が白で地味なのでプロジェクター使えるのがいいなぁと思いました。

Kiramuneのリーディングライブ、現地に初めて行ってきました。
今年はミステリ!そして相沢沙呼さんの脚本ということで楽しみにしていました。

始まってみたら、すごいセリフ量…早口だなーと思ってました。
出演者から活字が溢れてくるような言葉遣いで、とても小説的な印象。

それと、探偵、暁玄十朗の台本、一番最初は普通の台本だったようですが、新聞になり雑誌になり、館の本になり…。
これは大変そうだぞ…という印象。
回数がとても多くて、本当に少しだけしか読んでいないのもあったので、もっと回数は少なくても良かったのでは? と思わなくもなかったですが、それにしても楽しめました。

朗読劇、演出が増えて動きも増えてくると、ともすれば演劇のリハみたいになってしまうところもあるのではないかと思っていました。
なので、こういうとっかえひっかえ本が変わるというのは新しくてよかったです。

館の別の部屋が、上の奥の紗幕の向こうになるのも面白かった。

今年もこの季節。

3日間のSSA通いが終わりました。
楽しかったり、世代のギャップを感じたり、色々な思いが交差しましたが結果的に楽しかったです。

私が、70年代アニソンで高揚しないように、今のコアな客層は90年代アニソンでは高まれないでしょう。
自分が20代の頃に、テレビのアニソン番組を見て、古臭い曲ばっかりだなって思ってたのと同じなんだろうと感じます。

だけど、今回の初日の鈴木雅之を見ていて、子供の頃私はアニメが好きではなくて、アイドルが好きで音楽番組を見ていた頃を思い出しました。
子供の頃のわたしは、ラッツ&スターとかすごいオジサンに見えていたから好きじゃなかった。
今の年齢になってみて、鈴木雅之はキラキラしていました。

いつか、名曲だと気づいてもらえる日がくればそれは幸せなことだな、とか思いました。

今日の藍井エイルのトリを見てて、ラスサビでUOが光るの、きれいだなって初めて思いました。
あれだけタイミングが揃ってぱっと明るくなるのは良いものですね。全部UOになったらそれはなんか違うとも思う。
いつもは、バラバラとにオレンジになって汚ねぇなと思っているし(特に、青にオレンジは補色なのでバラバラだと最悪)、なんでもかんでもUO焚かれるのは殺意をも感じますが、今日のは良かった。アウェイがだから悠長にこんなこと思ってるのかもしれないけど。

ただねぇ、今のアイドルユニットブームとか、2.5とか好きになれない自分は、そろそろ潮時なのかもしれないなとも思います。
圧倒的に自分には合わないから、そういう色がもっと濃くなってきた際には、ちょっと考えちゃいますね。
せめて、推しがいない人のための色を明確に提示してくれたらなー…なんて思うのです。

それと、テーマソング。曲はいい曲だったけど、観客も全員で歌って終われる曲じゃなかったのはちょっと残念かなー。アンセミックじゃないっていうか、そういう感じ。

いちばん楽しかったのは2日目かなぁ。音楽で伝えるってことを体感した日でもありました。
個人的にはangela楽しすぎて体力使い果たしてたのでその後は辛かったんだけどね。SURVIVE!もは結構な回数ライブで聴いて、ようやく体に入ってきて心から声出せるようになりました。ほんと楽しかった。

噂のシクレHTTは3日目。みんな待ってたんだねぇ。
EDの衣装で出てきた時、感動しました。すげぇ!!と思って。けいおんは主にEDが好き。

3日目はJAM ProjectのHEROにびっくり。国際的なやつ匂わせるMCは好きじゃないけど、この曲はすごく好き。

来年も開催されるみたいだけど、オリンピックの影響でどうなるんだろうなー。

ついに、ついに、待ちに待った物語フェスでした。
待ちきれなくて5時過ぎに電車に乗って物販へ。結構早いところに並べたので、6時過ぎに並び始めて買い物終わって10時になる前。
ちょっと気合い入れていろいろ買っちゃった。

お昼前に家に戻ってきて、クロジさんのチケット確保。

あと、帰宅して鏡を見たらあまりに土気色でやばい…と思ったのでちゃんと化粧してみたり。

4時くらいに再び幕張へ。
入場してからも写真のスタンドを撮るために30分並んだよね。

物語フェス、どんな感じになるのかなと思ったら。
こんなイベント、西尾維新がいなきゃできないよねって感じ。
朗読とオープニングテーマで紡がれた時間でした。

始まりを探す物語。あと、ドレスコード。
「コード=和音」
ってワードが出てきたときに、思わず声が出そうになりました。

キャストさんは、キャラクターに寄せた衣装、そして後ろの映像。
ぼんやり見てたら本当にキャラクターがそこにいるみたいな気分になりました。

フリートークを一切排除したアニメイベントって初めてだったので、ちょっとびっくり。
でも、それが「らしい」なって思える時間でした。

ストーリー上仕方がないんだけど、暦と貝木の会話も聞いてみたかったな。
本編でも、会話してても会話が成立しない、お互いが違うステージで会話しているみたいなところがあるので、ちゃんとおなじステージで会話したらどうなるんだろう?
気になるので、今後原作でやってくれないかなぁ。

途中で気がついたんですが、生の花澤さんって初めてで、DJ撫子のところ聞いたときにあまりにも声が可愛らしくて、溶けるかと思った。
スピーカー通してるとはいえ、やっぱ生声ってすごいなぁ。
普段、編集終わって聞いてる声では聞こえない周波数の何かがあるんですかね。

2時間半以上はあったんだけど、あっという間すぎて終わってほしくない気持ちで一杯になったのでした。

DGSのイベントのときとかも最近よく思うんだけど、10年間同じものを好きでいると、こうやってご褒美みたいな瞬間がたまにあって、またずっと好きでいたいって強く思うのです。
物語のイベはもう今後あるかどうかわからないからこそ、嬉しい時間でした。

生演奏も、舞台演出も、お芝居も、歌も、台本もすばらしくて、映像化しないのが勿体なすぎる。

初アンフィシアター。
そして、今回はアニメの映像ありのライブでした。とても良かった!!

座席が関係者席とかPA席とかがある場所の真ん前でした。
スタッフさんのところ、ゲーミングPCSが置いてあって、なんで? って思ったんですが、映像のスタッフさんだったみたいです。
そりゃ、高スペックが必要だよねー…と納得。

映像の件は、前回の日比谷野音のあとに、アニメの映像があったらもっといいのになって話をしていたので嬉しかった。

往復、今回はバスだったのでちょっと新鮮でもありました。

キラフェス2日目に4年ぶりに行ってきましたよ。ひとりで。

ものすごい寒かった!メットライフドーム(西武ドーム)何度も行ったことがあるけど、寒かったのは初体験でした。酷暑で倒れかけたことはあるけど寒いのもしんどいですねぇ。

ライブは楽しかったですよ。
私が行ったあたりはぼっち席だったのかな? みんなソロでした。
1塁側のサイドの方でしたが、全員出てくると誰が誰やらわからないところもありましたが(メインモニターが見えないので)、その分、トロッコで出てくるときに袖のほうから見えてたのでそれはご褒美だったなって感じでしたよ。

PAGE TOP